8-彼を幸せにしたのは何ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


8-彼を幸せにしたのは何ですか?

幸せを開放する習慣-8

 大きな問題は、私たちの自我 (エゴ)、私がすべてとは別の、個人であるという感覚を取り除くことです。私たちの動機を見ることで、これを行うことができます。

    レスター:そうだね。 もうエゴがなくなったとき、残っているのは、あなたである無限の存在です。

     自我は、すべてからの分離の感覚です。

     私は個人です、レスター:そして、私はすべてから分離しています、そしてあなたの人々は、すべて私以外です、それは自我、分離の感覚です。

     そして大きな問題は、私たちの自我 (エゴ)、私がすべてとは別の、個人であるという感覚を取り除くことです。 私たちの動機を見ることで、これを行うことができます。

     私たちの動機が、利己的であるとき、それを変え、利他的にします。 私たちは自分自身ではなく、他者のために行動し、このようにして成長します。

 以上は、レスター・レヴェンソンの幸福についてのレクチャーです。

 このような方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。

セッション4 幸福 より

 レスター・レヴェンソンは、ストレス、不幸、そして人生の状況が、自分で作り出したものだと感じました。(レスターは、ストレス、不幸と彼の人生の状況は、自己により作成されたことを感知しました。)
 この直感だけで武装し、彼は知っていることをすべて捨てて、基本的な質問を自問しました。
 「彼を幸せにしたのは何ですか?」

注記:レスター・レヴェンソンは、直感に従って、基本的な質問を自問しました。
 例えば、レスター・レヴェンソンを思いながら、「彼を幸せにしたのは何ですか?」と、自分に質問をします。答えは、全て自分の内面にあります。

 この幸福について、書籍「KEYS TO THE ULTIMATE FREEDOM」のセッション4 で説明しています。

 

他の人を助ける最良の方法は、自分自身を助けることです

SESSION 4 HAPPINESS (セッション4 幸福) より、抜粋しました。

Q: The only reason I would make an effort in this direction is so I could better help other people.

    質問者:私がこの方向に努力する唯一の理由は、他の人々をよりよく助けることができるようにするためです。

Lester: Good, but you can’t help other people any more than you can help yourself. So, the best way to help others is to help yourself.
It’s automatically so, that you’ll help others to the degree that you’ll help yourself. Do both.

    レスター:良いですが、自分でできる以上に、他の人を助けることはできません。 だから、他の人を助ける最良の方法は、自分自身を助けることです。

     自動的に行われるので、自分でできる範囲で、他の人を助けることができます。 両方してください。

Q: So help yourself by helping others? Isn’t it a two way action?

    質問者:だから、他人を助けることで、自分自身を助けますか? 双方向の行動ではありませんか?

Lester: Yes. However, it’s the motive that counts.
If I’m helping you with selfish motives, it doesn’t help me or you. If I help only to help you, I grow.
But there are many people in the world who help for their own ego- glorification and it doesn’t help them any, nor does it help you, because they then help you ego-wise, i.e., they help validate your ego.

    レスター:はい。 しかし、それは重要な動機です。

     私が、利己的な動機であなたを助けているなら、それは、私やあなたを助けません。 あなたを助けるためだけに手伝うなら、私は成長します。

     しかし、自分のエゴの美化を助ける人は、世界中にたくさんいますが、彼らは、あなたを助けませんし、あなたの助けにもなりません。

Q: That’s a very subtle thing, a very difficult thing to get rid of, that ego.

    質問者:それは非常に微妙なことであり、その自我を取り除くのは、非常に難しいことです。

Lester: Right. When there’s no more ego, the only thing left is the infinite Being that you are.
Ego is the sense of separation from the All.
1 am an individual, Lester:, and I am separate from the All, and all you people are other than I, that is the sense of ego, separateness.

    レスター:そうだね。 もうエゴがなくなったとき、残っているのは、あなたである無限の存在です。

     自我は、すべてからの分離の感覚です。

     私は個人です、レスター:そして、私は、すべてから分離しています、そしてあなたの人々は、すべて私以外です、それは自我、分離の感覚です。

The moment I’m not the All, I lack something and then I try to get it back. I think I need the missing parts of the All and I start trying to get them. Thus I assume I don’t have the All, I am limited, and this starts a downward spiral and we continue until we get where we are.

     私が、すべてではない瞬間、私は何かを欠いて、それを取り戻そうとします。私はすべての欠けている部分が必要だと思い、それらを手に入れようとしています。

     したがって、私はすべてを持っていない、私は限られていると仮定し、これは下向きのスパイラルを開始し、私たちがいる場所に到達するまで続けます。

However, we’re all on the way up, now.
And the big problem is to get rid of our ego, the sense that I am an individual separate from everything. We can do this by looking at our motivations.
When our motivation is selfish, we change it, make it altruistic; we act for others rather than for ourselves, and in this way we grow.

     しかし、私たちは今、すべて上に向かっています。

     そして大きな問題は、私たちの自我 (エゴ)、私が、すべてとは別の、個人であるという感覚を取り除くことです。 私たちの動機を見ることで、これを行うことができます。

     私たちの動機が、利己的であるとき、それを変え、利他的にします。 私たちは、自分自身ではなく他者のために行動し、このようにして成長します。

Q: Is growth a constant becoming aware?

    質問者:成長は、常に認識されていますか?

Lester: Yes. You must first want to. When you want to, then you do become aware of your thinking.
Then you become aware of your non-thinking which shows up as periods of peace and well-being.

    レスター:はい。 最初にしたい必要があります。あなたがしたいとき、あなたは、あなたの思考に気付くようになります。

     それからあなたは、平和と幸福 (peace and well-being) の期間として現れる、あなたの思考のないこと (非思考:non-thinking) に気づきます。

Q: Like trying to find out, for instance, why one feels things or why one is sick like these past two years of illness for me.
It’s tremendous, Lester:. Even this morning when I was talking to my sister on the telephone, after speaking to her I kept thinking, “Why?

    質問者:例えば、私にとって、過去2年間の病気のように、物事を感じる理由や、病気の理由を見つけようとするようなものです。

     すごいですね、レスター: 今朝、電話で妹と話していたときでも、彼女に話しかけた後、私は「なぜ?

Why? Why?” and I tried to be still, as still as I could possibly be, and all of a sudden, a realization of the why I had been so negative came to me with such tremendous clarity.

     どうして? なぜだろうか」と、私はじっとしていました、そして、突然、私がそんなにネガティブだった理由の実感が、このようなものすごい明快さで、私に来ました。

And I thought of you so intensely and I thought, “Well, this is what Lester: possibly means.”
It’s finding out the why, and when one sees it, one immediately turns it into something positive and one is released.

     そして、私はあなたのことを非常に強く考え、「まあ、これが、レスターの意味するものだ」と考えました。

     理由を見つけて、それを見るとすぐに、それをポジティブなものに変えます。そして一つが、開放 (リリース) されます。

Lester: Right, very good. Keep that up until there is no more.

    レスター:そうですね。それが、なくなるまで続けてください。

Q: That’s what you always meant about making the subconscious thought conscious and then letting go of it.

    質問者:それは、潜在意識を意識させてから、手放すことについて、あなたがいつも意味していたことです。

Lester: Yes. Pulling the subconscious thought up into consciousness and when it’s there, you’ll see it and naturally let go of it because of its negativity.
But as long as it remains unconscious, you don’t see it and can’t do anything about it, can you?

    レスター:はい。 潜在意識を意識に引き上げると、そこにあるとき、あなたはそれを見て、その否定性のために、自然に手放します。

     しかし、それが無意識のままである限り、あなたはそれを見ず、それについて、何もすることができません。あなたは、できますか?

Q: No. And tremendous things come up when one be- gins. Wow! Alligators! It’s not easy.

    質問者:いいえ。また、人が始めると、ものすごいことが起こります。 うわー! ワニ! 簡単ではない。

Lester: Ego-wise you don’t like what comes up and you tend to fight it.

    レスター:自我 (エゴ) に関しては、あなたは、出てくるものが好きではなく、あなたは、それと戦う傾向があります。

Q: Many times I go along on an even keel and then something comes up in personal relationships or from other directions, and all of a sudden you feel a severe pain, and then you realize that anytime you feel pain, you’re showing your own limitation, and you step back, look at it, and release yourself from the whole situation.

    質問者:多くの場合、何度も同じ (均一な) キールに沿って進みます。そして、何かが個人的な関係や他の方向から現れ、突然あなたは、ひどい痛みを感じます。
     痛みを感じるときはいつでも、あなたは、あなた自身の制限を示しています。あなたは一歩下がって、それを見て、自分を状況全体から解放します。

    注記:keel:キール、竜骨。
    the longitudinal structure along the centerline at the bottom of a vessel’s hull, on which the rest of the hull is built, in some vessels extended downward as a blade or ridge to increase stability.
     船体の残りの部分が構築される、船体の底部の中心線に沿った縦構造。一部の船では、安定性を高めるために、刃または尾根として下方に延びています。
    a flat-bottomed freight boat; a keelboat.:平底貨物船; キールボート。

Lester: Yes, every situation can be used for growth by observing what’s going on, the way you do. Do this all the time, until there is no more needed to be let go of, until there is no more ego.

    レスター:はい、何が起こっているか、あなたのやり方を観察することで、あらゆる状況を成長に使用できます。

     これは、手放す必要がなくなるまで、自我 (エゴ) がなくなるまで、常に行います。

Q: Creative work, for instance, has the ego involved in that, too. It’s very subtle. And the more one sees spiritually, the more one is able to paint a picture, or make music, or whatever one does, -this is a point that has always bothered me, the ego-involvement in this.
It has worried me, how can one channel it, commercialize it, sell something?

    質問者:たとえば、創造的な作品には、自我 (エゴ) も含まれています。とても微妙です。

     そして、霊的に見れば見るほど、絵を描いたり、音楽を作ったりすることが、できるようになります。これは、常に私を悩ませてきたポイントです。これへの自我 (エゴ) の関与です。

     それは、私を心配させました。どうすればそれを、仲介 (チャネリング:channel) できますか。商業化し、何かを売ることができますか?

Lester: The answer is simple: Commercialize it but be not attached to this creativeness.

    レスター:答えは簡単です。商品化しますが、この創造性に執着しないでください。

Q: Difficult, it’s the ego saying, “I am the creator.”

    質問者:難しい、それは「私は創造主です」と言っている自我です。

Lester: It doesn’t matter what you do, be not attached to it. Let go of the sense of “I am the creator.” Let the cre- ativeness flow through you.

    レスター:あなたが、何をするかは関係ありません。それに、執着しないでください。「私は創造主です」という、感覚を手放します。創造性が、あなたの中を流れます。

Q: I would think that in almost any creative act there has to be a spiritual part, the stem of it is basically some pure motivation, but it’s almost always mixed with ego.

    質問者:私は、ほとんど、すべての創造的な行為に、精神的な部分が、なければならないと思います。その幹は、基本的に純粋な動機ですが、ほとんど常に、自我 (エゴ) と混ざっています。

Lester: Let me clear up one thing, everything you do is creative, it’s impossible to do anything that’s not creative. That’s because the mind is only creative, but when we create things we don’t like, we call it non- creative and destructive.

    レスター:あなたがすることは、すべて創造的であり、創造的でない何かをすることは、不可能です。それは、心が、創造的であるだけであるが、私たちが、好きではないものを作成するとき、私たちはそれを、非創造的で破壊的だと呼びます。

When we create things we like, we call that creative and constructive. But the mind only creates. Everyone is a creator. What we hold in mind, we create.

     好きなものを作成するとき、それを、創造的で建設的なものと呼びます。しかし、心は創造するだけです。誰もがクリエイターです。それを念頭に置いて、作成します。

Q: So all this ego of ours is our own creation?

    質問者:私たちのこの自我は、すべて、私たち自身の創造物ですか?

Lester: Right. It’s better to create constructive things like beauty, health, affluence as they do not demand as much attention from us as a sick body or a sick pocket- book.
Consequently we have more time and ease to look in the direction of Truth and to discover our Self.

    レスター:そうです。それらは、病気の身体や病気の手帳 (sick pocket-book) として、私たちから、できるだけ多くの注意を要求しないように、それは美しさ、健康、豊かさのような建設的なものを作成する方が良いでしょう。

     その結果、我々は、より多くの時間を持ち、真実の方向を見て、私たちの自己を発見することが、容易になります。

 

マントラはあなたに作用し、周囲の環境に作用します

マントラは、目的地へ行く道です。これを信頼します。
マントラは、最初のエネルギーを与える。
真我は、それを具現化する。
・マントラは主に、作用における最初のエネルギーです。
・それはあなたに作用し、あなたの周囲の環境に作用します。

 

解放する前提となるジニャーニの知識

Talks with Sri Nisargadatta Maharaj:I_Am_That_13 より概要です。

    13. The Supreme, the Mind and the Body
    13. 至高なるもの、マインド、身体


    ・個人というものは存在しません。あるのは、記憶と習慣の脈絡だけです。
    ・真我を実現した瞬間、個人は消え去る。個人は、観照者のマインド (心) に写った「私は在る」という感覚であり、存在の一つの様式です。
    ・ジニャーニ (真我を実現した存在) は、至高なるものです。そして、普遍的観照者でもあります。
     
    ・究極なるものだけが存在する。
    実在は、名前も形もない純粋な生命のエネルギーと意識の光だと理解した時、あなたは実在の深い静寂に浸り平和の内にあることだろう。

Talks with Sri Nisargadatta Maharaj:I_Am_That_22 より概要です。

    22. Life is Love and Love is Life
    22. 生命は愛、愛は生命


    質問者:マントラが唱えられるとき、まさに (実際に) 何が起こりますか?

    ・マントラの音が、形を作り出し、それが、真我 (大いなる自己:Self) を具現化 (体現) する。
    ・真我 (大いなる自己:Self) は、いかなる形も具現でき、 — それを通して作用する。
    ・真我 (大いなる自己:Self) は、作用の中にそれ自身を表現して、 — マントラは、作用における最初のエネルギーです。
    ・そのエネルギーはあなたに作用し、そしてあなたの周囲の環境に作用します。

 

解放する前提となるホ・オポノポノの知識

記憶が再生される過程です。
・感情に満ちた性質の思考が、ウハネ (意識) によってされた時、
 (注:何かが起きた時、何かに遭遇した時。何かを見たり、聞いた時。)
・この思考は、ウニヒピリ (心・潜在意識) に記録され、
 (注:何度も起きることは、習慣化される。)
・現実化されるために、アウマクア (宇宙的自己) に示されます。
 (注:宇宙は、反応します。そのことが、起こります。)
その思考がより強く、より粘り強いものであればあるほど、より明確にそれは出現する。
 (注:習慣になった思考に気づくたびに、クリーニングを繰り返して、記憶を消去します。)

● happy – 記事一覧 ●

http://add-spot.com/wordpress/tag/happy

  • ルイーズ・ヘイ

    2018年7月24日
    ルイーズ・ヘイ creating your own life  Louise ...
  • 9-ホ・オポノポノを実践する

    2018年10月4日
    9-ホ・オポノポノを実践する 悩みや問題を「機会」チャンスと解釈する  ホ・オポノポノでは、悩みや問題を「機会」チャンスと解釈します。  古代からハワイに伝わる「ホ・オポノポノ」。この問題解決法を実践します。  「ホ・オポノポノ」では、「すべての起きる出来事 (問題に思えることなど) は、自分の記憶の再生である」と考え、私にあるその記憶を「クリーニング (掃除)」することによって、問題を解決します。  自分が見ている現実は、自分の潜在意識にある記憶の再生であるため、自分が見ている現実の責任は、自分にあると考えます。この責任を取るために、再生している記憶を「クリーニング ...
  • レスター・レベンソンの幸福、喜び、愛、そして成功への秘訣

    2019年1月2日
    レスター・レベンソンの幸福、喜び、愛、そして成功への秘訣 レスター・レベンソンのスピーチの内容です。  Release Technique が公開している、Lester Levenson ...
  • レスター・レヴェンソンの全責任を負います-1

    2019年1月6日
    レスター・レヴェンソンの全責任を負います-1 TAKE FULL RESPONSIBILITY  レスター・レヴェンソンの「TAKE FULL ...
  • レスター・レヴェンソンの自由への最終ステップ-1

    2019年1月10日
    レスター・レヴェンソンの自由への最終ステップ-1 The Final Step to ...
  • レスター・レヴェンソンの自由への道を解放する-6

    2019年1月19日
    レスター・レヴェンソンの自由への道を解放する-6 Robert C. Worstell 博士による解説  Robert ...
  • レスター・レヴェンソンの自由への道を解放する-10

    2019年1月28日
    レスター・レヴェンソンの自由への道を解放する-10 Robert C. Worstell 博士による解説  Robert ...
  • レスター・レヴェンソンの奇跡と自然の法則-4

    2019年2月7日
    レスター・レヴェンソンの奇跡と自然の法則-4 スティーブン・セレタンの記事より  レスター・レヴェンソンの「心を超えた領域へ入る」ための、参考資料です。スティーブン・セレタンの記事「Beliefs Are Obstacles To ...
  • 潜在意識を純粋にする-7

    2019年3月14日
    潜在意識を純粋にする-7 潜在意識の働きを知る-7  「私でないもの」を自問して否定する。私でないものを否定することで、「自己同一化している観念」に気づいて、「無知」を払い去ります。  「無知」は、太陽の光を遮 (さえぎ) る雲のように、純粋な知性の光を遮ります。私でないものを否定することで、この光を遮る雲が消えていきます。 実在は、全ての属性を超えています。完全で完璧です。 実在は、不変・不動で永遠です。全てが在ります。 実在は、一つです。  私は、実在です。ただ、無知という雲で覆 (おお) ...
  • 潜在意識を純粋にする-8

    2019年3月15日
    潜在意識を純粋にする-8 潜在意識の働きを知る-8  I AM (私は在る) は、純粋な意識です。これが、本来の自己です。本来の自己は、完全で完璧です。全てが在ります。  欲望と恐れは、ありません。未来と過去もありません。純粋な意識が、自然の状態です。この純粋な意識 ...


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »