...続きを読む" />

感情, 手放す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

感情, 手放す

 感情を手放す方法は、色々あります。内観を利用した、感情を手放すやり方です。これは、医療行為ではありません。各自の判断で、ご利用ください。

問題になる出来事にフォーカスします。

 今、気になることや問題になる出来事にフォーカスします。その出来事を、5W1H (いつ、どこで、誰が、何を、どうしたか。) で、表現して書き出します。

 

具体的に書くと?

 具体的に書きだすことで、より詳細に細かい記憶がでてきます。その、記憶に伴う、情景や場面、そして、考え (思考)や感情などを思い出します。

 この時に感じていた感情を書き出します。様々な思いや感情があれば、あるだけ書き出します。そして、小さく感じたことでも感情や想いはすべて書きます。

 その時の感情や思いを抱くことになった、心の中にある私の理由 (概念や信念) を書き出します。それにより、私が抱いた感情も書き出します。

 そして、感情の基にある、私のネガティブな思考のパターンを書き出します。私にとって、よくない状態や出来事を引き起こしている、(引き起こしやすい、引き寄せやすい)私の内面にある、思考パターンに気づきます。

 そして、書き出します。複数あれば、あるだけ書いていきます。書きだすことで、直視できるようになります。そして、認めて受け入れます。内面の感情や考えを書きだすことで、少しずつ手放すことが起こります。

 

少しずつ手放すことが起こります?

 少しずつ手放すことが起こると、手放した後に、私が、良い状態への流れになる、思考パターン
を書いてみます。私が、ポジティブな流れになる考えや感情を書いてみます。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »