気づきと実在を知る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


気づきと実在を知る

今を生きる

 今を生きる。今ここという、時間空間の無い、永遠無限の根源的実在の中心について学び、身に付けます。

     フランスにいたベーレン女史が、イギリスのトロワード博士 (トマス・トロワード判事) に師事するために、その費用として、2億円を源物質から作りだした言葉があります。

     My mind is a centre of Divine operation.
     私の心は、神の働きの中心である。 

 ベーレン女史の方法は、師である聖トマス・トロワード判事のエジンバラ講義 (1904年) がもとに成っています。

 ベーレン女史は、以前に読んだエジンバラ講義を元に、この法則を使う事を考え、6週間で、2億円 (現在の通貨価値にして) の資金を創ります。これを基にベーレン女史は、トロワード判事に逢いに行きます。

 このような方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。


スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »