ホーオポノポノ (Ho’oponopono) -2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


ホーオポノポノ (Ho’oponopono) -2

自然に流れる人生になる

 ホ・オポノポノを実践すると、「自然に流れる人生になる」。と、ヒューレン博士は言っています。そして、人生で「選択をすることはなくなる」と言っています。

 運命はなく、あるのは、記憶とインスピレーションだけです。

     ホ・オポノポノでは、
     人が思うように生きることができないのは、潜在意識の中にある記憶が原因であると考え、この記憶を消去することで、ディヴィニティ (注:神聖なる存在) からのインスピレーションが届き、それに従って生きることで、完璧な状態で物事が起きる。
     と、説いています。

    I Love You, I’m Sorry, Forgive Me, Thank You
    Ho’oponopono

    ・愛しています
    ・ごめんなさい
    ・許してください
    ・ありがとう

 ホ・オポノポノによって、潜在意識の記憶、思考を手放します。ホ・オポノポノでは「悪い記憶だけでなく、良い記憶も消す必要がある」と言いますす。「良い記憶は、執着を生み出している」。ということです。

 このような方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。

ホーオポノポノ (Ho’oponopono)

 ホーオポノポノ (Ho’oponopono) は、「自然に流れる人生になる」のが、目的です。

 ホーオポノポノ (Ho’oponopono) では、運命はなく、あるのは、記憶とインスピレーションだけです。と言います。

 ホーオポノポノ (Ho’oponopono) は、古代の叡智です。ウニヒピリ (インナーチャイルド) と対話をして、記憶を消去していきます。そして、インスピレーションに従って行動をします。

 

ウニヒピリ (インナーチャイルド) と対話をする

     今の私の人生を改善したい場合は、私の人生を癒す必要があります。ウニヒピリ (インナーチャイルド) と対話をして、記憶を消去していきます。

     自分自身を愛することが、自分自身を改善する最も良い方法であり、自分自身を改善するときに、私の周囲の世界を改善することが分かります。

     家族であれ、精神的に悪い犯罪者であっても、誰でも治療したいなら、あなたは、自分自身を癒すことによって、それを行います。

 ホーオポノポノ (Ho’oponopono) は、自分で行う「自己ヒーリングの方法」です。

説明です。

ヒューレン博士の言葉より

 「ウニヒピリ (潜在意識) は、私たちがこれまでに経験してきた、あらゆることに関する情報を持っています。

 情報、すなわち、それは記憶です。あなた自身が体験した、数十年という間の記憶だけではありません。宇宙の誕生から現在まで、すべての生命体、すべての鉱物などが体験した、記憶です。

 あなたの身の回りで起きること、問題も含めて、それはすべて、ウニヒピリの持つ、記憶が原因で起きています。だから、その問題の原因となっている、記憶を消去すれば、問題は解決できると考えています。

 なぜなら、この記憶は、誰のウニヒピリにも共通している記憶、(情報) ですから。もし、目の前の人に起きている問題であっても、あなたがあなたのウニヒピリと交流し、記憶を消去することで、他人の問題も解決できるというユニークな点を持ってるからです。

 例えば、あなたが、誰かに対して恨みを持っているとします。あなたはそこで、恨みという感情を経験しています。それはウニヒピリが保管しているメモリーバンクのなかにある、「過去に何かを恨んだ体験」という、記憶が再生されたからなのです。

 ですから、あなた自身、そのものが、何かを恨んでいるわけではありません。ウニヒピリが経験したことを、あなたが感じただけなのです。ウニヒピリそのものが、怒り、恨んでいるわけでもありません。

 ウニヒピリの中で怒り、恨みの記憶が再生された結果、あなたが怒りや恨みを体験していだけなのです。恨み以外にも、怒り、悲しみ、孤独、あきらめ、喜び、楽しさなど、あらゆる感情を抱く理由は、ウニヒピリの中で、それらの記憶が、再生されているからなのです。

 
 Len博士のように熟達すると、

    写真を見ながら、
    I kept silently saying, “I’m sorry” and “I love you.”
     私は黙って、「ごめんなさい」と、「私はあなたを愛しています」と言い続けます。

 これだけで、治療や改善が起こります。

     説明です。

     この言葉を唱えることで、私 (Len博士) は単に、外の環境を作り出していたものを、私 (Len博士) の中で癒すための「愛の精神」を呼び起こしています。

    Yet, by saying “I love you,”
     「私はあなたを愛しています」と言って、
    私 (Len博士) は何とか、その人を創造していたことを、私 (Len博士) の中で癒します。

注記:言葉を唱えることで、自分の中で癒すための「愛の精神 (I AM / 私は在る / 愛 / 存在)」を呼び起こしています。
そして、外の環境を作り出していたものを、自分の中で癒します。

 

最初に、『私』という想念が現れます。

     ラマナ・マハルシの話では、「最初に、『私 (I AM / 私は在る)』という想念が現れます。そして、『私という想念』から、瞬時にすべての想念 (宇宙・世界) が現れます」。

 心 (マインド・潜在意識) は、記憶の貯蔵庫です。その記憶を投影したのが、自我です。自我は、記憶の投影であり、実在ではありません。フィルムで投影された、3D (3次元) 映像です。

 ホーオポノポノ (Ho’oponopono) では、人が思うように生きることができないのは、潜在意識の中にある記憶が原因であると考え、この記憶を消去することで、ディヴィニティ (注:神聖なる存在) からのインスピレーションが届き、それに従って生きることで、完璧な状態で物事が起きる。と言います。

注記:
ディヴィニティ (注:神聖なる存在):本来の私の源 (純粋意識 / 存在 / 愛) 
アクマクア (注:超越意識、父親)
ウニヒピリ (注:潜在意識、潜在意識の声、インナーチャイルド)
ウハネ (注:現在の意識、母親)

 

ウニヒピリ (インナーチャイルド) と対話をする

 彼 (Len博士) は、私たちが、私たちの世界で見ているすべてのもの、すべてに責任があると言います。 完全な個人的責任を負い、自分の中の負傷した場所を、治癒することによって、文字通り自分自身と私たちの世界を癒すことができます。

 Len博士は、このホポノポノの作業のために4段階のプロセスを提案しています。

    Whenever a place for healing presents itself in your life, open to the place where the hurt resides within you.

     治癒のための場所が、あなたの人生の中にあるときはいつでも、あなたの中に傷がある場所を、開いてください。
     できるだけ多くの感情で、この場所を特定した後、以下の4つの声明を述べてください:

    I love you.
    I’m sorry.
    Please forgive me.
    Thank you.

    わたしは、あなたを愛しています。
    ごめんなさい。
    私を許してください。
    ありがとうございました。

ヒューレン博士の言葉より

 「あなたが、自分からウニヒピリに働きかけて、クリーニングして記憶を消去してもらわない限り、問題はいつまでも再生され続けます。

 ウニヒピリはというと、あふれそうなほどの記憶で常にパンパンになり、身動きが取れない状態です。あなたが意識していようと、いまいと、あなた自身の中にウニヒピリがいます」。

 「今ここで、体験したり、感じたりしていることは、問題や苦悩なんかじゃない。ただ、あなたが保管してきた、記憶が再生されているだけだよ。そしてその記憶は手放せるんだよ~と、ウニヒピリに話しかけてみてください。焦らなくてもよいのです」。

モ―ナ女史の言葉より

 わたしはアウマクア. わたしはわたしの家族をつなぎ、「本当の自分」へと届けるためにいます。

 もしも、あなたがウニヒピリを大事に、自分を大切にするのなら、わたしはこの家族を一つにつなげられる。 

 わたしは、「本当の自分」が、どういう存在か、良く知っている。「本当の自分と1つになること」がどんな体験なのかも、熟知している。 わたしの手をとって。命が元々あった、あの場所へ連れて行こう。わたしたち、三つ (の要素) が一つの家族になったとき、光り輝く道、命の道が見えるだろう。

 

現代版のホーオポノポノ (Ho’oponopono) の歴史

モーナ・ナラマク・シメオナ女史

SITH ホーオポノポノ (Ho’oponopono) を導き出した女性

 ネイティヴハワイアンに生まれ、カフナ (ハワイ伝統治療におけるヒーラーの称号) という特別な才能を与えられたモーナが、現代版のホーオポノポノ (Ho’oponopono) として、導き出しました。

 古代ハワイの儀式であった、ホーオポノポノ (Ho’oponopono) を、老若男女、宗教、人種を越えて、自分の力で実践できる問題解決法としました。

 誰でも、誰かの特別な力を借りずに、たった今この瞬間、自分の力で実践できる問題解決法、セルフ・アイデンティティー・スルー・ホ・オポノポノとして、導き出しました。

 世界各国を旅しながら、SITH を広めた功績と教育者という立場として、ハワイ州宝に認定されました。

 モーナの母、リリアは、ハワイ王朝最後のカフナとして、王朝最後の女王、リリ・ウオカイラニとともに、最後までハワイの伝統医療を継承した歴史に残るヒーラーです。

 『KAHUNA — カフナ』の意味に当たる言葉は、語源を見ていくと、「KA」は光、「HUNA」は神聖、つまり「神聖な叡智」という意味として受けとれます。

参照
Ho’oponopono-Asia : モーナ ナラマク シメオナ女史記
http://hooponopono-asia.org/www/jp/morrnah/index.html

SITH (Self Identity Through Hooponopono)

 セルフ・アイデンティティー・スルー・ホ・オポノポノは、 人生と地球上に肉体を持って生まれた個々が 人間として持った目的における 素晴らしい理解、より深い気付きへの開かれた扉なのです。
魂としてのあなたは、本当に価値のある存在です。

 SITH (シス) は、ディヴィニティー (神聖なる存在) の思考、言葉、行動、振る舞いに、あなたがインパクトを与えることで、あなたにとって有害なエネルギーを手放すプロセスです。

 SITH (シス) セルフ・アイデンティティー・スルー・ホ・オポノポノの意味は、クリーニング (Ho’oponopono による自己の癒し) を通して、ディヴィニティー (神聖なる存在) が、自己をブッダの教えである悟りの境地である、無限なる存在へと回帰させてくれます。

 SELF (セルフ・自己自身)とは、存在の場所です。自己自身の外側には、他のものは何もありません。全てのもの、出来事は、自身の中で起きているのです。

注記:ブッダの教えである悟りの境地
 「十牛図」に当てはめると、
◎阿羅漢 (応供:アラカン・オウグ) は、今生の終りに、悟り涅槃に至り、再び三界には生れないとされる。
 8. 「人牛倶忘」 – すべてが忘れさられ、無に帰一すること。悟りを得た修行者も特別な存在ではなく本来の自然な姿に気づく。
 9. 返本還源 – 原初の自然の美しさがあらわれてくること。悟りとはこのような自然の中にあることを表す。
 10. 入鄽垂手 – まちへ ...悟りを得た修行者 (童子から布袋和尚の姿になっている) が街へ出て、別の童子と遊ぶ姿を描き、人を導くことを表す。
になります。

◎不還 (フゲン) は、欲界 (注:人間界) には再び還らず、色界 (注:神界) に上って悟りに至る。
 6. 騎牛帰家 – 牛の背に乗り家へむかうこと。悟りがようやく得られて世間に戻る姿。
 7. 忘牛存人 – 家にもどり牛のことも忘れること。悟りは逃げたのではなく修行者の中にあることに気づく。

◎一来 (イチライ) は、一回、人と天の間を往来して (注:1回、人間界に生まれる) 悟りに至る。
 4. 得牛 – 力づくで牛をつかまえること。何とか悟りの実態を得たものの、いまだ自分のものになっていない姿。
 5. 牧牛 – 牛をてなづけること。悟りを自分のものにするための修行を表す。

◎預流 (ヨル) は、聖者の流れに入ることで、最大7回、欲界の人と天の間を生れかわれば (注:多くて7回、人間界に生まれる) 悟りを開く。
 1. 尋牛 – 牛を捜そうと志すこと。悟りを探すがどこにいるかわからず途方にくれた姿を表す。
 2. 見跡 – 牛の足跡を見出すこと。足跡とは経典や古人の公案の類を意味する。
 3. 見牛 – 牛の姿をかいまみること。優れた師に出会い「悟り」が少しばかり見えた状態。

● freedom – 記事一覧 ●

http://add-spot.com/wordpress/tag/freedom

  • ホ・オポノポノについて

    2018年8月26日
    ホ・オポノポノについて 自然に流れる人生になる  ホ・オポノポノを実践すると、「自然に流れる人生になる」。と、ヒューレン博士は言っています。そして、人生で「選択をすることはなくなる」と言っています。  運命はなく、あるのは、記憶とインスピレーションだけです。  ホ・オポノポノでは、  人が思うように生きることができないのは、潜在意識の中にある記憶が原因であると考え、この記憶を消去することで、ディヴィニティ (注:神聖なる存在) からのインスピレーションが届き、それに従って生きることで、完璧な状態で物事が起きる。  と、説いています。 I Love ...
  • ホーオポノポノ (Ho’oponopono) -3

    2018年9月10日
    ホーオポノポノ (Ho’oponopono) -3 自然に流れる人生になる  ホ・オポノポノを実践すると、「自然に流れる人生になる」。と、ヒューレン博士は言っています。そして、人生で「選択をすることはなくなる」と言っています。  運命はなく、あるのは、記憶とインスピレーションだけです。  ホ・オポノポノでは、  人が思うように生きることができないのは、潜在意識の中にある記憶が原因であると考え、この記憶を消去することで、ディヴィニティ (注:神聖なる存在) ...
  • ホーオポノポノ (Ho’oponopono) -4

    2018年9月12日
    ホーオポノポノ (Ho’oponopono) -4 自然に流れる人生になる  ホ・オポノポノを実践すると、「自然に流れる人生になる」。と、ヒューレン博士は言っています。そして、人生で「選択をすることはなくなる」と言っています。  運命はなく、あるのは、記憶とインスピレーションだけです。  ホ・オポノポノでは、  人が思うように生きることができないのは、潜在意識の中にある記憶が原因であると考え、この記憶を消去することで、ディヴィニティ (注:神聖なる存在) ...
  • ホーオポノポノ (Ho’oponopono) -5

    2018年9月12日
    ホーオポノポノ (Ho’oponopono) -5 自然に流れる人生になる  ホ・オポノポノを実践すると、「自然に流れる人生になる」。と、ヒューレン博士は言っています。そして、人生で「選択をすることはなくなる」と言っています。  運命はなく、あるのは、記憶とインスピレーションだけです。  ホ・オポノポノでは、  人が思うように生きることができないのは、潜在意識の中にある記憶が原因であると考え、この記憶を消去することで、ディヴィニティ (注:神聖なる存在) ...
  • ホーオポノポノ (Ho’oponopono) -6

    2018年9月13日
    ホーオポノポノ (Ho’oponopono) -6 自然に流れる人生になる  ホーオポノポノ (Ho’oponopono) ...
  • ホーオポノポノ (Ho’oponopono) -7

    2018年9月13日
    ホーオポノポノ (Ho’oponopono) -7 自然に流れる人生になる  「ホ・オポノポノ講演会ヒュー・レン博士ダイジェスト版_2008年7月11日」の動画です。  ヒュー・レン博士は、ホ・オポノポノを実践すると、「自然に流れる人生になる」。そして、人生で「選択をすることはなくなる」と言っています。  「運命はなく、あるのは、記憶とインスピレーションだけです」。  ホ・オポノポノでは、  「人が思うように生きることができないのは、ウニヒピリ (注:潜在意識) ...
  • ホーオポノポノ (Ho’oponopono) -8

    2018年9月14日
    ホーオポノポノ (Ho’oponopono) -8 自然に流れる人生になる  「オポノポノ7インナーチャイルドを世話する方法 目を閉じて」の動画です。  この動画で、ヒュー・レン博士は、インナーチャイルドとの接し方と、癒し方を説明しています。最初に、インナーチャイルドに接して、受け入れてもらいます。それから、記憶を消してもらいます。  ニサルガダッタ・マハラジは、自我は「記憶の投影です」と言っています。人は、自我がなくなれば、今のみに集中できるようになり、「あるがままに宇宙を見て、自然に行動する」ようになります。  ホ・オポノポノでは、「運命はなく、あるのは、記憶とインスピレーションだけです」。  「人が思うように生きることができないのは、ウニヒピリ ...
  • ホーオポノポノとマントラを唱えるジャパ

    2018年9月15日
    ホーオポノポノとマントラを唱えるジャパ 自然に流れる人生になる  「オポノポノ7インナーチャイルドを世話する方法 目を閉じて」の動画では、ウニヒピリ (注:潜在意識) / ...
  • ホーオポノポノの神髄

    2018年9月16日
    ホーオポノポノの神髄 自然に流れる人生になる  ホーオポノポノでは、「ウニヒピリ (インナーチャイルド) を癒して、記憶を消してもらいます」。ウニヒピリ (注:潜在意識) ...
  • 内側にある対立を解消する

    2018年9月19日
    内側にある対立を解消する 対立する気持ちに向き合い、それを「許す・受け入れる・愛する」  ゴールを設定した時に、内側にある対立 (想念:思考・感情) を解消しないと、実現しません。それを、解消するには、  まず、「心を静かにします」。内面を観察します。  私の内側にある対立 (想念:思考・感情) ...


スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »