7-彼を幸せにしたのは何ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


7-彼を幸せにしたのは何ですか?

幸せを開放する習慣-7

 レスター・レヴェンソンは、ワンネス (あるがままの宇宙) を体験する必要があると言っています。ワンネス (あるがままの宇宙) は、沈黙です。心を静かにして「沈黙」に入ります。

 「あるがままの宇宙」は、完全です。私 (“I am that I am,”) は、完全です。それを知るには、直接体験しかありません。ジニャーニの知識は、道標です。実践して進むのは、私 (“I am that I am,”) です。私のサットグルは、真我です。

 レスター・レヴェンソンは、直感に従って実践しました。そして、「幸福」になりました。続く人も、直感に従って実践してください。

     要約すると、私は聖書から二つの引用をとることができます:「私は、それで在るもので在る (“I am that I am,”)」と「静まって、私こそ神であることを知れ (“Be still and know that I am God.”)」。

     または、言い換えれば、あなたが求めているものは、あなたが、それを見るまで心を静めます。 OK?

     あなたが私を見るとき、あなたは、真実を見るべきであり、あなたは、あなた自身を見るべきです。この真理を見る日まで、努力してください。

 以上は、レスター・レヴェンソンの幸福についてのレクチャーです。

 このような方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。

セッション4 幸福 より

 レスター・レヴェンソンは、ストレス、不幸、そして人生の状況が、自分で作り出したものだと感じました。(レスターは、ストレス、不幸と彼の人生の状況は、自己により作成されたことを感知しました。)
 この直感だけで武装し、彼は知っていることをすべて捨てて、基本的な質問を自問しました。
 「彼を幸せにしたのは何ですか?」

注記:レスター・レヴェンソンは、直感に従って、基本的な質問を自問しました。
 例えば、レスター・レヴェンソンを思いながら、「彼を幸せにしたのは何ですか?」と、自分に質問をします。答えは、全て自分の内面にあります。

 この幸福について、書籍「KEYS TO THE ULTIMATE FREEDOM」のセッション4 で説明しています。

 

この真理を見る日まで、努力してください

SESSION 4 HAPPINESS (セッション4 幸福) より、抜粋しました。

To sum it up, I can take two quotes from the Bible: “I am that I am,” and, “Be still and know that I am God.”
Or, in other words, thou art That which thou art seeking, quiet the mind until you see It. O.K.?
Now we may go into questions.

     要約すると、私は聖書から二つの引用をとることができます:「私は、それで在るもので在る (“I am that I am,”)」と「静まって、私こそ神であることを知れ (“Be still and know that I am God.”)」。

     または、言い換えれば、あなたが求めているものは、あなたが、それを見るまで心を静めます。 OK?
     今、私たちは、質問にいきます。

    注記:
    “I am that I am,” の出典:出エジプト3章14節
    「エヒイェ・アシェル・エヒイェ (ヘブライ語)」「わたしは存在するものである」
     Exodus 3:14 King James Version (KJV)
    14 And God said unto Moses, I Am That I Am: and he said, Thus shalt thou say unto the children of Israel, I Am hath sent me unto you.
     出エジプト記3:14
    14 神はモーセに言われた。「わたしはわたしだ」と言ったので、彼は言った。「あなたはイスラエルの人々に言ってください。わたしはあなたにわたしを遣わされました。」(翻訳です)
     出エジプト記3:14
    3:14 神はモーセに言われた、「わたしは、有って有る者」。また言われた、「イスラエルの人々にこう言いなさい、『「わたしは有る」というかたが、わたしをあなたがたのところへつかわされました』と。」口語訳旧約聖書(1955年版)

    “Be still and know that I am God.” の出典:詩編46:10
     Psalm 46:10 King James Version (KJV)
    10 Be still, and know that I am God: I will be exalted among the heathen, I will be exalted in the earth.
     詩編46:10
    10 じっとしていて、私が神であることを知ってください。異教徒の間で高められ、地上で高められます。(翻訳です)
     詩篇 第46篇 – 聖歌隊の指揮者によって女の声のしらべにあわせてうたわせたコラの子の歌
    46:10「静まって、わたしこそ神であることを知れ。わたしはもろもろの国民のうちにあがめられ、全地にあがめられる。」口語訳旧約聖書(1955年版)
    詩編46:10
    「やめよ。わたしこそ神であることを知れ。わたしは国々の間であがめられ,地の上であがめられる。」(聖書の言葉)-「やめよ」とは,神の勧告で「無駄な企てをやめ,静まれ」の意味です。

Q: I come upon a difference, -these people, all of us in this room, each of us have a form and I see it.

    質問者:これらの人々、この部屋にいる私たち全員、私たちそれぞれに形があり、私は、それを見ます。

Lester: You’re seeing wrongly. You’re seeing in error.
When you look at me, you should see the Truth, you should see your Self. Strive until that day in which you will see this Truth.

    レスター:あなたは、間違って見ています。問題 (エラー) が、発生しています。

     あなたが私を見るとき、あなたは、真実を見るべきであり、あなたは、あなた自身を見るべきです。この真理を見る日まで、努力してください。

Q: After one has a certain amount of inner experience and begins to believe, there still comes an important decision as to what to do with yourself as you find yourself at that point. And then you have to decide what to do with the rest of your life.

    質問者:ある程度の内的経験を持ち、信じ始めた後、その時点で、自分自身を見つけたとき、自分自身で、何をすべきかについての、重要な決定がまだあります。

     そして、あなたは、あなたの人生の残りを、どうするかを決めなければなりません。

Lester: Yes. You must decide whether to pursue your welfare by seeking it in the world or by seeking it within you.

    レスター:はい。 あなたは、世界でそれを求めるか、あなたの中でそれを求めることによって、あなたの福祉 (福利:welfare) を追求するかどうかを、決めなければなりません。

    注記:welfare:the health, happiness, and fortunes of a person or group.
     福祉 (福利) 、人またはグループの健康、幸福、幸運。

Q: You’ve had a certain amount of experience but you will always be called back to a certain contact with the outer world unless…

    質問者:ある程度の経験はありますが、次の場合を除いて、常に外界との特定の接触に呼び戻されます…

Lester: Unless you make the outer world you. However, be not attached to the world and it cannot disturb you.
Then you may carry on with equanimity.

    レスター:あなたが、外の世界を作らない限り。しかし、世界に執着しないでください、それはあなたを、邪魔することはできません。

     そして、あなたは、平静を続けていくことができます。

Q: In order to make the outer world me, I would think I have to self-purify myself.

    質問者:外の世界を、私にするためには、自分自身を浄化しなければならないと思います。

Lester: Yes. Practicing serving the world will purify you.

    レスター:はい。世界に奉仕することは、あなたを清めるでしょう。

Q: I would have to almost go out and sacrifice what remains of myself in some kind of service.

    質問者:私は、ほとんど出かけ、ある種の奉仕で、自分の残りを犠牲にしなければなりません。

Lester: The only thing you will ever sacrifice in this direction is your misery. Rendering service would give only happiness, to the degree your heart is in it.
The more you willingly serve the world, the more you discover that you are related to everything and everyone.

    レスター:あなたが、この方向で犠牲にするのは、あなたの不幸だけです。奉仕を提供する (レンダリングサービス:Rendering service) のは、あなたの心が、そこにある程度に幸福だけを与えます。

     あなたが、喜んで世界に奉仕するほど、あなたは、すべてとすべての人に関係していることがわかります。

    注記:Rendering service:render は、何かを「提供する」。service は、奉仕。
     render は「あるものを何かの状態にする」という元の意味があり、そこから派生する形で、幅広い意味で使われる (難しい) 単語です。何かを「提供する」を意味します。

There is no isolation. It is serving and becoming the All that should be our direction.
You don’t cut out and let others be separate from you. You become them through the practice of serving them.

     分離はありません。それは私たちの方向で、あるべきすべてのものに仕え、すべてになってきています。

     あなたは、他の人をあなたから切り離して、他の人があなたから分離することはできません。あなたは、彼らに仕えるという実践を通して、彼らになります。

 

「真の世界はマインドを超える」より

    Talks with Sri Nisargadatta Maharaj – I_Am_That_4 より
    4. Real World is Beyond the Mind (実在 (真) の世界は、心 (マインド) を超えています)

Questioner: Yes, one can see that ultimately to speak of one thing being the only cause of another thing is altogether wrong.
Yet, in actual life we invariably initiate action with a view to a result.

    質問者:はい、最終的には、ある事柄が、別の事柄の唯一の原因であると言うのは、まったく間違っていることがわかります。
     しかし、実際の生活では、結果に基づいて、常に行動を開始します。

M: Yes, there is a lot of such activity going on, because of ignorance.
‘Would people know that nothing can happen unless the entire universe makes it happen, they would achieve much more with less expenditure of energy.

    マハラジ:はい、無知のためにそのような活動がたくさん行われています。
     「人々は、宇宙全体がそれを起こさない限り、何も起こらないことを知っていれば、より少ないエネルギー消費で、より多くを達成するでしょう。

Questioner: If everything is an expression of the totality of causes, how can we talk of a purposeful action towards an achievement?

    質問者:すべてが、原因の全体性の表現である場合、達成に向けた意図的な行動を、どのように説明できますか?

M: The very urge to achieve is also an expression of the total universe. It merely shows that the energy potential has risen at a particular point. It is the illusion of time that makes you talk of causality.

    マハラジ:達成したい衝動は、宇宙全体の表現でもあります。特定の時点で、エネルギーポテンシャルが上昇したことを示しているだけです。因果関係を語るのは、時間の幻想です。

When the past and the future are seen in the timeless now, as parts of a common pattern, the idea of cause-effect loses its validity and creative freedom takes its place.

     今、過去と未来が、恒久的に見えるとき (今、過去と未来が、時間を超越したものに見えるとき)、一般的なパターンの一部として、因果関係の考えは、その有効性を失い、創造的な自由が代わりになります。

    注記:「恒久的」の意味は、永久に変わらないさまのこと。

 

マントラはあなたに作用し、周囲の環境に作用します

マントラは、目的地へ行く道です。これを信頼します。
マントラは、最初のエネルギーを与える。
真我は、それを具現化する。
・マントラは主に、作用における最初のエネルギーです。
・それはあなたに作用し、あなたの周囲の環境に作用します。

 

解放する前提となるジニャーニの知識

Talks with Sri Nisargadatta Maharaj:I_Am_That_13 より概要です。

    13. The Supreme, the Mind and the Body
    13. 至高なるもの、マインド、身体


    ・個人というものは存在しません。あるのは、記憶と習慣の脈絡だけです。
    ・真我を実現した瞬間、個人は消え去る。個人は、観照者のマインド (心) に写った「私は在る」という感覚であり、存在の一つの様式です。
    ・ジニャーニ (真我を実現した存在) は、至高なるものです。そして、普遍的観照者でもあります。
     
    ・究極なるものだけが存在する。
    実在は、名前も形もない純粋な生命のエネルギーと意識の光だと理解した時、あなたは実在の深い静寂に浸り平和の内にあることだろう。

Talks with Sri Nisargadatta Maharaj:I_Am_That_22 より概要です。

    22. Life is Love and Love is Life
    22. 生命は愛、愛は生命


    質問者:マントラが唱えられるとき、まさに (実際に) 何が起こりますか?

    ・マントラの音が、形を作り出し、それが、真我 (大いなる自己:Self) を具現化 (体現) する。
    ・真我 (大いなる自己:Self) は、いかなる形も具現でき、 — それを通して作用する。
    ・真我 (大いなる自己:Self) は、作用の中にそれ自身を表現して、 — マントラは、作用における最初のエネルギーです。
    ・そのエネルギーはあなたに作用し、そしてあなたの周囲の環境に作用します。

 

解放する前提となるホ・オポノポノの知識

記憶が再生される過程です。
・感情に満ちた性質の思考が、ウハネ (意識) によってされた時、
 (注:何かが起きた時、何かに遭遇した時。何かを見たり、聞いた時。)
・この思考は、ウニヒピリ (心・潜在意識) に記録され、
 (注:何度も起きることは、習慣化される。)
・現実化されるために、アウマクア (宇宙的自己) に示されます。
 (注:宇宙は、反応します。そのことが、起こります。)
その思考がより強く、より粘り強いものであればあるほど、より明確にそれは出現する。
 (注:習慣になった思考に気づくたびに、クリーニングを繰り返して、記憶を消去します。)

● happy – 記事一覧 ●

http://add-spot.com/wordpress/tag/happy

  • ルイーズ・ヘイ

    2018年7月24日
    ルイーズ・ヘイ creating your own life  Louise ...
  • 9-ホ・オポノポノを実践する

    2018年10月4日
    9-ホ・オポノポノを実践する 悩みや問題を「機会」チャンスと解釈する  ホ・オポノポノでは、悩みや問題を「機会」チャンスと解釈します。  古代からハワイに伝わる「ホ・オポノポノ」。この問題解決法を実践します。  「ホ・オポノポノ」では、「すべての起きる出来事 (問題に思えることなど) は、自分の記憶の再生である」と考え、私にあるその記憶を「クリーニング (掃除)」することによって、問題を解決します。  自分が見ている現実は、自分の潜在意識にある記憶の再生であるため、自分が見ている現実の責任は、自分にあると考えます。この責任を取るために、再生している記憶を「クリーニング ...
  • レスター・レベンソンの幸福、喜び、愛、そして成功への秘訣

    2019年1月2日
    レスター・レベンソンの幸福、喜び、愛、そして成功への秘訣 レスター・レベンソンのスピーチの内容です。  Release Technique が公開している、Lester Levenson ...
  • レスター・レヴェンソンの全責任を負います-1

    2019年1月6日
    レスター・レヴェンソンの全責任を負います-1 TAKE FULL RESPONSIBILITY  レスター・レヴェンソンの「TAKE FULL ...
  • レスター・レヴェンソンの自由への最終ステップ-1

    2019年1月10日
    レスター・レヴェンソンの自由への最終ステップ-1 The Final Step to ...
  • レスター・レヴェンソンの自由への道を解放する-6

    2019年1月19日
    レスター・レヴェンソンの自由への道を解放する-6 Robert C. Worstell 博士による解説  Robert ...
  • レスター・レヴェンソンの自由への道を解放する-10

    2019年1月28日
    レスター・レヴェンソンの自由への道を解放する-10 Robert C. Worstell 博士による解説  Robert ...
  • レスター・レヴェンソンの奇跡と自然の法則-4

    2019年2月7日
    レスター・レヴェンソンの奇跡と自然の法則-4 スティーブン・セレタンの記事より  レスター・レヴェンソンの「心を超えた領域へ入る」ための、参考資料です。スティーブン・セレタンの記事「Beliefs Are Obstacles To ...
  • 潜在意識を純粋にする-7

    2019年3月14日
    潜在意識を純粋にする-7 潜在意識の働きを知る-7  「私でないもの」を自問して否定する。私でないものを否定することで、「自己同一化している観念」に気づいて、「無知」を払い去ります。  「無知」は、太陽の光を遮 (さえぎ) る雲のように、純粋な知性の光を遮ります。私でないものを否定することで、この光を遮る雲が消えていきます。 実在は、全ての属性を超えています。完全で完璧です。 実在は、不変・不動で永遠です。全てが在ります。 実在は、一つです。  私は、実在です。ただ、無知という雲で覆 (おお) ...
  • 潜在意識を純粋にする-8

    2019年3月15日
    潜在意識を純粋にする-8 潜在意識の働きを知る-8  I AM (私は在る) は、純粋な意識です。これが、本来の自己です。本来の自己は、完全で完璧です。全てが在ります。  欲望と恐れは、ありません。未来と過去もありません。純粋な意識が、自然の状態です。この純粋な意識 ...


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »