レスター・レヴェンソンの自由への道を解放する-8

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


レスター・レヴェンソンの自由への道を解放する-8

Robert C. Worstell 博士による解説

 Robert C. Worstell 博士は、35年以上にわたって人間の状態を調査してきました。 “Freedom Is” は、彼の最後の自己啓発の本です。彼の最新の研究については、彼のブログを訪れてください。。

    On an afternoon’s walk at my parent’s farm, accompanied by the two family dogs, I had an epiphany which changed my life.

     私 (Robert C. Worstell 博士) の両親の農場で、午後2時、家族の2匹の犬を連れて歩いたとき、私は人生を変えた、エピファニーを経験しました。

    注記:epiphany:エピファニー、閃き (ひらめき)
    the manifestation of Christ to the Gentiles as represented by the Magi (Matthew 2:1–12).
    マギ (magi) に代表される異邦人へのキリストの現れ(マタイ2:1−12)。
     magiとは、(キリスト降誕の時、贈り物を持ってきた) 東方の三博士。

 このような方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。

自由への道を解放するための参考資料

 自由への道を解放するための参考資料です。

 スティーブン・セレタン (Stephen Seretan) は、レスターと私 (Lester and Me) の著者です。彼の11年間の友情と、そしてマスター、レスター・レヴェンソンとの会話について。
 彼は、レスターのオリジナルの KISS 解放メソッド (KISS Releasing Method) を教えています。そして、www.LesterandMe.com で、セドナメソッドの卒業生をサポートしています。

 

レスター・レヴェンソンの奇跡と自然の法則

 スティーブン・セレタン (Stephen Seretan) の手記です。

Miracles And The Natural Law
 Apr 24, 2009

Lester told me that a miracle is the easiest thing in the world to do. Why?
Because it is the working of natural law. All Masters are able to totally control the physical world and produce at will whatever they choose.
Lester said that accumulating money and things is really insecurity. We believe we will run out, so we feel we need to amass more and more.
Even a person with billions of dollars is wanting security, because he does not stop, and keeps trying to gain more. He cannot use what he has already but keeps wanting more.

    奇跡と自然の法則
     2009年4月24日

     レスターは私に、奇跡は、世界で最も簡単なことだと言った。 どうして?

     それは、自然の法則の働きだからです。 すべてのマスターは、物理的な世界を完全に制御 (totally control) し、彼らが選ぶものは、何でも自由に作り出すことができます。

     レスターは、お金や物を蓄積する (集める) ことは、本当に不安であると述べました。私達は、私達が尽きると信じるので、私達は、私達がますます多くを、集める必要があると感じる。

     何十億ドルもの人でさえ、彼は立ち止まらず、より多くを得ようと、し続けているので、安全を望んでいます。 彼はすでに持っているものを、使うことはできませんが、もっと欲しいと思い続けています。

What is this law of miracles? One can read about it in Autobiography of a Yogi in the chapter, “The Law of Miracles”.
The law is that if we allow the harmony to prevail, and let go of wanting (easier said than done), Beingness will supply us with whatever we hold in mind without any effort at all.
Lester told me that Beingness is trying 24/7 to create our goals, but we get in the way with our wants, which block the goals from happening.
The Sedona Method helps us let go of these wants. Yogananda states, “Nature obeys without stress or strain the man who is in tune with her.” (from the Law of Miracles, AY)

     この奇跡の法則は何ですか?それについて読むことができます。あるヨギの自叙伝「奇跡の法則」の章にあります。(注:30章 The Law of Miracles – Paramhansa Yogananda )

     法則は、もし私たちが、調和を勝ち得ることを許し、そして、欲しいのを手放すならば (簡単に、口で言います)、存在 (Beingness) は、何の努力もせずに、私たちが心に留めているものすべてを、私たちに提供するでしょう。

     レスターは私に、存在 (Beingness) が、私たちの目標を達成するために、24時間365日努力していると言った。しかし私達は、私達の欲求に邪魔をしています。これは、目標の実現を妨げるものです。
     
     セドナメソッドは、私たちが、これらの欲求を手放すのを助けます。ヨガナンダ (Yogananda:パラマハンサ・ヨガナンダ) は、「自然は、ストレスを伴わずに従うか、または、同調している人に、負担をかけている」と述べている。(奇跡の法則より、AY)

    注記:あるヨギの自叙伝 – Original 1946 Edition – 英語版が、無料で全編読めます。
    Autobiography of a Yogi, by Paramhansa Yogananda – Free, Original 1946 Edition
    https://www.ananda.org/autobiography/
    30章 – Chapter: 30 The Law of Miracles
    https://www.ananda.org/autobiography/#chap30

When Lester was living by himself in Sedona, he told me that miracles were an everyday happening for him. He just didn’t notice it since it was so natural.
He never filled the water in his trailer tanks and yet they were always full.

     レスターが、セドナに一人で住んでいたとき、彼は私に、奇跡は、彼のために毎日起こっていることだと言いました。 それはとても自然なので、彼はただ気づかなかった。

     彼は、トレーラータンクの水を、決していっぱいにしませんでした、それでもそれらは、いつもいっぱいでした。

This was documented by a student who was given the job to fill them and forgot to do it.
Since Lester believed she was doing it, they were full!
When a Master believes something, it is done. That is how healings occur.

     これは、それらを埋めるために、仕事を与えられ、それをするのを忘れた学生によって、文書化されました。
     レスターは、彼女はそれをやっていたと信じているので、彼らが満ちていました!
     マスターが、何かを信じる (注:確信と予期する) とき、それは、されます (注:自然に起こります)。 それが、癒しが起こる方法です。

The hardest part of all this is to let go of our wanting, and be in the harmony.
We think we need to control events, and that stops us from the law from working.
How many times have we been at the bottom, and just “gave up”? Then all of a sudden things turned around.
What actually happened was that we let go of the need to control, and Beingness did it for us. “Man’s extremity is God’s opportunity”, we have all heard.

     これら、すべての最も難しい部分は、私たちの欲求を手放すこと、そして、調和することです。

     私たちは、私たちが出来事を、制御 (control) する必要があると思います、そして、それは、私たちが、法則から動く (機能する、働く) のを止めます。

     私たちは、何度も底辺 (底) にいて、ただ「あきらめた」のでしょうか。 それから突然のことが起きて、すべて方向を変えました。

     実際に起こったことは、私たちが、制御 (control) する必要性を手放したことです。そして存在 (Beingness) が、私たちのためにそれをしたことです。 「人の四肢は、神の機会です」と私たち全員は聞いたことがあります。

     (注記:自然に出来事が起こるには、内面にある制御の欲求を手放します。制御したい欲求と、制御されたい欲求に気づいて手放します。)

When we run out of ideas, “Fate steps in and sees us through” as the song “When You Wish Upon a Star” says.
Holding on to trying to manipulate things is just a program, a subconscious tendency from the past.
Lester always cajoled me to let go of the need to control (with the Method), and my goal will just drop in.
It is sooo nice whenever I have experienced this effortless creation. Why? Because one really feels the Self. Beingness, God.
Our real nature is Infinite, and we get a peak at it at times like this. Our usual choice is to ID with our limited self from bad habits.

     私たちが、考えを使い果たしたとき、「あなたが星に願いをするとき (注:星に願いを)」という歌のように、「運命は私たちを通り抜けて、私たちを通して見る」と言います。

    注記:When You Wish Upon a Star:星に願いを
     ウォルト・ディズニーの長編アニメ映画、一作目となる「白雪姫」が、1937年に公開された。そして、3年後、1940年に、二作目となる「ピノキオ」が公開された。これは、イタリアの作家、カルロ・コッローディの童話「ピノッキオの冒険」を映画化したものである。

    When You Wish Upon A Star first appeared in Walt Disney’s adaptation of Pinocchio in 1940.
     「星に願いを」は、1940年にウォルト・ディズニーの、ピノキオの作品に初めて登場しました。

    “When You Wish Upon a Star” is a song written by Leigh Harline and Ned Washington for Walt Disney’s 1940 adaptation of Pinocchio.
    The original version was sung by Cliff Edwards in the character of Jiminy Cricket, and is heard over the opening credits and in the final scene of the film.
    More at Wikipedia

     「星に願いを」は、1940年にウォルトディズニーが、ピノキオ (Pinocchio) を採用した時に、リー・ハーライン (Leigh Harline 注:作曲) とネッド・ワシントン (Ned Washington 注:作詞) によって書かれた曲です。

     オリジナルバージョンは、ジミニー・クリケット (Jiminy Cricket 注:コオロギ) のキャラクターで、クリフ・エドワーズ (Cliff Edwards 注:ミズーリ州マリオン郡出身の歌手、ウクレレ奏者でもあり、ボードビリアン、ジャズシンガー、声優というエンターティナーだった。) によって歌われたもので、オープニングクレジットや映画の最終シーンで聞かれます。
    – ウィキペディアの詳細 より

    When You Wish Upon A Star
    Disney – Magic of Disney

    When you wish upon a star
    Makes no difference who you are
    Anything your heart desires
    Will come to you

    If your heart is in your dream
    No request is too extreme
    When you wish upon a star
    As dreamers do

    Fate is kind
    She brings to those to love
    The sweet fulfillment of
    Their secret longing

    Like a bolt out of the blue
    Fate steps in and sees you through

    When you wish upon a star
    Your dreams come true.

    (上記のgoogle 翻訳)
    星に願いをするとき
    あなたが誰であるかに違いはありません
    あなたの心が望む何でも
    あなたに来ます

    あなたの心があなたの夢の中にあるなら
    極端な要求はありません
    星に願いをするとき
    夢想家がするように

    運命は親切です
    彼女は愛する人にそれらをもたらします
    その甘い充実感
    彼らの秘密の憧れ

    愁いから飛び出したような
    運命に踏み込んであなたを見通す

    星に願いをするとき
    あなたの夢は叶います。

    More at MetroLyrics より


    星に願いをかけるとき
    君が誰でも関係ないさ
    心を込めて望むなら
    きっと願いは叶うはず

    もし君が心から夢見ているなら
    欲張り過ぎなんてないさ
    夢追人がするように
    叶わぬ願いなどないはず

    運命は優しいから
    愛ある人に届けてくれてくれる
    愛し合う二人の秘密の願いを
    素敵に叶えてくれるはず

    突然光る稲妻みたいに
    運命はやって来る
    星に願いをかけるとき
    君の夢は叶えられるはず

    参考サイト
    When You Wish upon a Star (星に願いを) 〜ディズニー映画の劇中歌として生まれた、世界で最も有名なスタンダードナンバー|TAP the NEWS|TAP the POP
    http://www.tapthepop.net/news/73802

     物事を操作しようと、し続けているのは、単なるプログラムです。潜在意識の過去からの傾向です。

     レスター (Lester) は、いつも (方法を使って) 制御 (control) する必要性を手放すために、私を落ち着かせた 。そして私の目標は、意志で立ち寄る (落ちる) だけです。

     私が、この楽な創造を経験したときは、いつでもすごく素敵 (いい) です。 どうして?人は本当に自己を感じるからです。存在、神。

     私たちの本当の性質は無限です。このようなときに、ピークに達するのです。私たちの通常の選択は、悪い習慣から、私たちの限られた自己と同一視することです。

Lester told me that if I just let go all my wanting, everything would just drop into my lap.
Effort implies ego. No ego, Self. But I want it MY way.

Sorry, you can’t be like Frank Sinatra in this stuff. He might have been Chairman of the Board in his life, but I am speaking of the REAL Chairman.
I have experienced miracles many times since I have been releasing. Some have saved my life and my former wife’s also.

     レスターは、私がちょうど私の欲求 (欲しいもの)、すべてを手放すならば、すべてがちょうど私の膝に落ちるでしょう。と教えてくれました。

     努力は、自我を意味します。自我 (エゴ) じゃなくて、自己。しかし、私は欲しいです。それは、私のやり方です。

     申し訳ありませんが、この点では、フランク・シナトラ (Frank Sinatra) のようにはなれません (ようにすることはできません)。

     彼は彼の人生で、委員会の主催者 (Chairman of the Board:委員会の議長) を、務めていたかもしれませんが、私は本当の主催者 (the REAL Chairman:本当の議長) について話しています。

     リリースしてから何度も奇跡を経験しました。いくつかは、私の人生を救いました。そして、私の元妻もそうです。

Some have been more tame. I will admit it took a lot of releasing to get to that “no wanting” state, but it was worth the trouble.
The great Indian Master Nisargadatta stated,
“Break the wall your mind has built around you. Trust me. You will not regret.” (I Am That). That wall is mortared with wants and resistance.
More about that program later.

     もっと使い慣れている人もいます。私はそれが、その「欲しくない」状態に到達するのに、多くのリリースを要したことを認めます。しかしそれは、トラブルに値するものでした (トラブルの価値がありました)。

     偉大なインドのマスター、ニサルガダッタ (Nisargadatta:ニサルガダッタ・マハラジ) は、述べています。
     「あなたの心が、あなたの周りに構築した壁を破りなさい。私を信頼してください。あなたは後悔しないだろう」。(私は《それ》である)。あの壁は、欲求 (欲望) と抵抗で迫撃 (注:mortared:迫撃砲から発射された砲弾で攻撃または砲撃する。) されている。

     そのプログラムについては、後で詳しく説明します。

S. Seretan – About the Author:

Stephen Seretan is the author of Lester and Me about his 11 years of friendship and conversations with Master, Lester Levenson.
He teaches Lester’s original KISS Releasing Method and supports Sedona Method grads at www.LesterandMe.com.

    S. Seretan – 著者について:

     スティーブン・セレタン (Stephen Seretan) は、レスターと私 (Lester and Me) の著者です。彼の11年間の友情と、そしてマスター、レスター・レヴェンソンとの会話について。
     彼は、レスターのオリジナルの KISS 解放メソッド (KISS Releasing Method) を教えています。そして、www.LesterandMe.com で、セドナメソッドの卒業生をサポートしています。

    Kiss Releasing System www.LesterandMe.com
    http://www.kissreleasingsystem.com/

● lester_levenson – 記事一覧 ●

http://add-spot.com/wordpress/tag/lester_levenson


スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »