8-欲望を超える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


8-欲望を超える

欲望を開放する習慣-8

 SESSION 12 DESIRE より

     あなただけの1つの欲望 (欲求)、完全な解放、完全な実現のための欲望 (欲求) を持っている必要があります。
     他の欲望 (欲求) は、あなたを困らせます (その他の欲望は、問題に巻き込まれます。その他の欲望は、問題のある状態であなたを維持します。)。
     我々は、すべての欲望を手放すようにしてください。欲望を、満たそうとするべきではありません。

    注記:生徒が、一人で開放を進めていけるように、生前のレスター・レヴェンソンが、生徒のためにまとめた、「6つのステップ」と「7番目のステップ」があります。「あなただけの1つの欲望 (欲求)、完全な解放、完全な実現のための欲望 (欲求) を持っている必要があります。」は、「6つのステップ」になります。

 このような方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。

あなただけの1つの欲望、完全な解放、完全な実現のための欲望を持っている必要があります

SESSION 12
DESIRE より

***
The odd thing about desire is that the more you try to satisfy it, the stronger it becomes.
The more people try to satisfy their desire by having things, the stronger that desire becomes.
People have more things today than they have ever ad and they are unhappier than they have ever been.

     欲望について奇妙なことは、あなたが、それを満たそうとすればするほど、それが強くなるということです。
     物を持つことで、欲望 (欲求) を満たそうとすればするほど、欲望 (欲求) は強くなります。
     今日、人々は、今までにないほど多くのものを持ち、かつてないほど不幸です。

***
Desire just cuts off happiness.

    欲望は、幸せを断ち切るだけです (欲望は、ただ幸福を断ち切ります)。

***

You should have only one desire, a desire for complete liberation, complete realization.
Any other desire will keep you in trouble. We should try to let go of all desires. We should not try to fulfill desires.

     あなただけの1つの欲望 (欲求)、完全な解放、完全な実現のための欲望 (欲求) を持っている必要があります。
     他の欲望 (欲求) は、あなたを困らせます (その他の欲望は、問題に巻き込まれます。その他の欲望は、問題のある状態であなたを維持します。)。
     我々は、すべての欲望を手放すようにしてください。欲望を、満たそうとするべきではありません。

    注記:生徒が、一人で開放を進めていけるように、生前のレスター・レヴェンソンが、生徒のためにまとめた、「6つのステップ」と「7番目のステップ」があります。「あなただけの1つの欲望 (欲求)、完全な解放、完全な実現のための欲望 (欲求) を持っている必要があります。」は、「6つのステップ」になります。

Every time we fulfill a desire, we strengthen that desire rather than weaken it. I believe that is obvious to all of us, that we never satiate desires. The more we try to satisfy them, the more we want of them.

     欲望を満たすたびに、私たちは、その欲望を弱めるのではなく強化します。それは、私たち全員に明らかであると信じています。私たちは、決して欲望を満足させない (欲求を満たすことは決してない)。
     私たちが、それらを満足させようとすればするほど、私たちは、それらをもっと欲します。

So it’s better to not satisfy desires and by doing so the mind gets quieter. When the mind is quieter, we have a better chance to see the Truth.
When we see the Truth we scorch the desire, and this is the better way, actually the only really effectual way of getting rid of desire.

     だから、欲望を満たさないほうがいい。そうすることによって、心が静かになります。心が静かであるときは、私たちは、真実を見るために良い機会 (チャンス) を持っています (真実を見るチャンスがあります)。
     真実を見たとき、私たちは欲望を燃やします。これが、より良い方法です。実際には、欲望を取り除く、唯一の本当に効果的な方法です。

When you see the Truth, desires are scorched because a desire is really trying to be your own real Self through some in direct means, through some thing, through some person.
When you see this you let go of these silly desires because why struggle through an indirect means to be that which you are?

     真実を見ると、欲望を燃やします。というのは、欲望 (欲求) は、直接的な方法で、誰かを通して、何かを通して、本当にあなた自身の、本当の自分になろうとしているからです。
     あなたがこれを見たとき、あなたは、これらの愚かな欲望を手放します。なぜ、間接的な方法 (手段) で苦労するのは、あなた自身であるということですか?

The indirect means cannot make you what you are, so it’s fruitless and extremely frustrating. Consequently, we have this frustrated world.

     間接的な方法 (手段) は、あなたが、何であるかを作ることはできません。それは実りがなく、非常にイライラします。その結果、私たちには、この不満の世界があります。

We’re all trying to satisfy desire; it’s absolutely impossible to do it, and we go on and on lifetime in, lifetime out, until we recognize that desires are our enemy.

     我々は、すべての欲望を満たすために、しようとしています (満たそうとしています)。それは、それを行うには絶対に不可能です。
     そして、欲望が私たちの敵であることを認識するまで、私たちは寿命 (lifetime in) をかけて、生涯 (lifetime out) 続けます。

Desire is an admission of lack. If I am the infinite One I desire nothing; I am the All.
We must get back to that state by behaving as one would in that state. The greatest behavior, the greatest ritual that we can perform, is living as a fully realized Being would live.

     欲望 (欲求) は、不足 (欠乏) の容認 (自認) です。私が無限のものなら、私は何も望みません。 私はすべてです。
     その状態のように振る舞うことで、その状態に戻らなければなりません。私たちが、実行できる最大の行動、最大の儀式は、完全に実現した存在として、生きることです。

    注記:生徒が、一人で開放を進めていけるように、生前のレスター・レヴェンソンが、生徒のためにまとめた、「6つのステップ」と「7番目のステップ」があります。「完全に実現した存在として、生きることです。」は、「7番目のステップ」になります。

Try to attain the state of dispassion, no attachments, no aversions.
Try to attain a state of equanimity, a feeling of equal mindedness toward every thing, everyone.
Try to attain the desirelessness state.
Then you will see that you are the All, that you are That!

    執着 (attachments) も嫌悪 (aversions) もありません。冷静な状態を達成するようにしてください。
    あらゆるもの、誰に対しても平等な心、平静の状態を達成してみてください。
    欲望の不在の状態を達成してみてください。
    そうすれば、あなたは、すべてであることがわかります。あなたはそれです!

    注記:desirelessness:Absence of desire. 欲望の不在

***
(SESSION 12 DESIRE End)

 

マントラはあなたに作用し、周囲の環境に作用します

マントラは、目的地へ行く道です。これを信頼します。
マントラは、最初のエネルギーを与える。
真我は、それを具現化する。
・マントラは主に、作用における最初のエネルギーです。
・それはあなたに作用し、あなたの周囲の環境に作用します。

 

解放する前提となるジニャーニの知識

Talks with Sri Nisargadatta Maharaj:I_Am_That_13 より概要です。

    13. The Supreme, the Mind and the Body
    13. 至高なるもの、マインド、身体


    ・個人というものは存在しません。あるのは、記憶と習慣の脈絡だけです。
    ・真我を実現した瞬間、個人は消え去る。個人は、観照者のマインド (心) に写った「私は在る」という感覚であり、存在の一つの様式です。
    ・ジニャーニ (真我を実現した存在) は、至高なるものです。そして、普遍的観照者でもあります。
     
    ・究極なるものだけが存在する。
    実在は、名前も形もない純粋な生命のエネルギーと意識の光だと理解した時、あなたは実在の深い静寂に浸り平和の内にあることだろう。

Talks with Sri Nisargadatta Maharaj:I_Am_That_22 より概要です。

    22. Life is Love and Love is Life
    22. 生命は愛、愛は生命


    質問者:マントラが唱えられるとき、まさに (実際に) 何が起こりますか?

    ・マントラの音が、形を作り出し、それが、真我 (大いなる自己:Self) を具現化 (体現) する。
    ・真我 (大いなる自己:Self) は、いかなる形も具現でき、 — それを通して作用する。
    ・真我 (大いなる自己:Self) は、作用の中にそれ自身を表現して、 — マントラは、作用における最初のエネルギーです。
    ・そのエネルギーはあなたに作用し、そしてあなたの周囲の環境に作用します。

 

解放する前提となるホ・オポノポノの知識

記憶が再生される過程です。
・感情に満ちた性質の思考が、ウハネ (意識) によってされた時、
 (注:何かが起きた時、何かに遭遇した時。何かを見たり、聞いた時。)
・この思考は、ウニヒピリ (心・潜在意識) に記録され、
 (注:何度も起きることは、習慣化される。)
・現実化されるために、アウマクア (宇宙的自己) に示されます。
 (注:宇宙は、反応します。そのことが、起こります。)
その思考がより強く、より粘り強いものであればあるほど、より明確にそれは出現する。
 (注:習慣になった思考に気づくたびに、クリーニングを繰り返して、記憶を消去します。)

● desire – 記事一覧 ●

http://add-spot.com/wordpress/tag/desire


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »