必要なときに必要なことを顕在化する方法 (レスターが行ったように)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


必要なときに必要なことを顕在化する方法 (レスターが行ったように)

レスター・レヴェンソン の話から

 レスター・レヴェンソン の話から

 ヘイル・ドゥオスキンが、質問に答えている手紙から抜粋します。

    How to Manifest What You Need, When You Need It (Like Lester Did)
    必要なときに必要なことを顕在化する方法 (レスターが行ったように)

 このような方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。

必要なときに必要なことを顕在化する方法 (レスターが行ったように)

 ヘイル・ドゥオスキンが、質問に答えている手紙から抜粋します。
 

How to Manifest What You Need, When You Need It (Like Lester Did)

 あなたがそれを必要なときに、必要なものを顕在化する方法 (レスターが行ったように)

How to Manifest What You Need, When You Need It (Like Lester Did)


    “We should start with the first step, consciously controlling matter. Whether we are aware of it or not, everyone is controlling matter all the time. Whether one wants to be a demonstrator or not, he is. It is impossible not to be a creator all the time.

      “Everyone is creating every day. We are not aware of it, because we just don’t look at it. We have demonstrated or created everything we have! Every thought, every single thought, materializes in the physical world. It’s impossible to have a thought that will not materialize (except that we reverse it).

        “If we think the opposite right after we have a thought, with equal strength, we neutralize it. But any thought not reversed or neutralized will materialize in the future, if not immediately. So this thing of demonstration that we are all trying so hard to accomplish, we are doing all the time, unconscious of the fact that we’re doing it. All we need to do is to direct it consciously, and that we call demonstration.

          “Everything that everyone has in life is a demonstration.

          It couldn’t come into our experience had we not had a thought of it at some time prior.

          If you want to know what your sum total thinkingness is, look around you.

          It has determined exactly what you now have. It is your demonstration!

            「誰もが、人生で持っているすべてのことは、デモンストレーション (実演、証明) です。

             私たちは、前にいくつかの時間で (それ以前には)、それの考えを持っていなかったことは、私たちの経験に、来る (入る) ことができませんでした。

             あなたの思考のすべて (思考パターンのすべて) が何であるか知りたいのなら、あなたの周りを見渡してください。

             それはあなたが、今持っているものを正確に決定しました。 それは、あなたのデモンストレーション (実演、証明) です!

          “If you like it, you may hold it. If you don’t, start changing your thinking.

          Concentrate it in the direction that you really want, until those thoughts become dominant over the subconscious thoughts;
          and when you begin consciously to demonstrate small things, you may then realize that the only reason why they are small is because you don’t dare to think big.

             「あなたがそれを好きなら、あなたは、それを保持する (持つ) ことができます。あなたがそうでなければ、あなたの思考を変え始めてください。

             潜在意識の考えよりも、それらの考えが支配的になるまで、あなたが本当に望む方向に集中してください。
             そしてあなたが、意識的に小さいことを実演し始めるとき (あなたが、小さなものを証明するために、意識的に開始したときに)、あなたは、それからその唯一の理由 (それらが小さい理由) は、あなたが大きく考えることをあえてしないからであるということを理解するかもしれません。

             注:小さいのは、あえて大きく考えようとしないからです。

          “The exact same rule or principle that applies to demonstrating a penny applies to demonstrating a million dollars.

          The mind sets the size.

             「ペニーの実演に適用されるのとまったく同じ規則または原則が、100万ドルの実演にも適用されます。

             心は、サイズを設定します。

             注:penny ペニー:1セント硬貨
             a one-cent coin equal to one hundredth of a dollar.
             1セント硬貨は、100分の1ドルに相当します。

          “Anyone who can demonstrate a dollar can demonstrate a million dollars.

             「1ドルを実演できる人なら誰でも100万ドルを実演できます。

             注:demonstrate 証明する、実証する、実演する

          “Become aware of the way you are demonstrating a one-dollar bill and just increase it next time to a much larger amount.

          Take on the consciousness of the million, rather than the one-dollar bill.

             「あなたが、1ドルの請求書を示している方法を知ってください (あなたは、1ドル札を実証 (証明) している方法に気づく)。そして今度は、それをはるかに大きい量に増やすだけです。

             1ドル札ではなく、百万の意識を引き受けましょう。

          “The material world is just an out-projecting of our minds into what we call the world and bodies.

          And when we realize that it is just an out-projecting of our minds just a picture out there that we have created we can very easily change it, even instantly, by changing our thought!

             「物質的な世界は、私たちが、世界と身体と呼ぶものに、私たちの心を投影するだけのものです。

             そして、私たちが創造したのは、私たちの心の単なる投影図であることに気づいたとき、私たちは、考えを変えることによって、即座にでもそれを変えることができます (それを非常に簡単に変えることができます)!

          “So, to repeat: everyone is demonstrating, creating, every moment what he or she is thinking. You have no choice.

          You are a creator, so long as you have a mind and you think.

             「それで、繰り返します:誰もが、実証 (証明) しています。一瞬一瞬、彼または彼女が、考えているものを作成 (創造) しています (彼または彼女が考えているもの、すべての瞬間を作成 (創造) しています)。あなたは、選択の余地がありません。

             あなたが、心を持っていて、考える限り、あなたは創造主 (作成者) です。

          “Now, to get beyond creation, we must go beyond the mind. Just beyond the mind is the realm of perfection where there is no need for creating.

          There is a higher state than creation. It’s the state of Beingness, sometimes called awareness or consciousness.

          That state is just behind the mind. That’s beyond creation.

             「さて、創造を超えるためには、私たちは、心を超えて行かなければなりません。
            心の向こうには、作成する必要がない、完璧の領域があります。

             創造よりも高い状態があります。それは、存在の状態です。時々、気づきや意識と呼ばれることもあります。

             その状態は、ただ心の後ろにあります。 それは、創造を超えています。

          “The mind finds it very difficult to imagine what it’s like beyond creation, because the mind is involved constantly in creating.

          It’s the creating instrument of the universe and everything that happens in the world.

          So, if you take this thing called mind, which instrument is only a creator, and try to imagine what it is like beyond creation, it’s impossible.

          The mind will never know God or your Self, because you have to go just above the mind to know God, your Self.

             「心は創造を超えて、それがどんなものであるかを想像することは、非常に難しいと思います。心は常に、創造に関わっているからです。

             それは、宇宙と世界で起こるすべてのものの、創造の道具です。

             ですから、あなたがこの心ということを考えれば、この道具は、単なる創作者 (作成者) です。そしてそれが、創造を超えたものであることを想像しようと試みる、それは不可能です。

             心は、神やあなたの自己を決して知りません。なぜなら、あなたは神、あなたの自己を知るために、心のすぐ上に行かなければならないからです。

          “To know the infinite Being that you are, to know what it’s like beyond creation, you must transcend the mind. The final state is beyond creation. It is the changeless state. In creation, everything is constantly changing, and therefore the ultimate Truth cannot be there.

             「あなたは、無限の存在を知るためにいます。それが、創造を超えたものであることを知るためには、あなたは、心を超越しなければなりません。

             最終的な状態は創造を超えています。 それは変わりのない状態です。

             創造においては、すべてが絶えず変化しているので、究極の真実はそこにはあり得ません。

          “So, to demonstrate what one wants, one needs to become aware of the fact that all we need to do is to think only of the things that we do want, and that is all that we would get, if we would do just that. Think only of the things you want, and that’s what you’ll be getting all the time, because the mind is only creative. Simple, isn’t it?

            「だから、欲しいものを実証 (証明) するために、自分がしなければならないことは、自分がやりたいことだけを、考えることであるという事実に、気づく必要があります。そして私たちはそれを行うならば、それが私たちが得ることのすべてです。

             あなたが欲しいものだけを考えてください。そしてそれは、あなたが常に得ているものです。心が創造的であるだけなのです。 簡単ですね。そうではありませんか?

          “Also, take credit for creating all the things that you don’t like. Just say, “Look what I did.”

          Because when you become aware that you’ve created things that you don’t like, you’re in the position of creator, and if you don’t like it, all you have to do is to reverse it, and then you’ll like it.

          [Lester did not believe this applies to affecting the outcome of another’s life or circumstances.]

             「また、あなたが好きではないすべてのものを、創ったことを称賛する。ただ、「私がしたことを見なさい」と言います。

             あなたは、あなたが好きではないものを作成したことに気付いたとき、あなたは作成者の位置 (立場) にいるので、あなたが、それを好きではない場合や、あなたがしなければならないすべては、それを逆にすることだけです。そして、あなたはそれを好きになるでしょう。

            [レスターは、これが他人の人生や状況の結果に、影響を与えることにも適用されると信じていませんでした。]

          “After you can master matter by consciously creating that which you want, then master your mind and get beyond it. Any questions?”

             「自分が欲しいものを、意識的に作り出すことで、問題をマスター (習得) できるようになった後、それから、あなたの心をマスター (習得) し、そして、それを超えてください。
             何か質問はありますか?」

          End


          スポンサーリンク

          • このエントリーをはてなブックマークに追加

          SNSでもご購読できます。

          コメントを残す

          *

          Translate »