7-欲望を超える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


7-欲望を超える

欲望を開放する習慣-7

 欲望は、意識と無意識で「アンカーとトリガーの関係」が、成立しています。

 トリガーは、銃の引き金。また転じて、物事を引き起こすきっかけ。アンカーは、船の錨 (いかり)。最初に与えられた情報が「錨=基準」となって、ある印象につなぎとめる役割をすることから「アンカー効果」と呼ばれます。

 トリガーとアンカーの埋め込み (一種の反復的な後催眠暗示・変性意識への導入) は、洗脳の最初の段階である「変性意識への導入」のための方法です。アンカーとトリガーの解除は、自分で、埋め込まれたアンカーに気づいているから行えます。

     アンカーとトリガーを取り除くには、それらを意識する、つまり意識にあげるだけです。意識と無意識の差は、今自分が気づいているかどうかにあります。自分の内にあるアンカーとトリガーの存在に気づいていれば意識、気づいていなければ無意識です。

     アンカーとトリガーも同じです。アンカーが効果を上げているのは、無意識の中で発動しているからです。しかし、アンカーが意識に上がると、呼吸のようにそれは自分でコントロールできます。ですから取り除くには、自分で自分の中にアンカーがあることに気づき、それを意識に上げることが重要です。もっと言うと、アンカーとトリガーの関係に気づかなければなりません。

 このような方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。

思考を作成する (生み出す) 唯一のものは欲望です。

SESSION 12
DESIRE より

***
The only thing that creates thought is desire. As long as there is one single desire there will be disturbance and lack of complete contentedness.

     思考を作成する (生み出す) 唯一のものは欲望です。 一つの欲望 (欲求) がある限り、混乱と完全な満足感の欠如があります。

***
Any desire satisfied disappears forever.

    満足した欲望は、永遠に消えます (満たされた欲求は、永遠に消えます)。

***
There’s an easy way to realization, just get rid of all desires.

    簡単に実現する方法があります。すべての欲望 (欲求) を取り除くだけです。

***
One way to overcome desire is to have a very strong desire for God. And, in the end, you have to get rid of your desire for God. Then you are It!

     欲望を克服する一つの方法は、神に対する非常に強い欲望 (欲求) を持つことです。そして、最終的に、あなたは神へのあなたの欲望を取り除く必要があります。 その後、あなたはそれ (注:神) です!

***
Every little ego wish is a clamp down on your freedom which is tantamount to saying every desire is a clamp down on your freedom.

     すべての小さな自我 (エゴ) の願いは、あなたの自由を制限することです。これは、すべての欲望 (欲求) が、あなたの自由を制限することであると言っていることに等しいです。

***
Desire creates thoughts; desire to have or not to have.
Before desire is ego. So ego is the starting point. I’m an individual separate from the All so I’ve got to desire to get the All.

     欲望は、思考 (考え) を生み出します (欲望は、思考を作成します)。持っている、または、持たないことを望みます。
     欲望よりも前に、自我 (エゴ) があります。だから、自我が出発点です。私は、すべてとは別の個人です。だから私は、すべてを手に入れたいと願っています。

***
The only thing that disturbs peace is desire.

    平和を妨げる、唯一のものは欲望です。

***
Internal pressure is caused by desire.

    内部の圧力は、欲望 (欲求) によって引き起こされます。

***
When things are approached with pure love there is no more desire.

    純粋な愛で物事に近づいたとき、それ以上の欲求はありません。

***
Desire plants seeds for the future.

    欲望は、将来 (未来) のために種を植えます (将来のための、種を植えます)。

***
Decrease desire for the world, increase desire for the Self.

    世界のための欲求 (世界への欲求) を減少させ、自己 (真我:Self) への欲求を高めます。

***
You must get rid of all desire. You can enjoy without desire. In fact, if you really want to enjoy things, you can enjoy far more without desire.

     あなたは、すべての欲望を取り除く必要があります。あなたは願望なしで、楽しむことができます。
     実際、もしあなたが、本当に物事を楽しみたいなら、あなたは欲望なしに、もっともっと楽しむことができます。

***
Desire is the cause of everything. Any time you have any problem there I s desire behind it.

     欲望は、すべての原因です。あなたが、そこに問題を抱えている時はいつでも、その背後に欲望があります。

***
Any desire except desire for liberation is causing misery.

    解放のための欲望 (欲求) 以外の、すべての欲望が、不幸の原因となっています。


***

 

アルファ・セータ・レベルでは、自分のマインドは原因と結びついている

「潜在能力開発法 ホセ・シルバ著」

第14章 マインドコントロールを利用した人助け
P130 より

 今映し出されてる幸福な姿こそ本当の姿なのだ、よくなりつつあるとか、いずれよくなるだろうと言うのではない、よくなっているのだ、と言う確信を生み出すこれは決定的な瞬間である。

 なぜならばこの瞑想のレベル、つまりアルファ・セータ・レベルでは、自分のマインドは原因と結びついているからである。これに対してベータ・レベルではむしろ結果に関係している。

 従ってアルファレベルで確信を持って視覚化したものは、結果もそのとおりになる。「そのとおりだ」を「そうなるだろう」と、けっして未来系で考えないことだ。

三本指のテクニック

    このテクニックを新規にプログラムをするための方法

    1) 椅子に腰掛けて、目の視点を水平より約12度程上に向けます。
     (注記:目の視点を12度程上に向けると、脳波はアルファー波が、優位になります。)

    2) 腹式呼吸を、ゆっくりとします。
     (鼻から、4つ数えながら息を吸います。口から、8つ数えながら、息を吐きます。)

    3) リラックスしたら、アルファー波のレベルにいます。

    4) レベルに入り、自分自身に下記のプログラムをします。

     「大事なときに、三本の指をこのように合わせればいつでも」と言い聞かせ、
     (注記:ここで実際に、親指と人差し指、中指の先を軽く合わせる)

     「私はすぐに、マインドのこのレベルに入り、自分の望みを、何でもかなえる事が出来る」と言う。
     (注記:心の中で、または声にだして) これを、数回繰り返す。

     約1週間、同じ言葉を使って、これを毎日繰り返します。そして、繰り返していれば、やがて三本の指をあわせることと、即座に効果的な瞑想のレベルに達することが、自分の心の中で、密接に結びつくようになる (トリガー「銃の引き金」とアンカー「船の錨」の関係が成立します)。

注記:トリガーは、銃の引き金。また転じて、物事を引き起こすきっかけ。アンカーは、船の錨 (いかり)。最初に与えられた情報が「錨=基準」となって、ある印象につなぎとめる役割をすることから「アンカー効果」と呼ばれます。

 トリガーとアンカーの埋め込み (一種の反復的な後催眠暗示・変性意識への導入) は、洗脳の最初の段階である「変性意識への導入」のための方法です。アンカーとトリガーの解除は、自分で、埋め込まれたアンカーに気づいているから行えます。

 アンカーとトリガーを取り除くには、それらを意識する、つまり意識にあげるだけです。意識と無意識の差は、今自分が気づいているかどうかにあります。自分の内にあるアンカーとトリガーの存在に気づいていれば意識、気づいていなければ無意識です。

 アンカーとトリガーも同じです。アンカーが効果を上げているのは、無意識の中で発動しているからです。しかし、アンカーが意識に上がると、呼吸のようにそれは自分でコントロールできます。ですから取り除くには、自分で自分の中にアンカーがあることに気づき、それを意識に上げることが重要です。もっと言うと、アンカーとトリガーの関係に気づかなければなりません。

 

マントラはあなたに作用し、周囲の環境に作用します

マントラは、目的地へ行く道です。これを信頼します。
マントラは、最初のエネルギーを与える。
真我は、それを具現化する。
・マントラは主に、作用における最初のエネルギーです。
・それはあなたに作用し、あなたの周囲の環境に作用します。

 

解放する前提となるジニャーニの知識

Talks with Sri Nisargadatta Maharaj:I_Am_That_13 より概要です。

    13. The Supreme, the Mind and the Body
    13. 至高なるもの、マインド、身体


    ・個人というものは存在しません。あるのは、記憶と習慣の脈絡だけです。
    ・真我を実現した瞬間、個人は消え去る。個人は、観照者のマインド (心) に写った「私は在る」という感覚であり、存在の一つの様式です。
    ・ジニャーニ (真我を実現した存在) は、至高なるものです。そして、普遍的観照者でもあります。
     
    ・究極なるものだけが存在する。
    実在は、名前も形もない純粋な生命のエネルギーと意識の光だと理解した時、あなたは実在の深い静寂に浸り平和の内にあることだろう。

Talks with Sri Nisargadatta Maharaj:I_Am_That_22 より概要です。

    22. Life is Love and Love is Life
    22. 生命は愛、愛は生命


    質問者:マントラが唱えられるとき、まさに (実際に) 何が起こりますか?

    ・マントラの音が、形を作り出し、それが、真我 (大いなる自己:Self) を具現化 (体現) する。
    ・真我 (大いなる自己:Self) は、いかなる形も具現でき、 — それを通して作用する。
    ・真我 (大いなる自己:Self) は、作用の中にそれ自身を表現して、 — マントラは、作用における最初のエネルギーです。
    ・そのエネルギーはあなたに作用し、そしてあなたの周囲の環境に作用します。

 

解放する前提となるホ・オポノポノの知識

記憶が再生される過程です。
・感情に満ちた性質の思考が、ウハネ (意識) によってされた時、
 (注:何かが起きた時、何かに遭遇した時。何かを見たり、聞いた時。)
・この思考は、ウニヒピリ (心・潜在意識) に記録され、
 (注:何度も起きることは、習慣化される。)
・現実化されるために、アウマクア (宇宙的自己) に示されます。
 (注:宇宙は、反応します。そのことが、起こります。)
その思考がより強く、より粘り強いものであればあるほど、より明確にそれは出現する。
 (注:習慣になった思考に気づくたびに、クリーニングを繰り返して、記憶を消去します。)

● desire – 記事一覧 ●

http://add-spot.com/wordpress/tag/desire


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »