9-欲望を超える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


9-欲望を超える

欲望を開放する習慣-9

 真我の実現は、無知の反対です。そのためには、まず、ジニャーニの知識を知る。そして、それを理解して熟考する。その行為が、開放へと繋がります。

    SESSION 12 DESIRE (セッション12 欲望) より、抜粋しました。

    欲望は、幸福の敵であり、悲惨の源です。

    欲望は世界を構成します。
     (欲望があるから、世界が誕生しました。)

    欲望の基本的なメカニズムは、まず、欠乏を作り出します。

    欲望の強さは、いつ (時) そしてどのくらい早くを決定します。

    思考を作成する (生み出す) 唯一のものは欲望です。
     (一つの欲望 (欲求) がある限り、混乱と完全な満足感の欠如があります。)

    あなただけの完全な解放、完全な実現のための欲望だけが、必要です。
     (欲望について奇妙なことは、あなたが、それを満たそうとすればするほど、それが強くなるということです。)

 欲望を手放すために必要なのは、欲望を理解することです。ジニャーニの知識を知り、理解して熟考する。ことが、開放へと繋がります。

 このような方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。

究極の自由への鍵 より

KEYS TO THE ULTIMATE FREEDOM
Thoughts and Talks on Personal Transformation
By Lester Levenson

究極の自由への鍵
個人の変革についての考察 (個人の変容に関する考察と会談)
レスター・レヴェンソン 著

SESSION 12 DESIRE (セッション12 欲望) より、抜粋しました。
以下は、抜粋した一覧です。

 

欲望とは?

 欲望とは、人 (one’s) の自然で固有の平和と喜びを妨げることです。欲望は、欲求を満足させようとすることに関与し続け、その結果、彼の絶え間ない自然な固有の幸福から人 (one) を損なう。
 要するに、欲望は幸福の敵であり、悲惨の源です。

参考:3-欲望を超える
http://add-spot.com/wordpress/desire-3

 

無欲は、神の自己を構成します。

欲望は世界を構成します。そして、無欲は、神の自己を構成します。

注記:欲望があるから、世界が誕生しました。真我 (Self, God. 神の自己) は、無欲・無臭着です。

参考:4-欲望を超える
http://add-spot.com/wordpress/desire-4

 

欲望の基本的なメカニズム

 欲望の基本的なメカニズムは、まず、欠乏を作り出し、それから、その欠乏を埋めるために必要なものは、何でも欲しいということです。

参考:5-欲望を超える
http://add-spot.com/wordpress/desire-5

 

欲望を認識することは、それ (欲望) を抑制することを防ぎます。

 唯一の成長を望んでいます。誰もが、最終的にゴールを作ります (達成します)。しかし、欲望の強さは、いつ (時) そしてどのくらい早くを決定します。
 もし、あなたの欲望 (欲求) が強いならば、あなたはそれだけを考えます。それから疑問は、道を譲ります (疑問は、その後の道を譲り (drop a way) ます。)。

注記:疑問がある間は、「それだけを考えていない。」という事です。

参考:6-欲望を超える
http://add-spot.com/wordpress/desire-6

 

思考を作成する (生み出す) 唯一のものは欲望です。

 思考を作成する (生み出す) 唯一のものは欲望です。 一つの欲望 (欲求) がある限り、混乱と完全な満足感の欠如があります。

参考:7-欲望を超える
http://add-spot.com/wordpress/desire-7

 

あなただけの1つの欲望、完全な解放、完全な実現のための欲望を持っている必要があります

 欲望について奇妙なことは、あなたが、それを満たそうとすればするほど、それが強くなるということです。
 物を持つことで、欲望 (欲求) を満たそうとすればするほど、欲望 (欲求) は強くなります。
 今日、人々は、今までにないほど多くのものを持ち、かつてないほど不幸です。

参考:8-欲望を超える
http://add-spot.com/wordpress/desire-8

 

真我の実現は、無知の反対です

    Talks with Sri Nisargadatta Maharaj – I_Am_That_11 より
    11. Awareness and Consciousness (11. 気づきと意識)

注記:
 レスター・レヴェンソンの「第7番目のステップ」は、「私は、至高の実在である。そこに焦点をあわせて、今を生きる。」という事です。そのように、振る舞う。という事です。
 そのためには、一瞬一瞬の自分の心 (マインド) を見守る。この観照する態度 (意識の流れに注意を払い気づくこと) が、意識を超えて気づき (完全で不変であり、静かで沈黙の中にある) へと導きます。

Questioner: Since reality is all the time with us, what does self-realisation consist of?

    質問者:実在 (現実) は、常に私たちと一緒にいるので、真我 (自己) の実現は、何から成り立っていますか?

M: Realisation is but the opposite of ignorance. To take the world as real and one’s self as unreal is ignorance. The cause of sorrow. To know the self as the only reality and all else as temporal and transient is freedom, peace and joy.

    マハラジ:真我の実現は、無知の反対です。この世界を実在 (現実) と見なし、真我 (自分自身) を非実在 (非現実) と見なすことは無知です。悲しみの原因です。真我 (自己) を唯一の実在 (現実) として、他のすべてを時間的および一時的なはかないものと知ることは、自由、平和、喜びです。

It is all very simple. Instead of seeing things as imagined, learn to see them as they are. It is like cleansing a mirror. The same mirror that shows you the world as it is, will also show you your own face. The thought ‘I am’ is the polishing cloth. Use it.

    マハラジ:それは、すべて非常に簡単です。 物事を想像どおりに (想像を通して) 見るのではなく、それらを、あるがままに見ることを学びます。(すべてをあるがままに見る時、あなたは、あるがままの自分を見るでしょう。)それは、鏡を洗うようなものです。 そのまま、あなたの世界を示す同じ鏡は、あなた自身の顔も示します。「私は在る」という考え (思い) は、研磨する布です。これを使ってください。

 

マントラはあなたに作用し、周囲の環境に作用します

マントラは、目的地へ行く道です。これを信頼します。
マントラは、最初のエネルギーを与える。
真我は、それを具現化する。
・マントラは主に、作用における最初のエネルギーです。
・それはあなたに作用し、あなたの周囲の環境に作用します。

 

解放する前提となるジニャーニの知識

Talks with Sri Nisargadatta Maharaj:I_Am_That_13 より概要です。

    13. The Supreme, the Mind and the Body
    13. 至高なるもの、マインド、身体


    ・個人というものは存在しません。あるのは、記憶と習慣の脈絡だけです。
    ・真我を実現した瞬間、個人は消え去る。個人は、観照者のマインド (心) に写った「私は在る」という感覚であり、存在の一つの様式です。
    ・ジニャーニ (真我を実現した存在) は、至高なるものです。そして、普遍的観照者でもあります。
     
    ・究極なるものだけが存在する。
    実在は、名前も形もない純粋な生命のエネルギーと意識の光だと理解した時、あなたは実在の深い静寂に浸り平和の内にあることだろう。

Talks with Sri Nisargadatta Maharaj:I_Am_That_22 より概要です。

    22. Life is Love and Love is Life
    22. 生命は愛、愛は生命


    質問者:マントラが唱えられるとき、まさに (実際に) 何が起こりますか?

    ・マントラの音が、形を作り出し、それが、真我 (大いなる自己:Self) を具現化 (体現) する。
    ・真我 (大いなる自己:Self) は、いかなる形も具現でき、 — それを通して作用する。
    ・真我 (大いなる自己:Self) は、作用の中にそれ自身を表現して、 — マントラは、作用における最初のエネルギーです。
    ・そのエネルギーはあなたに作用し、そしてあなたの周囲の環境に作用します。

 

解放する前提となるホ・オポノポノの知識

記憶が再生される過程です。
・感情に満ちた性質の思考が、ウハネ (意識) によってされた時、
 (注:何かが起きた時、何かに遭遇した時。何かを見たり、聞いた時。)
・この思考は、ウニヒピリ (心・潜在意識) に記録され、
 (注:何度も起きることは、習慣化される。)
・現実化されるために、アウマクア (宇宙的自己) に示されます。
 (注:宇宙は、反応します。そのことが、起こります。)
その思考がより強く、より粘り強いものであればあるほど、より明確にそれは出現する。
 (注:習慣になった思考に気づくたびに、クリーニングを繰り返して、記憶を消去します。)

● desire – 記事一覧 ●

http://add-spot.com/wordpress/tag/desire


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »