感謝する – appreciate

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

感謝する – appreciate

 私に感謝すると何が起きるのか?今、在るものが見えるようになります。

 この記事は、医学的な内容の記事ではありません。各個人の判断でご利用ください。

私に感謝すると何が起きるの?

 私に感謝すると、今在るものが見えるようになります。まず、私に感謝することを始めます。そして、感謝することを味わいます。

 ここで大事な事は、感謝することを味わうことです。

感謝することを味わうと?

 感謝することを味わうと、脳の神経回路が、発達します。今まで使っていなかった部分へ血液が、流れます。

 

「ありがとう」の効果

 感謝の言葉が力を持つことは、知られています。

 願望がすでにかなったときと同じように、感謝してみる。「ありがたい。」と自分に言います。

 このように感謝をすると、感謝をすることが、もっとたくさん起きます。

 

ウィリアム・タウン – 詳細は不明です。

 1920年に、ウィリアム・タウンは次のように述べています。

「感情に後押しされなければ、思考は効力を発揮しない。
感情が思考を生み、効果が生まれる。
信念も感情もなく、願望をただ口にするだけでは、
願いがかなうことはまずないだろう」

 

「私は、意識です。」

 ネヴィル・ゴダードは、大恐慌の時代に、ニューソート (新思想、形而上学の考え方) の考え方を広めた作家で講演家です。考え方のベースは、ヴェーダ哲学のウパニシャッドから来ています。

 ラマナ・マハルシは、「意識が在り、心が生まれ、身体が生まれました。そして、心の中だけに時間や空間があります。身体が亡くなると、同時に、心も無くなります。意識は、そのまま在ります。」という内容を言っています。

 この、意識が現実です。意識には、時間や空間はありません。永遠の今です。

 私は、身体 (肉体) ではありません。私は、心 (マインド) ではありません。私は、感情ではありません。私は、考え (思考) ではありません。私は、記憶ではありません。

 私は、アイディンティティではありません。私は、セルフイメージではありません。「私は誰か?」「私は在る。」「存在です。」「意識です。」意識は、現実です。

 私が、五感を通して感じて、見ている世界は、意識の投影です。それは、記憶で構成されています。今の現実ではありません。

 宇宙は、「在るがままに在ります。」私は、自分の重要度の順位でこの世界を認識しています。「在るがままに在る。」宇宙を、自分の決めた重要度の関数で知覚しています。

 ですから、自分の宇宙での重要度の順位が変わると、宇宙も一瞬で変化します。

 

私は存在です。I AMness.

 「私は誰か?」、「私は在る。」、「意識です。」

 私が、私の意識を自覚してから、始まります。

 私の意識が、「存在である。」ことを知ります。そして、それを受け入れます。

 意識の世界 (現実) に、私が在るのが、「幸せで、豊かで、ありがたい。」と感謝します。

参考サイト

 

ネヴィル・ゴダードとは?- Neville Goddard

ネヴィル・ゴダードとは?- Neville Goddard | 日記 (diary)・アドオンスポット

 ネヴィル・ゴダード (Neville Goddard) は、大恐慌の時代に、ニューソート (新思想:形而上学的な考え方) で活躍をした、作家で講演家です。

 ネヴィル・ゴダードは、創造的視覚化の方法を教えています。ただ、根本の理論は、古代ユダヤのカバラや古代ユダヤの聖書の解釈の仕方になります。

 この方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。
…続きを読む


商品の説明

内容紹介

◎ 『 ザ・シークレット』『ザ・パワー』の著者、ロンダ•バーンが偉大なる教師と呼び、ジョセフ・マーフィーやウエイン・W・ダイアーにも多大な影響を与えた、ネヴィル・ゴダードのすべてが詰まった処女作『At Your Command』が、ついにここによみがえる!

◎ あなたが決意することはすべて成就します ーー あらゆることが可能な次元にあなたをお連れしましょう!

◎ あなたが意識することはあなたの人生に必ず出現します ーー 今のあなたの状況はまるのまんま、あなたの意識の結果なのです!

◎ あなたは「道」である ーー この存在の認識が扉となって開く時、あなたが人生において決意したことはすべて形となって、この現実世界に姿を現すのです!

◎ 『想定の「超」法則』に続く、ネヴィル・ゴダードの第2弾である本書は、数百ページにもなる内容を超シンプルに短くまとめた「願望実現の法則」についての真髄をお伝えする本です!

内容(「BOOK」データベースより)

 『想定の「超」法則』に続くネヴィル・ゴダードの第2弾である本書は、数百ページにもなる内容を超シンプルにまとめた「願望実現の法則」についての真髄をお伝えする本です!

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ネヴィル・ゴダード (1905‐1972年)

 アメリカのニューソートの歴史において、戦後、講演活動で最も有名になった人物。

 カリブ海・バルバドスの商家の四男に生まれ、17歳で演劇を学ぶために渡米。エレベーターボーイ、港湾労働者などのバイトをして苦学生として自活する傍ら、ニューソートの研究にいそしむ。

 20代で友人のジョセフ・マーフィーとともに、ユダヤ教のラビ“アブドル”から想像力を使いこなす古代の秘法「想定の法則」を授かり、当時破産した実家を立て直し、90年後の現代に多国籍企業にまで成長させた。

林 陽

 千葉県生まれ。獨協大学外国語学部で英米文学を専攻

新間 潤子

 日本女子大学文学部社会福祉学科卒。英国留学の後、(財)日本国際協力センターに所属し、技術研修のための通訳を務める。

 2011年より翻訳家として活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »