3-欲望を超える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


3-欲望を超える

欲望を開放する習慣-3

 今の瞬間に常に導いてくれていて、最終的に出会うグルは、内なる真我です。

 Talks with Sri Nisargadatta Maharaj I_Am_That_35 より、
 Questioner: Take me over. 質問者:私を、連れて行ってください。

    35. Greatest Guru is Your Inner Self
    35. 内なる真我が最も偉大なグルだ

    Q: Take me over.
    質問者:私を、連れて行ってください。

    M: I am doing it, but you resist. You give reality to concepts, while concepts are distortions of reality.
    Abandon all conceptualisation and stay silent and attentive. Be earnest about it and all will be well with you.
    マハラジ:私はそれをやっていますが、あなたは抵抗します。 あなたは観念 (概念) に実在性 (現実) を与えますが、観念 (概念) は実在を歪曲したもの (現実の歪み) です。
     すべての観念化 (概念化) を放棄し、黙って注意を払ってください (沈黙し冷めていなさい)。それについて誠実 (真剣) になりなさい。そうすれば、すべてがあなたとうまくいきます。

 あなた自身を、見つけることに、注意を集中します。そのためには、内から湧いてくる欲望を、気づくたびに手放します。手放す (観念化を放棄する) たびに、自由になります。

 このような方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。

レスター・レヴェンソンの言葉

You’re choosing to do that which makes you unhappy.
Can you see this?
It’s so simple.

あなたが不幸になるものを、行うために選択しています。
あなたは、これを見ることができますか?
それは、とても簡単です。

Whose thoughts do you think?
Why all these unhap­py thoughts?
The moment you choose not to have them. you won’t have them.

あなたは、誰の考えを思いますか?
なぜ、これらすべての不幸の考え?
あなたが、それらを持っていないことを選択した瞬間。 あなたは、それらを持っていません。

                   Lester Levenson

 

欲望とは?

SESSION 12
DESIRE

A desire is a disturbance of one’s natural, inherent peace and joy. Desires keep one involved in trying to satiate the desires, consequently detracting one from his constant, natural, inherent happiness.
In short, desire is the enemy of happiness and the source of misery.

     欲望とは、人 (one’s) の自然で固有の平和と喜びを妨げることです。欲望は、欲求を満足させようとすることに関与し続け、その結果、彼の絶え間ない自然な固有の幸福から人 (one) を損なう。
     要するに、欲望は幸福の敵であり、悲惨の源です。

***
The more desire is let go of, the less disturbed the mind becomes allowing it to become concentrated. The more concentrated the mind, the more capable one becomes of discerning or r realizing his Self.

     より多くの欲求は、手放すことです。心が邪魔されないほど、集中することが可能になります。心が集中するほど、より有能な人は、自分の自己 (Self:真我) を見分ける、または実現することになります。

***
Silence silences the noisy demands of ego desires and allows your Self to be seen.

    沈黙は自我の欲望の騒々しい要求を沈黙させ、あなたの自己 (Self:真我) が見られることを可能にします。

***
Solitude is the absence of desire.

    孤独は、欲望の不在 (欠如) です。

***
The absence of desire is serenity.

    欲望の不在は、静穏です。(欲望の欠如は、静けさです。)

***

 

何かを考えるのをやめると、それに対する欲求は消えます

***
If one will stop thinking of something, his desire for it will disappear.

    何かを考えるのをやめると、それに対する欲求は消えます。

***
After you discover that desires are undesirable, you discover that there is a joy and peace that is ever- constant and more profound than any joy you have experienc beforeed.

     欲求が望ましくないことを発見した後、あなたは以前に経験したどんな喜びよりも、ずっと恒常的でより深い喜びと平和があることを発見します。

***

 

考え (欲望) に気づくと、「これは、誰の欲望か?」と問いかけます

Talks with Sri Nisargadatta Maharaj – I_Am_That_34 より、
34. Mind is restlessness Itself (34. マインドは落ち着きのなさそのものだ)
Questioner: Such giving up of desires, does it need time? の問答です。

Q: Such giving up of desires, does it need time?

    質問者:そのような欲望の放棄、それは時間が必要ですか?

M: If you leave it to time, millions of years will be needed. Giving up desire after desire is a lengthy process with the end never in sight. Leave alone your desires and fears, give your entire attention to the subject, to him who is behind the experience of desire and fear.

    マハラジ:もし時間に任せれば、何百万年も必要になります。欲望の後に欲望を放棄することは、終わりが見えない長いプロセスです。あなたの欲望と恐れをそのままにして、欲望と恐れの経験の背後にいる彼に、主体に、完全に注意を向けてください。

Ask: ‘who desires?’ Let each desire bring you back to yourself.

    マハラジ:尋ねる:「誰が望む?」 それぞれの欲望が、あなたを自分自身に連れ戻すようにしましょう。
    (「誰が望んでいるのか?」と問いただしなさい。欲望が起こるたびに、あなた自身へ注意を戻しなさい。)

 

マントラはあなたに作用し、周囲の環境に作用します

マントラは、目的地へ行く道です。これを信頼します。
マントラは、最初のエネルギーを与える。
真我は、それを具現化する。
・マントラは主に、作用における最初のエネルギーです。
・それはあなたに作用し、あなたの周囲の環境に作用します。

 

解放する前提となるジニャーニの知識

Talks with Sri Nisargadatta Maharaj:I_Am_That_13 より概要です。

    13. The Supreme, the Mind and the Body
    13. 至高なるもの、マインド、身体


    ・個人というものは存在しません。あるのは、記憶と習慣の脈絡だけです。
    ・真我を実現した瞬間、個人は消え去る。個人は、観照者のマインド (心) に写った「私は在る」という感覚であり、存在の一つの様式です。
    ・ジニャーニ (真我を実現した存在) は、至高なるものです。そして、普遍的観照者でもあります。
     
    ・究極なるものだけが存在する。
    実在は、名前も形もない純粋な生命のエネルギーと意識の光だと理解した時、あなたは実在の深い静寂に浸り平和の内にあることだろう。

Talks with Sri Nisargadatta Maharaj:I_Am_That_22 より概要です。

    22. Life is Love and Love is Life
    22. 生命は愛、愛は生命


    質問者:マントラが唱えられるとき、まさに (実際に) 何が起こりますか?

    ・マントラの音が、形を作り出し、それが、真我 (大いなる自己:Self) を具現化 (体現) する。
    ・真我 (大いなる自己:Self) は、いかなる形も具現でき、 — それを通して作用する。
    ・真我 (大いなる自己:Self) は、作用の中にそれ自身を表現して、 — マントラは、作用における最初のエネルギーです。
    ・そのエネルギーはあなたに作用し、そしてあなたの周囲の環境に作用します。

 

解放する前提となるホ・オポノポノの知識

記憶が再生される過程です。
・感情に満ちた性質の思考が、ウハネ (意識) によってされた時、
 (注:何かが起きた時、何かに遭遇した時。何かを見たり、聞いた時。)
・この思考は、ウニヒピリ (心・潜在意識) に記録され、
 (注:何度も起きることは、習慣化される。)
・現実化されるために、アウマクア (宇宙的自己) に示されます。
 (注:宇宙は、反応します。そのことが、起こります。)
その思考がより強く、より粘り強いものであればあるほど、より明確にそれは出現する。
 (注:習慣になった思考に気づくたびに、クリーニングを繰り返して、記憶を消去します。)

● desire – 記事一覧 ●

http://add-spot.com/wordpress/tag/desire


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »