在り方 (being) を変えます。 – 前提を変える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

在り方 (being) を変えます。 – 前提を変える

 在り方 (being) は、人間の自然な姿を現しています。ただ、自分の様々な「前提 (ぜんてい)」が、在り方 (being) を隠しています。

 この前提に気づくには、自分を一度見直します。たとえば、「私は、上手く行く。」という前提の人は、人生の物事 (様々なこと) が上手く行きます。そして、努力していなくても、結果が出ます。

前提に気づくには?

 前提に気づくには、自分を一度見直します。自分の歴史 (自分史) で、生きてきた環境や人を書き出していきます。

 

自分の歴史 (自分史)

 ノートを用意します。それに、自分の歴史 (自分史) と書きます。そして、自分の今までの歴史 (自分史) で、生きてきた環境や人を書き出していきます。

 この自分の生きてきた環境や人により、自分の方向性が作られました。自分の方向性とは、自分のものの見方や考えです。

 この自分の方向性が、前提になります。この前提は、無意識や無自覚の場合が、ほとんどです。この自分の方向性 (前提) で行動して、結果が出ます。

 前提が悪い場合は、病気や不幸や貧しい現実を作ります。
 前提が良い場合は、健康や幸福や豊かな現実を作ります。

 

前提に気づくには?まとめです。

 前提に気づくには? 「自分を一度、見直す。」

 自分を一度、見直すには? 「自分の歴史 (自分史) を書きだす。」

 自分の歴史 (自分史) とは? 「今までの、生きてきた環境や人です。」

 生きてきた環境や人とは? 「自分の方向性が、作られる。」

 自分の方向性とは? 「ものの見方や考えです。」

 ものの見方や考えとは? 「自分の前提が作られる。」

 自分の前提とは? 「自分では、無意識・無自覚である。」

 無意識・無自覚とは? 「その姿勢で、結果がでる。」

 前提が悪い場合は、病気や不幸や貧しい現実を作ります。
 前提が良い場合は、健康や幸福や豊かな現実を作ります。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »