4・8呼吸 (長息/ながいき)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


4・8呼吸 (長息/ながいき)

完全呼吸への道

 完全呼吸法とは、腹式呼吸、胸式呼吸、肩呼吸、クンバク (息を止める) を組み合わせた呼吸法です。ヨガでは、レッスンのウォーミングアップとして行われています。

    最初に、息を吐き切ります。

    1) 鼻から、息を吸い込む
    2) 2〜3秒、息を止める

    3) 口 (鼻) から、息を吐く
    4) 2〜3秒、息を止める

    これを、繰り返します。

 4・8呼吸 (長息/ながいき) は、「4秒で息を吸い、8秒で息を吐きます」。慣れてくると、「20秒で息を吸い、40秒で息を吐きます」。1分間に1呼吸まで、呼吸数を減らします。

 このような方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。

静かな心を得るには?

 静かな心を得るには、呼吸を整えます。

 

呼吸を整える

 ニサルガダッタ・マハラジの話です。

    65. A Quiet Mind is All You Need
    65.静かな心はあなたが必要とするすべてです。

 心を静めて、静寂・沈黙へと入っていきます。
 純粋さと力強さを、回復します。
 在るがままの自分を、知るようになります。

I Am That ニサルガダッタ・マハラジ65 あなたに必要なのは、静かなマインドだけだ – YouTube

https://youtu.be/SjlycezQ_z8

artmnet0
 (https://www.youtube.com/channel/UCWcmOzVGya4x1jTd3rGrIAg)
Published on Dec 12, 2015 (19:56)
Talks with Sri Nisargadatta Maharaj
初見で流し読み。参考図書:アイ・アム・ザット 私は在る―ニサルガダッタ・マハラジとの対話: スダカール・S. ディクシット, Sudhakar S. Dikshit, Maurice Frydman, モーリス フリードマン, 福間 巌

 

1分に、1回の呼吸

 長息は、鼻呼吸で行うのが、大切なポイントです。深く長い呼吸は、自律神経の乱れを整え、様々な効果が期待できます。

    「20秒吸って、40秒吐き出す」呼吸法です。

    1) 口から、息を吐き出す。
     (首、肩、肺から吐き出し、腹部から吐き出します)
    2) 鼻から、息を吸う。
     (首、肩、肺から吸い込み、腹部へと吸い込みます)
    3) 口から、ゆっくりと息を吐き出す。

    最初は、4秒で吸って、8秒かけて、吐き出す。
     (1分間に、5回の呼吸です。)

    慣れてきたら、5秒で吸って、10秒かけて、吐き出す。
     (1分間に、4回の呼吸です。)

    慣れてきたら、7秒で吸って、14秒かけて、吐き出す。
     (1分間に、3回の呼吸です。)

    慣れてきたら、10秒で吸って、20秒かけて、吐き出す。
     (1分間に、2回の呼吸です。)

    慣れてきたら、15秒で吸って、30秒かけて、吐き出す。
    少しづつ、時間を長くして「20秒吸って、40秒吐き出す」ようにします。
     (1分間に、1回の呼吸です。)

● breath – 記事一覧 ●

雑学 (add on spot) – 潜在意識
http://add-spot.com/wordpress/tag/breath

  • ニュートラル状態を味わう。

    2017年10月6日
    ニュートラル状態を味わう。 無意識への旅 – 6  無意識への旅 – ...
  • T.N.T. It Rocks The Earth 1932-Tap No. 2

    2018年6月11日
    T.N.T. It Rocks The ...
  • ルイーズ・ヘイ

    2018年7月24日
    ルイーズ・ヘイ creating your own life  Louise ...
  • 迷った時にはどうするか?

    2018年8月29日
    迷った時にはどうするか? 自分の内面に入ります  迷った時にはどうするか?「自分の内面に入ります」。自分の中の、静寂に気づきます。  心 (マインド) は、動きます。あなたの内面は、不動です。そこに、焦点を合わせます。 A Quiet ...


スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »