NGF が少ないと、記憶力が悪い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

NGF が少ないと、記憶力が悪い。

今日の雑学メモ – 1 – NGF

 最近の研究で、「NGF (脳内物質) が少ないと、記憶力が悪い。」ことがわかっています。この、NGF (脳内物質) を増やすと、記憶力が回復することが、わかっています。

 一日、10分間、簡単な動作をすると、この、NGF (脳内物質) を増やせます。

 この方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。

NGF (脳内物質) を増やせます。

 脳の神経細胞 (ネットワーク) を復旧してくれる、NGF (脳内物質) を増やせます。

 

NGF (脳内物質) について

 NGF (nerve growth factor: 神経成長因子) は、リータ・レーヴィ=モンタルチーニ (Rita Levi-Montalcini ) らにより最初に見出された、神経栄養因子である。 1948年に、アーネスト・ブエカー (Ernst Bueker) は、マウスの肉腫をニワトリ胚に移植すると、交感神経節や後根神経節の大きさが増大し、そこから肉腫組織に神経突起が伸長することを見出した。

リータ・レーヴィ=モンタルチーニ (Rita Levi-Montalcini )
注:リータ・レーヴィ=モンタルチーニ (Rita Levi-Montalcini )
 リータ・レーヴィ=モンタルチーニ (1909年4月22日 – 2012年12月30日) は、イタリアの神経学者です。1986年に同僚のスタンリー・コーエンと共に、神経成長因子および上皮細胞成長因子の発見の功績でノーベル生理学・医学賞を受賞した。

注:アーネスト・ブエカー (Ernst Bueker)
Ernest Bueker | プロフィール

 

NGF (脳内物質) を増やすには?

 NGF (脳内物質) を増やすポイントは、脳の血流を増やす事がポイントです。

 「家庭の医学」によると、

     乾燥したタオルを、両方の手のひらではさみ、すり合わせます。
    タオルが落ちない程度の力で、強めに擦ります。
     擦りすぎないのがポイントで、1日、1回、10分程度行います。

 今回、テレビで実験をした人は、4日ほどで、NGF (脳内物質) が、当初の2倍に増えていました。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »