10-気づきと実在を知る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


10-気づきと実在を知る

純粋な意識

 潜在意識 (心、マインド) を浄化して、本来の知性が現れるには、自分の内面へ深く入ります。内面深くには、感情も思考はありません。沈黙だけがあります。

 内面深く (I am that I am) に留まることで、観念 (心、マインド、感情) は消えていきます。

 心 (マインド) を純粋にします。光を見るようにします。投影された画像 (記憶の投影) は見ないようにします。画像は、無視します。心 (マインド) の病の悪臭が、悪です。

    心 (マインド) を純粋にする祈りです。

    ‘We are three; Thou art Three—have mercy on us!’
    「私たちは三人です。あなたも三人です。どうか私たちをお恵ください。」
    「あなたは3人、我らも3人、我らを憐れみたまえ!」
     (3人というのは、父と子と聖霊の三位一体のこと。)
     - トルストイの民話 『三人の隠者』より

    The Master Key To Wisdom – Neville Goddard Lecture
    Neville Goddard 11-11-1968 FOLLOW ME より

      Change your conception of yourself and you will automatically change the world in which you live.

    あなた自身についての、あなたの概念 (確信、観念、想像) を変えなさい。そうすれば、あなたは自動的にあなたが、住んでいる世界を変えることができるだろう。
     (ネビル・ゴダードの言葉)

 このような方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。

父と子と聖霊の三位一体

 あなた自身についての、あなたの概念 (確信、観念、想像) を変えなさい。そうすれば、あなたは自動的にあなたが、住んでいる世界を変えることができるだろう。と、ネビル・ゴダードは、講演で話しています。

     意識を絶えず向け続けることで、内面深くの存在 (I am that I am) が、現れます。それが、肉体のキリスト意識になります。

     普通の人の肉体の意識は、頭蓋骨の中 (肉体の脳の中) に封印されています。内面深くの存在 (I am that I am) に意識を絶えず向け続けることで、心 (マインド) にひな形ができます。その雛形 (ひながた) が、キリスト意識になります。

 至聖三者 (三位一体の神:注:I am that I am) そのものは描けない。

Trinity .jpg

 三位一体 (さんみいったい) とは、キリスト教において

父 (=父なる神・父神)
子 (=神の子・子なるキリスト)
霊 (=聖霊・聖神)

 の三つが「一体 (=唯一神・唯一の神)」であるとする教え。

trinity-rublev-1410.jpg

 アンドレイ・ルブリョフによるイコン『至聖三者』。創世記におけるアブラハムを三天使が訪れた記述を、至聖三者の啓示・象徴として捉える伝統が正教会にはあるが、そのもてなしの食卓の情景を描いたイコンを元に三天使のみが描かれたもの。至聖三者 (三位一体の神:注:I am that I am) そのものは描けないが、至聖三者を象徴する三天使を描いたイコンであるとされる。

注記:I am that I am
The violent response of the Jews to Jesus’ “I AM” statement indicates they clearly understood what He was declaring—that He was the eternal God incarnate. Jesus was equating Himself with the “I AM” title God gave Himself in Exodus 3:14.

     イエス様の「私は」という声明に対するユダヤ人の激しい反応は、彼らが彼が宣言していることを明確に理解していたことを示しています。イエスは、出エジプト記 3:14 で神がご自身に与えられた「私は」という称号とご自身を同一視していました。

In using the words “I AM THAT I AM,” God used an expression to reveal to Moses a promise and pledge found in His name. Throughout the Old Testament in the original Hebrew, God is known by his four-letter name YHWH.

     「I AM THAT I AM」という言葉を使うことで、神はモーセに約束と誓約を啓示するために表現を用いました。元のヘブライ語の旧約聖書を通して、神は彼の4文字の名前 YHWH で知られています。

“I am” is an abbreviated form of “I am that I am,” and is intended to express the same idea.
Matthew Henry Commentary 3:11-15

    「I am:私は」とは「I am that I am:私は、『それ』と呼ばれているところの者、それである」の省略形であり、同じ考えを表現することを意図しています。
    マシュー・ヘンリー解説 3:11-15 (出エジプト記 3章11節-15節)

I am that I am is a common English translation of the Hebrew phrase, ‘ehyeh ‘ăšer ‘ehyeh – also “I am who I am” or “I will be what I will be” or even “I create what I create”. The traditional English translation within Judaism favors “I will be what I will be” because there is no present tense of the verb “to be” in the Hebrew language.
Wikipedia

     I am that I am は、ヘブライ語のフレーズ「’ehyeh’ăšer ‘ehyeh (注:エヘイェ・アシェル・エヘイェ)」の一般的な英語訳です。
     - また、「私は私が誰なのか」、「私は私が何をするのか」、あるいは「私は自分の創造するものを創造すること」になります。ユダヤ教の伝統的な英語訳は、「私はこれからなるものになります」を支持しています。なぜなら、ヘブライ語には「ある」という動詞の現在形はないからです。
    ウィキペディア

 

三人の隠者 – The Three Hermits

    ‘We are three; Thou art Three—have mercy on us!’
    「あなたは3人、我らも3人、我らを憐れみたまえ!」

「わたしと父 (なる神) とは、一つである」(ヨハネの第10章30節)
 と言われた。キリストは存在と本質において、父なる神と一体なのである。

注記:一つである
 「一つ」という言葉は、原語 (新約聖書の原語ギリシャ語) では、「同一の本質」「同質」という意味である。
 つまりキリストは、父なる神と同じく神性を持つかたであり、父なる神と存在を一つにしておられる。

 

三神一体

     トリムリティーとは、インドの神話の最高神であるブラフマー・ヴィシュヌ・シヴァの三神一体を指します。

 三神一体 (さんしんいったい) または、トリムルティ (「3つの形」の意) は、ブラフマーとヴィシュヌとシヴァは同一であり、これらの神は力関係の上では同等であり、単一の神聖な存在から顕現する機能を異にする3つの様相に過ぎないというヒンドゥー教の理論である。

 すなわち、ブラフマー、ヴィシュヌ、シヴァの3柱は、宇宙の創造、維持、破壊という3つの機能が3人組という形で神格化されたものであるとする。

  一般的にはブラフマー、ヴィシュヌ、シヴァがそれぞれ創造、維持、破壊/再生を担うとされるが、宗派によってバリエーションが存在する。

More at Wikipedia (JA)

 シルディ・サイババとは?

 インドのシルディという村に存在した、サイ(叡智を持った) ババ(聖人)という意味で、シルディ・サイババという敬称で知られています。

 インドでは知らない人はいない程の崇高な存在です。
 
 シルディ・サイババはシヴァ神のアバター(神の化身)であり、ダッタトレーヤートリムルティであるとされてます。

ダッタトレーヤートリムルティ

 ダッタートレーヤーとは、トリムリティーの原理を指します。  
 トリムリティーとは、インドの神話の最高神であるブラフマー・ヴィシュヌ・シヴァの三神一体を指します。

 ブラフマーの性質は、ラジャスであり激質、ヴィシュヌは、サットヴァであり純質、そしてシヴァは、タマスであり惰質を表します。

 宇宙の始まりから終わりへ、そして再生へと全てを表しているのがダッタトレーヤトリムリティーです。

 この世界に悪 (負) のエネルギーが、善 (正) のエネルギーを超えるとき、大宇宙が宇宙の体現者をこの世に生み出します。それが真の聖者と呼ばれる人たちです。外見からは全くわかりません。

 あなたが幸運に恵まれ、その内側の輝きに触れた時、魂が高揚し気づくことが出来ます。

 シルディー・サイババはこの宇宙が送りだした、純粋なアバター(神の化身)です。

 今日では世界中から毎年、百万人近い人々がシルディ・サイババを慕い、インドの聖地シルディ村を訪れています。

 ババはいつでも二つの言葉を何度もくり返し言っていました。

     「シュラダー、サブーリ。シュラダー(shraddha)、サブーリ (saburi)」と。

    注記:
    – ‘One’ being ‘Shraddha’ (Faith) and other being ‘Saburi’ (Patience).
    「一つ」の存在に「Shraddha」(信頼) であることと、他の存在に「サブリ」(忍耐) であること。

 何百万回もババはこの言葉を口にしました。毎日、百回も二百回も生徒達に「シュラッダー、サブーリ」と言っていました。
 そして待って、待って、待ち続けて、生徒の中で誰が信仰心と忍耐力を持っているのかを見たのです。

Shri Sai Baba is the essence and embodiment of spiritual enlightenment and religious harmony. He awakened people to the eternal truth. “Sabka Malik Ek” (One God governs all). He wanted to provide each one with two powerful implements to make them stronger and wiser – ‘One’ being ‘Shraddha’ (Faith) and other being ‘Saburi’ (Patience). Through this website, we seek to spread the message of Shri Sainath, and with his blessings bring millions of people closer to the ultimate reality – that is, Shri Sai Baba.

    Shri Sai Babaは霊的啓発と宗教的調和の本質と具現化です。彼は人々を永遠の真実に目覚めさせました。 「Sabka Malik Ek」(1人の神がすべてを支配します)。彼はそれらをより強くそしてより賢くするために2つの強力な道具を提供したかった – ‘1’は ‘Shraddha’(信仰)であり、他は ‘Saburi’(忍耐)です。このウェブサイトを通して、私達はシュリ・セナートのメッセージを広めようとします、そして彼の祝福によって何百万もの人々を究極の現実に近づけます – それは、シュリサイババです。

Jai Sai Ram
-http://www.shirdisaibaba.com/home.php

Sai Satcharitraは、ここで読まれることができます:Saibaba – Sai Satcharitra
http://www.saidhamsola.org/satcharitra.htm

Sai Satcharitra

Complete Set of Chapters of Sai Satcharitra in English is available for download also.

Note: Please click Below to download entire set of chapters and save on your computer.

You have two options to download All the Chapter of Sai Satcharitra.

    サイサチャリトラ

    英語でのSai Satcharitraの章の完全なセットもダウンロード可能です。

    注意:チャプター全体をダウンロードしてコンピュータに保存するには、下をクリックしてください。

    サイサチャリトラの全章をダウンロードするには2つの方法があります。

 

神の化身

 ラマナ・マハルシは、「アルナーチャラ山の精霊であるシバ神の恩寵 (おんちょう) により、自分は目覚めることが出来た。右胸に『内在する神』が、自己を解放してくれた。」と言っています。

 「全てに内在する神は、その恩寵によって愛する帰依者に憐れみ (注:慈悲) を与え、帰依者の進歩に応じて彼自身の姿を現す。帰依者は師を人間だと思い、二つの物理的身体の間に関係を持とうと期待する。

 けれども、神あるいは真我の化身であるグルは、内面から働きかけ、弟子が道を誤ったことを気付かせ、内なる真我を実現するまで、正しい道を行くように導くのである。」‐ラマナ マハルシ

     ラマナ・マハルシの言葉から
    「神の恩寵 (the Master’s grace) は、悟りには最も重要であり、そして必要不可欠な原因なのです。」
    「真我 (純粋意識) は、常に実現している。それを、妨げているのは想念です。」
    「想念は、苦の源です。心は、想念の集まりです。」
    「目覚めの状態は、本当の無知です。」
    「目覚めの状態と夢見の状態で、心はあります。」
    「眠りの状態で、心はありません。」
    「真我とは、眠りの状態における純粋意識です。」
    「真の本性は、無限の霊性です。真我のみが、実在です。」

    「私は、ブラフマンであり、アートマンであり、真我です。」

● awareness – 記事一覧 ●

http://add-spot.com/wordpress/tag/awareness

  • 「世界は心の反映」についての説明

    2018年2月11日
    「世界は心の反映」についての説明 ラマナ・マハルシとの対話より  ラマナ・マハルシが、質問者に「世界は心の反映です」という、説明をしています。  この方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。 「世界は心の反映」 ...
  • 本当の自分に気づく

    2018年7月15日
    本当の自分に気づく 「私は在る」の思いは、鏡を磨く布である  聖者は、「眠りの状態」「目覚めの状態」「夢見の状態」という、3つの精神状態を含む、しかも超越した一つの存在状態が在るだけだ。  一般の人は、各々の状態の中で、他の2つの状態を忘れている。「眠りの状態」とは、無意識を意味しています。「目覚めの状態」とは、意識を意味しています。「夢見の状態」とは、周囲の状況ではなく、マインドを意識している。という事を意味しています。  意識を超えて、気づきの中に入るためには、自分の意識の流れに興味を抱くこと自体が、あなたを気づきへ導く。「物事を想像を通して見るのではなく、ただ在るがままにみること」を、学びなさい。  この方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。 聖者と一般の人との違い ...
  • 内側にある対立を解消する

    2018年9月19日
    内側にある対立を解消する 対立する気持ちに向き合い、それを「許す・受け入れる・愛する」  ゴールを設定した時に、内側にある対立 (想念:思考・感情) を解消しないと、実現しません。それを、解消するには、  まず、「心を静かにします」。内面を観察します。  私の内側にある対立 (想念:思考・感情) ...
  • 気づきと実在を知る

    2018年10月6日
    気づきと実在を知る 今を生きる  今を生きる。今ここという、時間空間の無い、永遠無限の根源的実在の中心について学び、身に付けます。  フランスにいたベーレン女史が、イギリスのトロワード博士 (トマス・トロワード判事) に師事するために、その費用として、2億円を源物質から作りだした言葉があります。  My mind ...
  • 2-気づきと実在を知る

    2018年10月6日
    2-気づきと実在を知る 「自分はすごいんだ」  「自分はすごいんだ」。人は、神が創った存在である。それを、身に付けます。  「自分はすごいんだ」この言葉を、自分に言います。そして、自己重要感を高めます。   「自分はすごいんだ」を言うことで、良いことが起きるようになります。  このような方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。 ● ...
  • 3-気づきと実在を知る

    2018年10月7日
    3-気づきと実在を知る 「言霊の波動」  「言霊の波動」。人は、過去世からのものすごい膨大な記憶を持っている。何万年という記憶がある。その中に、病気になった記憶や失敗した記憶がある。  その記憶が、ポンポン、ポンポンと曇 (くも) りとなってでてくる。この曇りを払うには、言霊を使う。これを消す方法は、天国言葉 (言霊) ...
  • 必要なときに必要なことを顕在化する方法 (レスターが行ったように)

    2019年1月3日
    必要なときに必要なことを顕在化する方法 (レスターが行ったように) レスター・レヴェンソン の話から  レスター・レヴェンソン の話から  ヘイル・ドゥオスキンが、質問に答えている手紙から抜粋します。 How ...
  • レスター・レヴェンソンの自由への道を解放する-2

    2019年1月14日
    レスター・レヴェンソンの自由への道を解放する-2 Robert C. Worstell 博士による解説  Robert ...
  • レスター・レヴェンソンの奇跡と自然の法則-4

    2019年2月7日
    レスター・レヴェンソンの奇跡と自然の法則-4 スティーブン・セレタンの記事より  レスター・レヴェンソンの「心を超えた領域へ入る」ための、参考資料です。スティーブン・セレタンの記事「Beliefs Are Obstacles To ...
  • 4-気づきと実在を知る

    2019年2月7日
    4-気づきと実在を知る I AMマントラ-「私」と「本当の私 (真我)」を繋ぐ  常に意識をして、「私 (意識している私)」と「本質の ...


スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »