レスター・レヴェンソンの自由への道を解放する-9

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


レスター・レヴェンソンの自由への道を解放する-9

Robert C. Worstell 博士による解説

 Robert C. Worstell 博士は、35年以上にわたって人間の状態を調査してきました。 “Freedom Is” は、彼の最後の自己啓発の本です。彼の最新の研究については、彼のブログを訪れてください。。

    On an afternoon’s walk at my parent’s farm, accompanied by the two family dogs, I had an epiphany which changed my life.

     私 (Robert C. Worstell 博士) の両親の農場で、午後2時、家族の2匹の犬を連れて歩いたとき、私は人生を変えた、エピファニーを経験しました。

    注記:epiphany:エピファニー、閃き (ひらめき)
    the manifestation of Christ to the Gentiles as represented by the Magi (Matthew 2:1–12).
    マギ (magi) に代表される異邦人へのキリストの現れ(マタイ2:1−12)。
     magiとは、(キリスト降誕の時、贈り物を持ってきた) 東方の三博士。

 このような方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。

レスター・レヴェンソンのゴール設定の説明

 Robert C. Worstell 博士による解説を、理解するための参考資料です。
 ラリー・クレイン (リリーステクニック) の手記からです。

 

バッド・メソッド

 レスター・レヴェンソンのオリジナルの方法 (セドナメソッド) は、バッド・メソッドとも呼ばれます。

 ゴールを設定して、そのゴールを毎日見ることで、磁石のように潜在意識にある、全ての反目する抵抗を引き寄せます。そして、それが意識に浮上します。

 押し潰されるような気分になるかもしれません。良い気分を感じないかもしれません。

 この感情を全て、受け入れます。受け入れることを、許可します。
 その感情を手放します。
 次に、その感情に関連した欲求を探します。
 その欲求を手放します。

ゴールを設定 
ラリー・クレインの例:

“I allow myself to do absolutely nothing except release and have a wonderful abundant life with ease.”

 「私は、自分自身が、開放以外のことは一切しないで、簡単に、楽しく豊かな人生を送ることを許可します」

内容の説明:
 「解放以外には、一切なにもしないようにする。そして簡単に、素晴らしい豊かな生活をしています」。

 注:「一切、何もしないようにする」。これは、解放することに、集中します。
 テレビを見たり、飲食や娯楽に使う時間を減らして、開放に時間を使います。
 日常の仕事は、普通にこなします。空いた時間を利用して、開放をします。

 注:「素晴らしい豊かな生活をしています」は、予期を感じます。

注記:
 目標の設定では、時間と空間を「今すでに実現して体験している」という前提にします。過去の体験でも、未来の体験でもなく、今現在の決定している内容にします。

 シルバメソッドでは、「願望・確信・予期」の予期が重要です。この予期は、必ずそれが起きることがわかっている感覚の状態です。例えとしては、「商品を注文して、それが確実に届くのがわかっている時」などです。

Lester clearly states once you have released you simply focus on your goals and they almost instantly or at least very quickly come into being.

     レスターは、あなたが開放した後の状態について、はっきり述べている。あなたは、単にあなたの目標に焦点を当てます。そして、それらはほとんど瞬時に、あるいは、少なくとも非常に早く存在するようになります。

In “The Abundance Book” by Larry Crane he mentions that Lester explained to him if you really want your business to thrive just go home and do nothing but release.

     ラリー・クレインの「豊かさブック (The Abundance Book)」で、彼はレスターが、彼に説明したことに言及します。あなたが本当に、あなたのビジネスを繁栄させたいのなら、ただ家に帰りなさい。そして、解放する以外に何もしない。

Crane had a hard time believing this but he trusted Lester and gave it a try. He states it worked like magic and beyond his dreams.

     クレインは、これを信じるのに苦労しました。しかし彼は、レスターを信頼して試しました。 彼はそれが魔法のように、そして、彼の夢を超えて働いたと述べている。

内容の説明:
 注:「非常に早く存在するようになります」。これは、潜在意識にあった抵抗が解放されると、「自分が内面で制限していた前提条件」が消えて、自然に起きることが起きるようになります。自然な状態は、無限で完全で完璧です。抵抗が消えると、自然な状態が現れるようになります。

 注:「ただ家に帰りなさい。そして、解放する以外に何もしない」。これは、対外的に働きかけることはしないで、内面の反目する抵抗を解放することに集中します。内面の反目する抵抗がある状態で、対外的に働きかけると、根本的な問題は消えていないので、次々と問題を起こします。

 注:「レスターを信頼して試しました」。ニサルガダッタ・マハラジは、「師を信頼してください」。と言っています。全ての仕事は、「信頼」が前提になっています。例えば、食事は「信頼」が前提になっています。食事をする前提に、安心、安全、美味しいなどの信頼があります。

All you do is set a releasing goal statement – such as:

     あなたがするのは、解放する目標声明を設定することだけです- 例えば:

“I allow myself to have an extra $10,000 this month with ease.” (Notice the word “allow” it’s a powerful word because to allow, you do not have to do anything, just allow it, let it happen.)

     「私は、今月は簡単に、自分自身に余分な (追加の) 1万ドルを持つことを許可します」(注:$ 10,000:1万ドル:約100万円)。(「許可する」という言葉は強力な言葉です。あなたは何もする必要はありません。それを許可して、それを実現させてください (それを起こらせる)。)

You either write the goal or just say it to yourself… then look for whatever “stream of consciousness” beliefs come to mind.

     あなたは、目標 (ゴール) を書くか (書いたり)、あるいは自分自身に、それを言うかのどちらかです。それから何でも、「意識の流れ」で、信念が頭に浮かぶのを探しなさい (探します)。

When you write or say your goal thoughts that come up are usually “I can’t” beliefs. Any thought, other than the belief of, “YES, I feel like I already have the $10,000 dollars” is what’s called an “I can’t” belief.

     あなたは、あなたの目標の考えを書いたり、言うとき思いつくのは、たいてい「できない」という信念です。「はい、すでに1万ドルを、持っているような気がします (ように私は感じる)」という信念以外の考えは、「私はできない」という信念です。

内容の説明:
 注:「持つことを許可します」。これは、許しになります。自分にしている制限を消します。「許可する (allow)」という言葉は、それができるようにするための強力な言葉です。

 注:「信念が頭に浮かぶのを探しなさい (探します)」。これは、識別になります。潜在意識で活動していた、隠れていた内面の抵抗 (条件付けしていた前提、制限) が、意識に上がってきます。

 注:「持っているような気がします (ように私は感じる)」これは、予期になります。内面に在るのを感じています。内面の抵抗 (条件付けしていた前提、制限) が消えると、自然の状態 (本来の状態、無限、完全、至福、愛) が現れてきます。

Typically, your “I can’t” beliefs may include:

     通常、あなたの「私はできません」という信念には、次のようなものがあります。

“How am I going to make an extra $10,000 dollars this month – I can barely afford the rent?”

     「今月、どうすれば余分な1万ドルを稼ぐことができるでしょうか。 – 私は、かろうじて家賃を払う余裕ができますか?」

“I haven’t got enough clients, I need more clients?”

     「私は、十分な顧客がいないのですが、もっと顧客が必要ですか?」

“I’ll have work like crazy putting in extra hours at the office this month to make anywhere near that kind of money.”

     「今月は、どこでもちょっとしたお金を稼ぐために、オフィスで余分な時間を入れて、狂ったように仕事をするつもりです」。

“Are you kidding! I’ve never even had that much money in my life!”

     「冗談ですか!私の人生に、それほど多くのお金を、持っていたことさえない!」

“I’m not sure this is even possible. There must be more to it than this.”

     「これが可能かどうか、私にはわかりません。これ以上のものが、あるはずです」。

And so on. You’re probably having other “I can’t” beliefs coming up right now, right off the top of your head.

     そしてそう。あなたは、おそらく他のを (別のを) 持っています。「私にはできない」という信念が、頭のすぐてっぺんに今起きている。

What do you do next?

It’s easy:

Once you’ve become conscious of these “I can’t” beliefs – “dissolve” them (erase them)!

     あなたは、次に何をしますか?

     それは簡単です:

     あなたがこれらの、「私はできない」という信念を、意識するようになったら (意識し始めたら) – それらを「消失する」(それらを削除する)!

It’s that simple.

Then… suddenly… as if by “magic”… the damn will break and….

     それは、とても簡単です。

     それから…突然…「魔法」のように (によるかのように) ……いまいましいが壊れます。そして….

What you set out in your goal statement will naturally “Click” Into place and you have financial abundance.

     あなたが、あなたの目標声明 (目標文) で述べたものは、あなたが自然に、所定の場所に「クリック」します。そしてあなたは、経済的豊かさを持っています。

● lester_levenson – 記事一覧 ●

http://add-spot.com/wordpress/tag/lester_levenson


スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »