潜在意識 – 5 – アファメーション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

潜在意識 – 5 – アファメーション

「199式」まとめ

 「199式」アファメーションのまとめです。「199式」本人と実践した人の内容を、私用にまとめました。私用に注釈をつけました。

 この方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。

「199式」まとめ

 以下は、抜粋です。

 

199式メソッド

199 :なんでもかなえるななしさん:2008/05/29(木) 20:13:04

ここ2年くらい毎日遊んでいるのに毎月300万円くらいの収入があります。
これが私が潜在意識を使って叶えた一番大きなことかな。

今の生活は4年くらい前にノートや未来日記に書いていたことそのものであることに
気づきました。(書いたことなど忘れてました)

こんな何のとりえもない私にもできたのだからみなさんにもできますよ。
お金を手に入れる方法は無限にあるので、お金に対する常識や枠さえはずせれば
比較的簡単なジャンルだと思います。

 

お金に対して自分の好きなように定義してください。

 このような信念を潜在意識に強力に植えつけたので、今ではお金は働いて得るということの意味が分かりません。

他の人がお金に対してどんな信念を持っていようが、
自分でお金に対して定義を自由にして、それを信念とすれば
それが自分にとっての法則として機能します。

    私は、お金は好きなことをしていれば勝手に入ってくるもの、
    毎日何をしてようが年収3000万以上入ってくるのが当然、
    私はそれに相応しい人間、私にはそういった権利がある、そういった運命にある、
    という信念を持っているので、私にとってはそれが法則として機能しているだけです。

このような信念を潜在意識に強力に植えつけたので、今ではお金は働いて得るということの
意味が分かりません。本当に言ってることの意味が理解できないんです。

我々が酸素に対して持っている信念と一緒で、いつも回りにあって何をしていようが吸えば望んだだけ
入ってくるという感覚です。「働いて酸素を得る」って意味が分からないですよね。それと同じです。

 

毎日しつこくアファメーションする。

 定義をしたら、潜在意識に信念として植えつくまで、毎日しつこくアファメーションなどをします。

定義したら、潜在意識に信念として植えつくまで毎日しつこくアファメーションなどをします。

    「お金というのは好きなことをしてれば勝手に入ってくるもんなんですよ」
    「私は遊んでいて年収3000万が当然の人間なんだ、3000万が相応しいんだ」
    「私は遊んでいてもお金持ちになる運命なんだ」
    「また今月も通帳に500万振り込まれてたよ・・・誰が振り込んでくれるんだろう?」

とにかく潜在意識の凝り固まった常識や制限や枠をはずすことに重点を置きました。
制限や枠をはずすにはとにかく繰り返しのアファメーションです。

受け入れたい考えを何百回も何千回も毎日繰り返し言葉に出して言っていると
潜在意識の情報が書き換えられてされて本当にそう思えてきます。

それから潜在意識の中身を逆転させるために
自己啓発系の本やネットの文章を毎日繰り返し読むこともしていました。

 

衝動がおこった時に素直に行動することが「行動」です。

 どうやって稼げばいいのだとか、自分の好きなことはなんだろうとか、そういったことを考える必要は一切ありません。

自分は好きなことをして年収3000万を稼いでいるんだと本気で思い込んでいると
潜在意識は自動的にそれを引き寄せてようとします。

あることに興味が湧いたり、あることが無性にやりたくなります。
ひらめきやアイデアがうかびます。ある場所に行きたくなります。
人と出会って「こういうことをしてるんだけど一緒にやりませんか」と誘われたりします。

そういったことが全部目標を達成するのに繋がっています。

    衝動がおこった時に素直に行動することが「行動」です。
    ちゃんと潜在意識は自分が好きなこと、興味があること、やりたいことで稼ぐ方法を用意してくれます。

ですのでどうやって稼げばいいのたとか、自分の好きなことはなんだろうとか
そういったことを考える必要は一切ありません。

 

言葉のいいところは完全に自分の自由になること。

 言葉のいいところは完全に自分の自由になることと、(毎日繰り返し繰り返し言い続けた時の) パワーが強力というところです。

言葉のいいところは完全に自分の自由になることと、
(毎日繰り返し繰り返し言い続けた時の)パワーが強力というところです。

毎日繰り返し繰り返ししつこくおこなってお金に対する制限や否定的な信念を逆転させ、
自分は年収◇◇万稼いで当然というセルフイメージを植えつけてくださいね。

    その信念が植えつけられれば、あとはお金が入ってくる
    (お金が入ってくる行動を取らされてしまう)しかありません。

何かをしながらとかボーッとしているときはただブツブツつぶやく感じ、
アファだけを真剣にやる時間は、感情を込めて心からそう思い込んで力強くという感じでしょうか。

私用に注釈をつけました。

 内容の説明です。

 

意識は、現実です。

 言葉のいいところは、パワーが強力というところです。

 ラマナ・マハルシは、真我探求をすすめています。

     私が見ている (五感で感じている) 世界は、「意識の光が脳の中に入ると、脳の中にある印象が外界に投影されて、身体や世界や宇宙として知覚している想念です。」

 ラマナ・マハルシは、「心を沈めると、「沈黙 = 幸福」を味わいます。」と言っています。そのときに、存在の自覚をします。

 「ある」という名の神です。
 そして、私と一体である。と感じます。それが、意識です。

 この、意識が現実です。この意識が投影されたのが、知覚している身体や世界や宇宙です。

     絶対意識 (絶対なるもの、存在・I AM)
     宇宙意識 (絶対なるもの)
     自我 (分離している、迷い・悩みがある)

     絶対意識と宇宙意識 は、同一の存在です。
     絶対意識は、「ただ在る」存在です。創造は、しません。
     宇宙意識は、「絶対なるもの」で、創造します。

 自我 (分離している、迷い・悩みがある) の作り出した、自分への制限を溶解していくと、「絶対なるもの」と同一になっていきます。

 「絶対なるもの」と同一になるほど、自由に想像 (創造) できます。

 

すべては、「意識です。」

 すべては、意識の現れです。意識を変えれば、知覚している身体や世界や宇宙は、新しい現実へと移動します。

     存在としての、意識 (I AM THAT : I AM という名の神) が在り、心が生まれ、身体が生まれました。そして、心の中だけに時間や空間があります。身体が亡くなると、同時に、呼吸も心も神も無くなります。

     そして、存在としての、意識は、そのまま在ります。

     この、意識 (「存在の自覚」が、神である。) が現実です。意識には、時間や空間はありません。永遠の今です。

 未来は、想像の中にあり、過去は、記憶の中にあります。意識の世界では、瞬間に物事は実現しています。今の瞬間、瞬間にエネルギーが、発生して実現しています。

 今、何を意識するかが、出来事を決めます。ネヴィル・ゴダードは、眠りにつくときに、すでに、実現してそれを得た状態を思い描いて、寝ることをすすめています。

 練習をして、瞑想状態 (入眠状態) になって、その時に、すでに、実現してそれを得た状態を思い描いて味わいなさい。と書いています。

 

働かないでクリーンにお金を得る方法など無限にありますよ。

 稼いだお金は、他人が喜ぶことに使ったり、寄付したりもしています。

働かないでクリーンにお金を得る方法など無限にありますよ。
キティちゃんみたいなキャラクターを考えて使用権を企業に月500万で契約なんてことだってできますし、
発明や特許もそうですし、地主とかも働かないでお金が入ってきますよね?

道に迷っている外国人を親身になって助けたらそれがアラブの石油王で、
お礼にポンと10億円もらうなんてことだってありえない話じゃないですよね。

働かないでお金を得るというとそういった発想に行き着いてしまうこと自体、
お金に対して制限や否定的な感情を持っているからだと思います。

ただ、お金さえ稼げればなんでもいいとイメージしてると変な稼ぎ方を引き寄せてしまうかもしれません。
もしくはお金は稼げてもそのせいで不幸になってしまうかもしれません。

    ですので私は幸せなお金持ち、お金を払ってくれた人も満足して幸せ、
    私ががお金持ちになったことで周りの人も幸せになる、世の中がよくなっていくというイメージもしています。

    稼いだお金は、他人が喜ぶことに使ったり、寄付したりもしています。

こういったイメージも取り入れておくことで、人に喜ばれる稼ぎ方が引き寄せられますし、
お金を得ても幸せでいられると思います。

 

「終わりを受け入れること。」

 私用に注釈をつけました。内容の説明です。

 ネヴィル・ゴダードからの引用です。

     「終わりを受け入れることは自動的に実現の手段になります。これを間違えないでください。」

 「終わりを受け入れること」とは、実現した結果を得ている状態を味わうことを、指しています。どのようにして、実現したかという経過は、一切無視してください。

 大事な事は、達成したときの感覚を、心の中から味わうことです。想像の中で、自分と家族と友人や周囲の人たちと、一緒に味わいます。

 自分の成功が、家族や友人や周囲の人の役に立っているところを描きます。これを行うと、大いなる力からの助けが得られます。

     あなたの唯一の自由は、あなたの反応の自由です。

 自分で、最良の結果を想像します。それが、知覚している世界に投影されます。

 

受動的な状態を作り出す簡単な方法

 「第3章 – 秘密を感じる – 祈り」からの抜粋です。

 祈りは努力なしでなければなりません。感覚によって拒否される心の態度を修正しようとすると、努力は致命的です。

     達成された事実としての希望にうまく収まるためには、受動的な状態、睡眠に先立つ感情に似た幻覚 (イメージ) や瞑想的な反射 (反応) を作り出さなければなりません。

この記事のまとめです。

お金に対して自分の好きなように定義してください。

    他の人がお金に対してどんな信念を持っていようが、
    自分でお金に対して定義を自由にして、それを信念とすれば
    それが自分にとっての法則として機能します。

毎日しつこくアファメーションする。

    受け入れたい考えを何百回も何千回も毎日繰り返し言葉に出して言っていると
    潜在意識の情報が書き換えられてされて本当にそう思えてきます。

衝動がおこった時に素直に行動することが「行動」です。

    衝動がおこった時に素直に行動することが「行動」です。
    ちゃんと潜在意識は自分が好きなこと、興味があること、やりたいことで稼ぐ方法を用意してくれます。

言葉のいいところは完全に自分の自由になること。

    その信念が植えつけられれば、あとはお金が入ってくる
    (お金が入ってくる行動を取らされてしまう)しかありません。

 この記事のまとめでした。


『At Your Command』の日本語訳です。

商品の説明

内容紹介

◎ 『 ザ・シークレット』『ザ・パワー』の著者、ロンダ•バーンが偉大なる教師と呼び、ジョセフ・マーフィーやウエイン・W・ダイアーにも多大な影響を与えた、ネヴィル・ゴダードのすべてが詰まった処女作『At Your Command』が、ついにここによみがえる!

◎ あなたが決意することはすべて成就します ーー あらゆることが可能な次元にあなたをお連れしましょう!

◎ あなたが意識することはあなたの人生に必ず出現します ーー 今のあなたの状況はまるのまんま、あなたの意識の結果なのです!

◎ あなたは「道」である ーー この存在の認識が扉となって開く時、あなたが人生において決意したことはすべて形となって、この現実世界に姿を現すのです!

◎ 『想定の「超」法則』に続く、ネヴィル・ゴダードの第2弾である本書は、数百ページにもなる内容を超シンプルに短くまとめた「願望実現の法則」についての真髄をお伝えする本です!

内容(「BOOK」データベースより)

 『想定の「超」法則』に続くネヴィル・ゴダードの第2弾である本書は、数百ページにもなる内容を超シンプルにまとめた「願望実現の法則」についての真髄をお伝えする本です!

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ネヴィル・ゴダード (1905‐1972年)

 アメリカのニューソートの歴史において、戦後、講演活動で最も有名になった人物。

 カリブ海・バルバドスの商家の四男に生まれ、17歳で演劇を学ぶために渡米。エレベーターボーイ、港湾労働者などのバイトをして苦学生として自活する傍ら、ニューソートの研究にいそしむ。

 20代で友人のジョセフ・マーフィーとともに、ユダヤ教のラビ“アブドル”から想像力を使いこなす古代の秘法「想定の法則」を授かり、当時破産した実家を立て直し、90年後の現代に多国籍企業にまで成長させた。

林 陽

 千葉県生まれ。獨協大学外国語学部で英米文学を専攻

新間 潤子

 日本女子大学文学部社会福祉学科卒。英国留学の後、(財)日本国際協力センターに所属し、技術研修のための通訳を務める。

 2011年より翻訳家として活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »