6-彼を幸せにしたのは何ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


6-彼を幸せにしたのは何ですか?

幸せを開放する習慣-6

 マーシー・シャイモフ氏の言葉です。

     「多くの人は、成功が幸せをもたらすと思っています。反対です。本当は、幸せが成功をもたらすのです。」
     そしてシャイモフ氏は、幸せを掴むには7つの習慣があると言います。その7つの習慣とは、以下の通りです。

    1. ネガティブ思考の大掃除をする
    2. プラス思考で脳にポジティブな回路を作る
    3. 何事にも愛情表現を忘れない
    4. 全身の細胞から健康になる
    5. 瞑想などで脳を「人智を超えた大いなる力」につなげる
    6. 目標を持ち脳に眠る才能を開拓する
    7. 付き合う人を選んで脳にいい刺激を与える

 レスター・レヴェンソンも、最初にネガティブな思考を全て捨てる (手放す)。ことから、始めると言っています。さらに進むと次に、ネガティブな思考も、ポジティブな思考も全て捨てる (手放す)。と言っています。レスター・レヴェンソンの言葉です。
 「私たちが見るものはすべて、私たちの意識の中、心の中にあります。これを実現し始めると、意識を変えようと働き、そうすることで環境を変えます。

 このような方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。

セッション4 幸福 より

 レスター・レヴェンソンは、ストレス、不幸、そして人生の状況が、自分で作り出したものだと感じました。(レスターは、ストレス、不幸と彼の人生の状況は、自己により作成されたことを感知しました。)
 この直感だけで武装し、彼は知っていることをすべて捨てて、基本的な質問を自問しました。
 「彼を幸せにしたのは何ですか?」

注記:レスター・レヴェンソンは、直感に従って、基本的な質問を自問しました。
 例えば、レスター・レヴェンソンを思いながら、「彼を幸せにしたのは何ですか?」と、自分に質問をします。答えは、全て自分の内面にあります。

 この幸福について、書籍「KEYS TO THE ULTIMATE FREEDOM」のセッション4 で説明しています。

 

存在はただ一つであり、意識は一つしかない

SESSION 4 HAPPINESS (セッション4 幸福) より、抜粋しました。

As said above, Truth can never be found in the world.
The world as we see it now is multiplex, dual. When we go just behind the world, we discover the absolute Truth, that there’s a singular Oneness throughout the world and universe and it turns out to be our very own Self, our very own Beingness, which some call God.

    上で述べたように、真実は世界で決して見つけることができません。
    現在見ている世界は、多重、二重です。

     私たちが世界のすぐ後ろに行くと、私たちは絶対的な真実を発見します。それは、世界と宇宙全体に特異なワンネスがあり、それが私たち自身の自己、私たち自身の存在であることが判明します。

The world is, but not as people see it. The world is truly only our very own Self.
The “I” that we use when we say “I am” is the exact same “I” falsely appearing separate and divided.

     世界はそうであるが、人々がそれを見ているように。 世界は、本当に私たち自身の自己のみです。

     「私は」と言うときに使用する「私」は、まったく同じ「私」が、誤って別々に分割されて表示されます。

When we see the Truth we see that you are me, that there is only one Beingness, there is only one Consciousness, and that we are the sum-total of all the Beingness or Consciousness that formerly appeared separate.

     真実を見ると、あなたは私であり、存在はただ一つであり、意識は一つしかないこと、そして私たちは、以前は、別々に現れていたすべての存在、または、意識の合計であることがわかります。

So, again, to find Truth or Happiness, you have to go within, you have to see the Oneness, you have to see the universe as it really is, as nothing but your consciousness, which is nothing but your Self..
Now this is difficult to describe, it’s something that must be experienced.

     だから、再び、真実か幸福を見つけるために、あなたは、内に行かなければならず、あなたは、ワンネスを見る必要があり、あなたは、本当の宇宙を見る必要があります。

     今、これを説明するのは難しいですが、経験しなければならないことです。

Only when someone experiences it, does one know. It cannot be picked up from listening to any- one.
Books and teacher s can only point the direction, we must take it. That’s one of the nice things about the path.
There’s nothing to be believed, everything must be experienced and proved by each one to his own satisfaction before it’s accepted.

     誰かが、それを経験したときだけ、それを知っています。 誰からも、聞くことはできません。

     本と教師は、方向を示すことができるだけであり、私たちは、それを取る必要があります。 これは、このパスの素晴らしい点の1つです。

     信じられることは、何もありません。受け入れられる前に、すべてを経験し、それぞれが、満足するまで証明しなければなりません。

 

自分に問いかけて、思い込みを外す言葉

マーシー・シャイモフ【プロフィール】
 「脳にいいこと」だけをやりなさい! 著者 マーシー・シャイモフ

 カルフォルニア大学ロサンゼルス校 (UCLA) で、経済学博士号 (MBA) を取得する。
 カリスマ・コーチであり、世界的なベストセラー「ザ・シークレット」(角川書店) に登場する、賢者の一人としても注目を集める。
 「『脳にいいこと』だけをやりなさい!」(三笠書房) は、茂木健一郎が翻訳して話題となり、80万部のベストセラーになる。

    「『脳にいいこと』だけをやりなさい!─3章─脳にポジティヴな回路をつくる法」より
    自分に問いかけて、思い込みを外す言葉 (シンプルな4つの質問)

    ①それは、真実ですか?
    ②それが、真実だと言い切れますか?
    ③それを信じているときは、自分はどんな反応をしますか?
    ④それを信じなければ、自分はどんな人間になれますか?

    注記:
    1. ①から④までの質問の答え (考え) を、紙に書いてみて下さい。紙に書くことで、内面が整理されます。
    2. 次に、紙に書いたこの考えを「反転」させます。

    例:
    「Aさんに嫌われている」という不安がある (不安を感じる)。この思い込みに、4つの質問をします。
    ①それは、真実ですか?
     「分からないけど、何か態度が冷たい気がする……。」

    ②それが、真実だと言い切れますか?
     「多分……。Aさんに聞いたことないけど。」

    ③それを信じているときは、自分はどんな反応をしますか?
     「悲しくなる。」

    ④それを信じなければ、自分はどんな人間になれますか?
     「自信が持てる。Aさんに話しかけられそうな気がする。」

    2. 次に、この考えを「反転」させます。
     「Aさんに嫌われている」という不安がある (不安を感じる)。この考えを、反転して書き出します。
    注:今内面で感じているネガティブな思考を、ポジティブな思考に置き換えます (書き換えます)。

     Aさんに、嫌われていない。
     Aさんは、私を嫌いではない。
     私は、Aさんを嫌いではない。
     私は、……… と続けます。
     そして、書きだした中で、自分に一番しっくりくる内容 (表現) を、ひとつ選んでみて下さい。

    3. 自分に一番しっくりくる表現を、ひとつ選んでみて下さい。
     この過程で、「Aさんに嫌われている」という思い込みや、それに付随する不安が、消えているはずです。一度で消えなくても、何度か繰り返してください。
    注:これは、セドナメソッドで感情や考えを手放す方法と同じです。

 

感情を手放す – EFTとリリーシング

EFT のセッション
 これは、EFT の最初に行うセットアップフレーズです。
「私は、○○○ だけれども、心から完全に私を愛して、受け入れています。」

 この文章の「○○○ だけれども、」の、「○○○」のところに、自分自身の嫌いな部分、愛せない特性をいれて文章を作成します。
 そして、文章を唱えながら、タッピングをします。

注:EFT の空手チョップタッピングを使います。
 左手の小指付根の手のひら側面 (小指の付根から手首までの側面) を、右手の人差し指、中指、薬指の3本で、軽く叩きます。フレーズを唱えながら、軽くタッピングします。

    応用:
    「私は、○○○ だけれども、心から完全に私を愛して、受け入れています。」のフレーズを利用して、手放すための文章にします。

    例:以下の2つのフレーズを使います。
    Q:「私は、○○○ だけれども、心から完全に私を愛して、受け入れることを許しますか?」
    A:「はい。」
    Q:「私は(自分自身が)、それを、手放すことを許しますか?」 
    A:「はい。」

    注:暗い重い感じがする間は、この2つのフレーズを何回か続けます。そして、気分が、軽くなり楽しくなれば、完了です。

 

マントラはあなたに作用し、周囲の環境に作用します

マントラは、目的地へ行く道です。これを信頼します。
マントラは、最初のエネルギーを与える。
真我は、それを具現化する。
・マントラは主に、作用における最初のエネルギーです。
・それはあなたに作用し、あなたの周囲の環境に作用します。

 

解放する前提となるジニャーニの知識

Talks with Sri Nisargadatta Maharaj:I_Am_That_13 より概要です。

    13. The Supreme, the Mind and the Body
    13. 至高なるもの、マインド、身体


    ・個人というものは存在しません。あるのは、記憶と習慣の脈絡だけです。
    ・真我を実現した瞬間、個人は消え去る。個人は、観照者のマインド (心) に写った「私は在る」という感覚であり、存在の一つの様式です。
    ・ジニャーニ (真我を実現した存在) は、至高なるものです。そして、普遍的観照者でもあります。
     
    ・究極なるものだけが存在する。
    実在は、名前も形もない純粋な生命のエネルギーと意識の光だと理解した時、あなたは実在の深い静寂に浸り平和の内にあることだろう。

Talks with Sri Nisargadatta Maharaj:I_Am_That_22 より概要です。

    22. Life is Love and Love is Life
    22. 生命は愛、愛は生命


    質問者:マントラが唱えられるとき、まさに (実際に) 何が起こりますか?

    ・マントラの音が、形を作り出し、それが、真我 (大いなる自己:Self) を具現化 (体現) する。
    ・真我 (大いなる自己:Self) は、いかなる形も具現でき、 — それを通して作用する。
    ・真我 (大いなる自己:Self) は、作用の中にそれ自身を表現して、 — マントラは、作用における最初のエネルギーです。
    ・そのエネルギーはあなたに作用し、そしてあなたの周囲の環境に作用します。

 

解放する前提となるホ・オポノポノの知識

記憶が再生される過程です。
・感情に満ちた性質の思考が、ウハネ (意識) によってされた時、
 (注:何かが起きた時、何かに遭遇した時。何かを見たり、聞いた時。)
・この思考は、ウニヒピリ (心・潜在意識) に記録され、
 (注:何度も起きることは、習慣化される。)
・現実化されるために、アウマクア (宇宙的自己) に示されます。
 (注:宇宙は、反応します。そのことが、起こります。)
その思考がより強く、より粘り強いものであればあるほど、より明確にそれは出現する。
 (注:習慣になった思考に気づくたびに、クリーニングを繰り返して、記憶を消去します。)

● happy – 記事一覧 ●

http://add-spot.com/wordpress/tag/happy

  • ルイーズ・ヘイ

    2018年7月24日
    ルイーズ・ヘイ creating your own life  Louise ...
  • 9-ホ・オポノポノを実践する

    2018年10月4日
    9-ホ・オポノポノを実践する 悩みや問題を「機会」チャンスと解釈する  ホ・オポノポノでは、悩みや問題を「機会」チャンスと解釈します。  古代からハワイに伝わる「ホ・オポノポノ」。この問題解決法を実践します。  「ホ・オポノポノ」では、「すべての起きる出来事 (問題に思えることなど) は、自分の記憶の再生である」と考え、私にあるその記憶を「クリーニング (掃除)」することによって、問題を解決します。  自分が見ている現実は、自分の潜在意識にある記憶の再生であるため、自分が見ている現実の責任は、自分にあると考えます。この責任を取るために、再生している記憶を「クリーニング ...
  • レスター・レベンソンの幸福、喜び、愛、そして成功への秘訣

    2019年1月2日
    レスター・レベンソンの幸福、喜び、愛、そして成功への秘訣 レスター・レベンソンのスピーチの内容です。  Release Technique が公開している、Lester Levenson ...
  • レスター・レヴェンソンの全責任を負います-1

    2019年1月6日
    レスター・レヴェンソンの全責任を負います-1 TAKE FULL RESPONSIBILITY  レスター・レヴェンソンの「TAKE FULL ...
  • レスター・レヴェンソンの自由への最終ステップ-1

    2019年1月10日
    レスター・レヴェンソンの自由への最終ステップ-1 The Final Step to ...
  • レスター・レヴェンソンの自由への道を解放する-6

    2019年1月19日
    レスター・レヴェンソンの自由への道を解放する-6 Robert C. Worstell 博士による解説  Robert ...
  • レスター・レヴェンソンの自由への道を解放する-10

    2019年1月28日
    レスター・レヴェンソンの自由への道を解放する-10 Robert C. Worstell 博士による解説  Robert ...
  • レスター・レヴェンソンの奇跡と自然の法則-4

    2019年2月7日
    レスター・レヴェンソンの奇跡と自然の法則-4 スティーブン・セレタンの記事より  レスター・レヴェンソンの「心を超えた領域へ入る」ための、参考資料です。スティーブン・セレタンの記事「Beliefs Are Obstacles To ...
  • 潜在意識を純粋にする-7

    2019年3月14日
    潜在意識を純粋にする-7 潜在意識の働きを知る-7  「私でないもの」を自問して否定する。私でないものを否定することで、「自己同一化している観念」に気づいて、「無知」を払い去ります。  「無知」は、太陽の光を遮 (さえぎ) る雲のように、純粋な知性の光を遮ります。私でないものを否定することで、この光を遮る雲が消えていきます。 実在は、全ての属性を超えています。完全で完璧です。 実在は、不変・不動で永遠です。全てが在ります。 実在は、一つです。  私は、実在です。ただ、無知という雲で覆 (おお) ...
  • 潜在意識を純粋にする-8

    2019年3月15日
    潜在意識を純粋にする-8 潜在意識の働きを知る-8  I AM (私は在る) は、純粋な意識です。これが、本来の自己です。本来の自己は、完全で完璧です。全てが在ります。  欲望と恐れは、ありません。未来と過去もありません。純粋な意識が、自然の状態です。この純粋な意識 ...


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »