レスター・レヴェンソンの奇跡と自然の法則-2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


レスター・レヴェンソンの奇跡と自然の法則-2

「潜在能力開発法 ホセ・シルバ著」より

 レスター・レヴェンソンの「心を超えた領域へ入る」ための、参考資料です。「潜在能力開発法 ホセ・シルバ著」より、抜粋です。

     この瞑想のレベル、つまりアルファ・セータ・レベルでは、自分のマインドは原因と結びついているからである。これに対してベータ・レベルではむしろ結果に関係している。従ってアルファレベルで確信を持って視覚化したものは、結果もそのとおりになる。

 このような方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。

心を超えた領域へ入る

 レスター・レヴェンソンの「心を超えた領域へ入る」ための、参考資料です。「潜在能力開発法 ホセ・シルバ著」より、抜粋です。

 

アルファレベルで確信を持って視覚化する

 (注:脳波の)アルファレベルで確信を持って視覚化したものは、結果もそのとおりになる。

「潜在能力開発法 ホセ・シルバ著」

第14章 マインドコントロールを利用した人助け
P130 より
 今映し出されてる幸福な姿こそ本当の姿なのだ、よくなりつつあるとか、いずれよくなるだろうと言うのではない、よくなっているのだ、と言う確信を生み出すこれは決定的な瞬間である。
 なぜならばこの瞑想のレベル、つまりアルファ・セータ・レベルでは、自分のマインドは原因と結びついているからである。これに対してベータ・レベルではむしろ結果に関係している。従ってアルファレベルで確信を持って視覚化したものは、結果もそのとおりになる。
 「そのとおりだ」を「そうなるだろう」と、けっして未来系で考えないことだ。

注記:
最も最新のシルバ直感システム
シルバ直感システムによる、シータレベルメンタルプログラミング

あなたが眠りに落ちるように毎晩、あなたの直観的な感覚の最高峰を体験している。

毎秒7サイクル – この時点で、あなたの脳波を4 (サイクル) に減速する。
飛躍的にリラクゼーションして、癒し、創造性と直感のためのあなたの能力が増加する。

    脳波の状態:脳波の周波数 に関連付けられている
    ベータ (波):1秒間に、14から21あたりのサイクル (CPS):高い覚醒状態、五感。時間と空間の感覚がある。(注:普段の目が覚めて活動している状態の脳波です。)
    アルファ (波):1秒間に、7から14あたりのサイクル (CPS):浅い眠り、瞑想、直感。時間 (TIME) & 空間 (スペース) の制限がない。(注:集中して活動している状態の脳波です。)
    シータ (波):1秒間に、4から7あたりのサイクル (CPS):より深い眠り (スリープ)、瞑想。(注:寝ているときに夢を見ている状態の脳波です。)
    デルタ (波):1秒間に、0から4あたりのサイクル (CPS):深い眠り。 あなたは (注:脳波が) デルタの状態では意識がない。(注:通常の意識はなくなり、創造の源の状態の脳波です。)

 この状態は、 心のシータレベルと呼ばれ、科学はそれが手の届くところに横たわっている無限の超能力の可能性を解き放つための鍵と私たち一人一人を保持していることを証明しています。

 ここでの唯一の問題は、…
「あなたが無意識であれば、どのようにそれを活用していますか?」

 50年前、私の父ホセ·シルバ – 世界的に有名なシルバメソッドの創始者 – は、衝撃的な発見をした。

 

常に成果を得る能力を持ったインストラクター

 私はある一人のインストラクターに本当に注目しました。なぜなら、彼女はシルバの「プログラミング」を通して、右に出るものがいないくらい常に成果を得る能力を持っていたからです。

 彼女が、物事が起こるように意図すると、偶然が重なり、意図したようになるのです。それも常に・・。

 私は彼女に会いに赴き、彼女が彼女自身と他の人達のために、いかにしてシルバ・メソッドの道具を効果的にしているのかを直接見るために数ヶ月間を費やしました。

 なぜ彼女はこのように素晴らしい結果を常に得ているのかが分かるまでにしばらく時間がかかりました。しかし私は1つだけ他のインストラクターと違う事を行なっている事に気づいたのです。

 これからそれをお伝えしようと思いますが、まずは、その背景となる事を少し書きます。

 ウイン・ウェンガーはイメージ・ストリーミングと呼ばれるテクニックを開発したシルバの卒業生です。イメージ・ストリーミングはあなたの脳の様々な領域を「目覚めさせる」方法で、それによってあなたは思うままに天才のような問題解決方法を生み出します。もし信じられないなら、自分自身で試してみるまで判断を待ってください。その結果は驚くべきものになる可能性があります。

 脳の異なる領域を同時に使うという事は、立体映画を見に行き、3Dメガネの左右を通して立体映画を見るようなものです。

 脳のたった1つの部分だけを使うという事は、立体映画のスクリーンを1つのレンズを通してみるようなものです。もしたった1つのレンズ (目) を通してみると、ぼんやりと見えるでしょう。

 もし、もう一方の目を通して (もう片方の3Dメガネのレンズ) 見ても、同じようにぼんやりと見えるでしょう。しかし、3Dメガネの左右のレンズを通して、左右の目を同時に使うと、スクリーンからものが飛び出すように見えるのです。

 言葉を換えて言うと、部分の総体以上のものなのです。

 それと同じように、もしあなたが目標を生み出すことを考えるなら、「創造的視覚化」(を行なったとしましょう) を脳の1部分を使い行なったら、あなたは何らかの結果を得られます。

 「アファメーション」を行なうために、あなたが脳の他の部分を使ったとしましょう。あなたは何らかの結果を得ます。

 又、脳の別の部分を使って、メンタル・リハーサルを行なったとしましょう。(実際は、脳の部分を連続して使うのですが) それでも、あなたはある結果を得られるでしょう。

 さあ、あなたが上記の脳の部分を同時に使った時、ただ1つのテクニックを使った時以上の驚くような結果を得るのです。

 

視覚化している事を声に出して述べる

 しかし、この事が望む現実を生み出すことにどのような関係があるのでしょうか?

 意図した事をプログラミングすることによって素晴らしい結果を得ているシルバ・インストラクターの事を思い出して下さい。

 彼女が行なっていて、他のシルバ・インストラクターや卒業生達が行なっているとは私が認められなかった事は何だと思いますか?

 彼女はプログラミングを行なっている間、視覚化している事を声に出して述べていたのです。

 そうです。シルバの受講生達はイメージ・ストリーミングのようなタイプのプロセスを通して、直観を受け取るためのエクササイズを行ないます。そして、ウェンガー博士のテクニックは問題解決法やアイディアを心の深い部分から生み出す素晴らしい方法です。 しかし、このインストラクターが行なったことは、同じ原則を、彼女が選んだ目標を現実化しようと意図して視覚化するのに用いたのです。

 彼女は、私が同席していた時、彼女のオフィスのスタッフ (1人はオフィス・マネージャーで、もう1人は秘書、私は客として同席) と共にレベルに入ったので、彼女がいつも次に行なう手順は、彼女が視覚化している間、彼女の意図していることを話すことだったと知ったのです。そして聞いている人がいたので、彼女はその人達に視覚化していることを述べていたのです。

     聞いている人の存在 (その代わりとしてテープレコーダー) は、あなたの描写のやり方に影響を与えます。それによってイメージ自体の詳細や明確さや質にも影響を与えるのです。これが聞く人やテープレコーダーが重要な理由なのです。

 この事が、彼女の「プログラミング」を本当に効果的にしているのだと、どのようにして私がその関係に気づいたのかをお話しします。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »