悟りの段階 -4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


悟りの段階 -4

純粋な心-3. 一来向 (イチライコウ)

 一来向 (いちらいこう) とは、須陀洹 (預流) から、斯陀含 (一来) へと向かっている者です。

 一来 (いちらい、巴: sakadāgāmin サカダーガーミン) は、仏教において、一度 (sakRd) 天界に生れ、再び人間界に戻って悟り (さとり) に入る者のことで、四向四果 (しこうしか) の1つです。

 根本仏教では、有身見 (うしんけん)・戒禁取見 (かいごんじゅけん)・疑 (ぎ) の三結を断ち、貪 (とん)・瞋 (じん)・癡 (ち) の三毒が薄くなった者です。

 ◎ 一来 – 一回人と天の間を往来して悟りに至る位。斯陀含 (シダゴン) を指す。

    「私がいる」という最大の邪見が消えて、預流果 (ヨルカ) になりました。

    一来向 (イチライコウ) とは、ジニャーニの知識を理解しようとしているもの。
    ジニャーニの知識を理解しようとしているものとは、自己同一化を否定しているもの。

 「倶舎論 (ぐしゃろん)」では、一来向は、欲界の修惑 (しゅわく、情的煩悩) の前三品または、四品を断じた者とし、人界の家と天界の家とを往復するから「家家」(けけ) と呼ぶ。
 一来果は、欲界の前六品を断じた位である。

 このような方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。

五蘊皆空 (ごうんかいくう) です

 般若心経は、「空 (くう)」を解いた経典です。この経典に、五蘊皆空 (ごうんかいくう) とあります。

一来 (いちらい)

 一来果は、三毒 (貪・瞋・癡) が薄まっている。

 預流果 (よるか) に達してから、「私がいない、何もない」経験をすると、一来果 (いちらいか) になります。一来果では、有身見、疑、戒禁取の三結は消えています。そして、その他に、欲、怒り、無知の三煩悩が、いずれも弱くなります。

参考サイト:
悟りの段階 2 – 一来 (いちらい) | 道 (way)・アドオンスポット
http://way.add-spot.com/wordpress/satori-2

 

私が、幻想の世界に生きていることを理解しようとする

Talks with Sri Nisargadatta Maharaj
I_Am_That-101 より
101. Jnani does not Grasp, nor Hold
101. ジニャーニは理解も把握もしない
  (Jnaniは合点《納得》しないし、保持しない)


Questioner: I find I am not earnest enough.

Q: I find I am not earnest enough.

    質問者:私には、誠実さが足りません (私は、本気ではありません)。

M: Self-betrayal is a grievous matter. It rots the mind like cancer. The remedy lies in clarity and integrity of thinking.

Try to understand that you live in a world of illusions, examine them and uncover their roots. The very attempt to do so will make you earnest, for there is bliss in right endeavour.

    M:自己背信 (自己裏切り) は、悲しいこと (悲惨な問題) です。 それは、癌のように心 (マインド) を腐らせます。 改善策 (治療法) は、思考の明晰性 (明快さ) と考え方の高潔さ (完全性) の中にあります。

     あなたが、幻想の世界に住んでいる (生きている) ことを理解しようとしてみなさい。それらを調べ、そしてそれらの根底 (ルーツ) にあるものを明らかにします。 まさしくそうしようとすることは、あなたを誠実 (真剣) にさせるでしょう。なぜなら、正しい真剣な試みの中に至福 (bliss) があるからです。


Questioner: Why does one appear at all?

Q: Why does one appear at all?

    質問者:なぜひと (one) は現れますか?

M: It is good to be, and to be conscious.

    M:在ること、そして意識して在ることは良いことです。

    注記:
     無 (I am that I am:私は、「それ」であるものである) から、私 (I am:私は在る) は起こりました。無 (I am that I am:実在) と私 (I am:実在) は、同じ性質のものです。

     私 (I am:私は在る) の中に、心 (マインド:記憶の束、記憶の創造物、個我:非実在) が、起こりました。

参考サイト:
潜在意識を純粋にする-5
http://add-spot.com/wordpress/pure_mind-5


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »