レスター・レヴェンソンの自由への道を解放する-1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


レスター・レヴェンソンの自由への道を解放する-1

Robert C. Worstell 博士による解説

 Robert C. Worstell 博士は、35年以上にわたって人間の状態を調査してきました。 “Freedom Is” は、彼の最後の自己啓発の本です。彼の最新の研究については、彼のブログを訪れてください。。

    On an afternoon’s walk at my parent’s farm, accompanied by the two family dogs, I had an epiphany which changed my life.

     私 (Robert C. Worstell 博士) の両親の農場で、午後2時、家族の2匹の犬を連れて歩いたとき、私は人生を変えた、エピファニーを経験しました。

    注記:epiphany:エピファニー、閃き (ひらめき)
    the manifestation of Christ to the Gentiles as represented by the Magi (Matthew 2:1–12).
    マギ (magi) に代表される異邦人へのキリストの現れ(マタイ2:1−12)。
     magiとは、(キリスト降誕の時、贈り物を持ってきた) 東方の三博士。

 このような方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。

エピファニー (閃き) を経験する

 Robert C. Worstell 博士は、エピファニー (閃き) を経験し、それを追求しました。

 ある日、友人がレスター・レヴェンソンの作品のコピーを私に送ってくれて、これですべて解決しました。彼の著書「究極の自由への鍵」を見て、そして彼の以前の録音は、私のすべての質問に答えた – そして、私に足りないパズルのピースをくれた。

 これ以降のレッスンでは、レヴェンソン (Levenson) の著作に直接基づいています。

 

レスター・レヴェンソンと出会う

筆記録:

 私の両親の農場で午後2時、家族の2匹の犬を連れて歩いたとき、私は人生を変えたエピファニーを経験しました。

 そしてそれがどのようにして起こったのか、他者が自分自身でこれを見つけるのを手助けすること、そしてそれを恒久的な状態にするのを助けるのに10年近くかかりました。

 その日の農場では、森の中で、突然すべての考えが長い間失われました。そして私は計り知れない平和に襲われました。カウンセラーとしての長い年月を経て、私はそのような啓示の準備をしていませんでした。

 それは永遠には続かなかった、しかしそれはその時から私を悩ませた。 20年以上のキャリアを続けることさえできませんでした。それは、私がやっていたことのすべてが、その特異な出来事と比較して無意味なように見えたからです。

 私はそれから年金なしで退職し、自分のやり方をし、私がつまずいたことを調査しました。

 これは何百冊もの本や録音を通じ、私がこれを誰かが従うことができるパターンにまとめるために何冊かの本を書いているのを私は見つけた。しかし、私はこのパターンに何らかの欠陥があることを知っていました。何かが不完全でした。

 ある日、友人がレスター・レベンソンの作品のコピーを私に送ってくれて、これですべて解決しました。彼の著書「究極の自由への鍵」を見て、そして彼の以前の録音は私のすべての質問に答えた – そして私に足りないパズルのピースをくれた。

これ以降のレッスンでは、レヴェンソン (Levenson) の著作に直接基づいています。

Lesson 07 – Releasing Your Way to Freedom

Transcript:
筆記録:
On an afternoon’s walk at my parent’s farm, accompanied by the two family dogs, I had an epiphany which changed my life.

    私の両親の農場で午後2時、家族の2匹の犬を連れて歩いたとき、私は人生を変えたエピファニーを経験しました。

    注記:epiphany:エピファニー、閃き (ひらめき)
    the manifestation of Christ to the Gentiles as represented by the Magi (Matthew 2:1–12).
    マギに代表される異邦人へのキリストの現れ(マタイ2:1−12)。

    Magi:マギ
    the “wise men” from the East who brought gifts to the infant Jesus (Matt. 2:1), said in later tradition to be kings named Caspar, Melchior, and Balthasar who brought gifts of gold, frankincense, and myrrh.
    幼児イエスに贈り物を持って来た東の「賢者」(マタイ2:1)は、後の伝統で金、フランキンセンス、そしてミルラの贈り物を持ってきたキャスパー、メルキオール、バルタザールという王であると言いました。

    マタイによる福音書 第2章
    2:1イエスがヘロデ王の代に、ユダヤのベツレヘムでお生れになったとき、見よ、東からきた博士たちがエルサレムに着いて言った、
    2:2「ユダヤ人の王としてお生れになったかたは、どこにおられますか。わたしたちは東の方でその星を見たので、そのかたを拝みにきました」。
    2:3ヘロデ王はこのことを聞いて不安を感じた。エルサレムの人々もみな、同様であった。
    2:4そこで王は祭司長たちと民の律法学者たちとを全部集めて、キリストはどこに生れるのかと、彼らに問いただした。
    2:5彼らは王に言った、「それはユダヤのベツレヘムです。預言者がこうしるしています、
    2:6『ユダの地、ベツレヘムよ、
    おまえはユダの君たちの中で、
    決して最も小さいものではない。
    おまえの中からひとりの君が出て、
    わが民イスラエルの牧者となるであろう』」。
    2:7そこで、ヘロデはひそかに博士たちを呼んで、星の現れた時について詳しく聞き、
    2:8彼らをベツレヘムにつかわして言った、「行って、その幼な子のことを詳しく調べ、見つかったらわたしに知らせてくれ。わたしも拝みに行くから」。
    2:9彼らは王の言うことを聞いて出かけると、見よ、彼らが東方で見た星が、彼らより先に進んで、幼な子のいる所まで行き、その上にとどまった。
    2:10彼らはその星を見て、非常な喜びにあふれた。
    2:11そして、家にはいって、母マリヤのそばにいる幼な子に会い、ひれ伏して拝み、また、宝の箱をあけて、黄金・乳香・没薬などの贈り物をささげた。
    2:12そして、夢でヘロデのところに帰るなとのみ告げを受けたので、他の道をとおって自分の国へ帰って行った。

And it took nearly a dozen years to sort out how it happened, how to help others to find this for themselves, as well as make it a permanent state.

    Out on the farm that day, in the woods, suddenly all thought dropped away for a long moment. And I was struck with an immense peace. Nothing in all the long years as a counselor had prepared me for such a revelation.

      It didn’t last forever, but it haunted me from that time forward. I wasn’t even able to continue with my 20-plus year career, since all I was doing seemed pointless compared to that singular event.

        I then retired without pension, to make my own way and research what I had stumbled into.

          This lead through hundreds of books and recordings, and found me writing several books to organize this into a pattern anyone could follow. I knew, however, this pattern was flawed in some way. Something was incomplete.

            One day, a friend sent me a copy of Lester Levenson’s work, and this then solved it all. Looking up his book “Keys to the Ultimate Freedom”, as well as his earlier recordings answered all my questions – and gave me the missing puzzle piece.

              The remainder of this and the following lessons are based directly on Levenson’s works:

                a – As you seek freedom purposely, as more important than this world we live in, all these needless and unimportant points tend to drop away.

                  b – Negatives and positives are just two sides of the same coin. One can’t exist without the other. And you can simply move from one to the other just by your own consideration or choice.

                    c – The basic premise of this book is that all the Freedom you seek is inherently within you. You demonstrate this every single day – or the lack of it. All that keeps you from demonstrating this in your life – also known as manifesting or attracting – is the agreed-upon limits you’ve accepted in your lifetime up to this point. Agree with this or not. Your mileage may vary.

                      d – The word “No” is a placeholder only. It’s apparent power comes from the positive statement. NLP says that when you have this word in a sentence, the mind interprets it as a positive. Always state things in the positive version, in order to get them into your life around you.

                        e – Develop your ability to concentrate. Work on a single activity or purpose at any given time. And turn off any distractive elements such as TV, radio, newspapers, and the Internet if they don’t serve your forward progress toward developing your own freedom.

                          e – 集中力を養います (集中するあなたの能力を開発します)。 任意の時点で、単一の活動または目的に取り組む。
                           また、テレビ、ラジオ、新聞、インターネットなどの、注意をそらす要素が、自分の自由を発展させる方向に向かって前進しない場合は、それらをオフにします。
                           (もしそれらが、あなた自身の自由を発展させるための、あなたの前向きな進歩に役立たないのなら、それらをオフにします。)

                        f – Understand Levenson’s releasing techniques fully. Study various authors, but get these simple basics down to a version you can use on your own.

                          f – レヴェンソン (Levenson) のリリーステクニック (解放する手法) を完全に理解します。 様々な著者を研究 (作家を勉強) してください、しかしあなたがあなた自身で使うことができるバージョンに、これらの単純な基本を取りなさい (しかし、これらの単純な基本を、自分で使えるバージョンにしてください)。

                        g – Learn to release constantly. Anything that comes up in your life, just learn to welcome and let it go.

                          g – 絶えずリリースすることを学びなさい。
                          あなたの人生に思いつく (生活の中で立ち上がる) ものは何でも、ただ (ちょうど) 歓迎し、それを手放すことを学びます。

                        h – Take no other example or anyone else’s life experience as a standard or goal for yourself. Be true to yourself.

                          h – 他の例や他人の人生経験を標準またはあなた自身のための目標としない。自分に正直である。

                        i – When you run out of material to release, and the world around you is perfect all the time, answer, “What Am I?”

                          i – あなたが開放するための材料 (資料) が足りなくなったとき、そしてあなたの周りの世界は、常に完璧であるとき (常に完璧です)、「私は何か?」に答えてください。

                        j – Huna, Hill, and Nightingale say your world is exactly as you think it to be, how you create it.
                        So you should be responsible as you can be, and release that which doesn’t give you peace or more freedom – or allow you to let your freedom or peace shine more.

                          j – フナ、ヒル、ナイチンゲールは、あなたの世界は、あなたが、それがあると思うのと、まったく同じであると言います。どのように、あなたがそれを作成します。

                           だからあなたは、できる限り責任を負うべきです。そしてそれは、あなたに平和も自由も与えないものを解放するべきです – あるいは、あなたが、あなたの自由や平和をもっと輝かせるようにしてください。

                        – – – –

                        ● lester_levenson – 記事一覧 ●

                        http://add-spot.com/wordpress/tag/lester_levenson


                        スポンサーリンク

                        SNSでもご購読できます。

                        コメントを残す

                        *

                        Translate »