レスター・レヴェンソンの全責任を負います-1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


レスター・レヴェンソンの全責任を負います-1

TAKE FULL RESPONSIBILITY

 レスター・レヴェンソンの「TAKE FULL RESPONSIBILITY (全責任を負います)」。このセッションは、1967年2月10日に、セドナで記録された記録からの抜粋です。

    TAKE FULL RESPONSIBILITY
    全責任を負います

 このセッションでレスターは、「あなたは、全責任を取る必要があります。そうしないとあなたは、今までの混乱から抜け出す可能性はありません。もしあなたが、その原因を、あなた以外の何かであると考えているならば、それは真実ではない。あなたはその混乱から、抜け出すことはできない」と、話しています。

 このような方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。

レスター・レヴェンソンの全責任を負います

TAKE FULL RESPONSIBILITY
全責任を負います

 

あなたは、全責任を取る必要があります

Q: Well, I don’t know. I think it is unconscious control.
Q:ええ、わかりません。 私はそれが無意識のコントロールだと思います。

Lester: It’s your unconscious. Can you remember right now things that happened yesterday that you’re not conscious of? What did you have for breakfast yesterday!

     レスター:それは、あなたの無意識です。あなたは、今あなたが、意識していないという、昨日の出来事を、今、覚えていますか?
    昨日の朝食はどうでしたか。

Q: Oh, ham and eggs!
Q:ああ、ハムと卵!

Lester: All right, a minute ago that was unconscious, and now it is up in your consciousness, right?

Do you have control of your unconscious? Can you pull things up from it? You did just then!

    レスター:
     ほんの少し前に、それは無意識でした、そして今、それは、あなたの意識で起きていますね。

     あなたは、あなたの無意識の支配権を持っていますか? そこから、物事を引き出すことができますか?あなたは、ちょうどその時やりました!

Q: But, you see that does not have any emotional im­pact, what I had for breakfast.
Q:しかし、あなたはそれが、感情的な影響を何も及ぼさないことを見ます。私は、朝食のために持っていたものです。
Lester: It had a good emotional impact. You showed you liked it. However, it does not matter whether there is emotional impact.

What matters is the desire to pull up something from your unconscious.

     レスター:それは良い感情的な影響を与えました。 あなたはそれが好きでした。しかし、感情的な影響があるかどうかは、問題ではありません。

     重要なのは、あなたの無意識から、何かを引き上げたい (引き出したい) という願望です。

Q: But you triggered her bringing it up. She wouldn’t have brought that up otherwise.
Q:しかし、あなたは、彼女にそれを起こさせた。彼女は、そうでなければ、持ってこなかったでしょう。

Lester: Yes, but so can she. She wanted to. If she had not wanted to she just wouldn’t have remembered.

Pleasant things are easy to bring up and unpleasant things are difficult be­cause we have little desire to bring up the unpleasant.

     レスター:ええ、でもそうです。 彼女はやりたかった。彼女が望んでいなかったならば、彼女はただ思い出せなかったでしょう。

     私たちは、楽しいものは、育てるのが簡単です。不愉快なものを育てるという欲求はほとんどないので、不快なことは困難です。

Q: Do you have to go through this phase of clearing up the unconscious before you can accept the theory that you are un­limited?
Q:あなたは、無制限であるという理論を受け入れる前に (受け入れることができる前に)、無意識を一掃する (片付ける)、この段階を経なければなりませんか?

Lester: It is necessary in the beginning and it also makes for rapid progress. Later, after much progress, you can will it out.

There are basically two ways of growing: one is eliminating the mind, the subconscious; the other is putting in the posi­tive, seeing who and what you are.

     基本的に、2つの成長方法があります。一つは、心、潜在意識を排除することです。もう一つは、ポジティブの状態に移動または配置して (putting in the posi­tive,)、あなたが誰で、何をしているのかを見ます。

    注:putting:move to or place in a particular position.
      特定の位置に移動または配置する。

Q: When you put in the positive doesn’t the opposite seem to take effect?
Q:あなたは、ポジティブになると、反対ではない効果があるようですか?

Lester: Sometimes. However, when you see your real Beingness you’ll scorch the opposite.

You’ll say, “That’s ridicu­lous to remain miserable, sick, unhappy, etc.” and you’ll begin to scorch it.

There is a tendency in the direction you’re asking.

If I say “hot” you think of “cold,” right? If I say “up” it implies “down.” That is in the nature of thought itself.

But I wouldn’t use that to imply that we can’t wipe out the negative by seeing the pos­itive that we are, because we can.

     レスター:時々。 しかし、あなたが、あなたの本当の存在を見たとき、あなたは反対に焦がすでしょう。

     あなたは、「悲惨、病気、不幸などにとどまるのは、ばかげている」と言うでしょう。そしてあなたは、それを焦がし (こがし) 始めます。

     あなたが、求めている方向への傾向があります。

     私が「暑い」と言ったなら、あなたは「寒い」と思いますよね?私が「上」と言った場合、それは「下」を意味します。それは思考自体の本質です。

     しかし、それは私たちができるという、ポジティブを見ることによって、ネガティブを消すことができないということを、意味するのではありません。

Q: Well, I don’t know. You see, at the hospital I went around trying to use light, love and peace because I thought that these were the ‘things that were essential.

And it seemed like the more I tried to dwell on light, love and peace the worse things got.

 Q:ええ、わかりません。分かりますか。病院で私は、光、愛、そして平和を使おうと試みましたが、これらが、本質的なものであると思ったからです。

 そして、それは次のように思えました。私は、愛と平和、光に住むことを試みましたが、さらに悪いことになった。(そして、それは次のように見えました。私が、光、愛、そして平和の上に住もうとするほど、悪いことが起こりました。)

Lester: Love is something that can’t be turned on and off.

Either you’ve got it or you haven’t. If you have love you may say horrible things to people and they don’t mind it.

So this thing called love isn’t something we can turn on and off like a faucet. We can only express it to the degree that we have it.

Now, if you have love for these people you would want them to have what they want.

     レスター:愛は、オンとオフを、切り替えることができないものです。

     あなたは、それを持っているか、持っていません (あなたは、それを持っているか、いないのどちらかです。)。あなたは、愛を持っている場合は、人々に恐ろしいことを言うかもしれません。そして、彼らはそれを気にしません。

     だから、愛と呼ばれるこの事は、我々は、蛇口のように、出したり・止めたりできるものではありません。私たちは、それを私たちが持っている程度に、それを表現することができます。

     今、あなたが、これらの人々に愛を持っているなら、あなたは彼らに、彼らが望むものを持ってほしいと思うでしょう。

Q: So what I’m doing is playing an ego game?
Q:だから、私がやっているのは、遊んでいるのは、自我のゲームですか?

Lester: Yes. Can you see it? When you see it, that’s good. Then you will, I hope, let go of it.

     レスター:はい。 あなたはそれを見ることができますか? あなたが、それを見たとき、それは良いことです。 それならあなたは、それを手放すでしょう。

Q: By the way, you mentioned before that by bringing up the subconscious you could eliminate karma. How?
Q:ところで、あなたは前に述べました。その潜在意識を育てることにより、カルマを排除できます。 どうやって?

Lester: Karma is in the thought, not in the act.

When you do something, it’s the thought that’s carried over in the sub­conscious that instigates the act next time.

Eliminate subcon­scious thought and you eliminate future karma. It’s the thought that carries over from lifetime to lifetime.

So if you bring the thought up and you reverse it, karmically it’s gone.

     レスター:カルマは考えの中にあり、行為の中にはありません。

     あなたが何かをするとき、それは、潜在意識に持ち越された考えが、次に行動を起こさせるのです (あなたが何かをするときは、それは、潜在意識に持ち越された考えであり、それが次に行動を起こします。)。

     潜在意識の思考 (考え) を排除し、あなたは将来のカルマを解消します。 それは生涯から生涯に持ち越す考えです。

     あなたが、考えを思い出させるならば (考えを持ち出して)、そして、あなたはそれを逆にします。カルマ的には消えています (それがなくなっています)。
     (ですから、あなたが考えを持ち出して (思い出して)、それを逆転させるのであれば、カルマ的にそれは、消えています。)

Q: I want to know how to control what you think. I do not feel I can control how I think.
Q:私は、あなたの考えを、制御 (コントロール) する方法を知りたいです。 私は、自分の考えを、コントロールできるとは思わない。

Lester: You do it by first accepting the idea that you can. Then you try it and you succeed once; when you succeed once then you know you can try it again.

When you succeed twice, the second time is easier.

The third time is yet easier than the first two, etc. The more you do it the easier it gets. This leads to complete control and freedom.

     レスター:あなたは最初に、あなたができるという考えを、受け入れることによって、それをします。

     そして、あなたはそれを試してみて、あなたは一度成功します。一度成功すれば、もう一度試すことができます。

     2回成功すると、2回目のほうが簡単になります。

     3回目は、最初の2回よりもまだ簡単です。あなたが、それをするほど、それはより簡単になります。これは、完全な管理 (制御、コントロール) と自由をもたらします (これで、コントロールと自由は完成です)。

Q: By control you mean changing your thinking?
Q:コントロールとは、考え方を変えるという意味ですか?

Lester: Yes. We control all our thinking.

If I do some­thing wrong it’s because I decide to carry out something wrong, that’s all.

And if I make it unconscious, I do it.

Did I hear you say, “Take full responsibility?” that’s it!

If you want to grow you must take full responsibility for every­thing you do, for everything that happens to you.

Trace all happen­ings to their originating thought in your mind.

     レスター:はい。 私たちはすべての思考をコントロールします。

     私は、間違って何かをする場合、それは私が、何か間違ったことを、実行することを決定したのです。それで全部です。

     そして、私はそれを無意識にする場合は (無意識のうちにするならば)、私はそれを行います。

     私は、あなたが言うのを聞きました。「全責任を取りますか?」それだけです!

     あなたが成長したいのなら、あなたは、あなたがするすべてのこと、あなたに起こるすべてのことについて、全責任を負わなければなりません。

     あなたの心の中で思った、その発信元へのすべての出来事をたどります (あなたの心の中で発生した考えへの、すべての出来事をたどります)。

Q: I still feel I can hurt people.
Q:私はまだ感じます。私は人を傷つけることができます。

Lester: You can’t. People hurt themselves; you don’t hurt them.

     レスター:あなたが、することはできません。人々は、自分自身を傷つけます。あなたは、それらを傷つけることはありません。

Q: I wish I could finally see that.
Q:私は私が、最終的にそれを見ることがしたいです (それが見えるようになりたいです)。

Lester: I call you” stupid.” You’ve got a certain re­action there, right? It wasn’t good, was it? Who made you feel sad?

You thought, “Well, he called me stupid, well, I’m going to feel sad.”

All right, now I say, “You’re brilliant.” You thought, “He called me brilliant. I’m going to feel happy.”

But you do the up and down in your feeling; I don’t do it.

I come out with a sound­ “stupid” “brilliant” and you choose the way you feel about it.

It’s just a little tiny bit of sound energy that went from me to you, to your ears, and you felt first sad, then happy.

You did all the doing there. Can you see that?

     レスター:私はあなたを「バカ (愚かな)」と呼ぶ。確かな反応がありますよね。それは良くありませんでしたね。誰があなたを、悲しませたのですか?

     あなたは、思いました、「それで、彼は私をバカ (愚かな) と呼んだ。さて、私は悲しくなるでしょう。」

     大丈夫、今、私は言います、「あなたは素晴らしいよ」。
    あなたは考えた (あなたは、思いました)、「彼は私を素晴らしいと呼んだ。 私は幸せになろう」

     しかし、あなたは、あなたの気持ちを上げたり、下げたりを行います (自分の気持ちで上下を行います。)。私は、それをしません。

     私は、「愚かな」「素晴らしい」という音 (音声) が出ます。そして、あなたは、あなたがそれについて感じる方法を選びます。

     それは私からあなたへ、そしてあなたの耳へと運ばれた、ほんの少しの音のエネルギーです。そして、あなたは最初に悲しく、そして幸せに感じました。

     あなたはそこで、すべてのことをしました。 あなたはそれを、見ることができますか (わかりますか)?

Q: Well, if I can’t hurt anyone. I can’t help anyone ei­ther!
Q:まあ、私は、誰も傷つけることができない場合。私は誰も助けられない!

Lester: Yes, that’s true.

    レスター:はい、それは本当です (はい、その通りです)。

Q: This business of when you try to put in the positive thought and oftentimes the negative seems to be strengthened, is it because while you’re putting in the positive, you’re holding onto what you’re fighting?

So that all you need to do is just do it?
 Q:あなたが前向きな考えを入れようとするときのこのビジネスで、そして多くの場合、ネガティブは強化されているようです。それはあなたが、前向きな姿勢をしている間、あなたが戦っているものを握っているからですか?

 だからあなたがする必要があるのは、ただそれをするだけですか?

Lester: Yes. When you want to do it enough, you’ll just do it.

    レスター:はい。 あなたがそれを十分にしたいとき、あなたはそれをするだけです。

Q: When you do that, you just let go of it. You don’t hold it in mind and it isn’t.
Q:あなたがそうするとき、あなたはそれを、手放すだけです。あなたは心の中でそれを保持していませんし、それは違います (あなたはそれを握りませんし、そうではありません。)。

Lester: Right! When the conscious wish to let go is stronger than the unconscious wish to hold on, then you let go.

These habits are very strong; the unconscious wish for them is very strong.

The conscious wish has to be stronger to override it.

    レスター:そうだね。手放すための意識的な願望が、無意識的な保持したい願望よりも強い場合は (手放すための意識的な願いが、無意識よりも強い場合には)、それを手放します。

    注:意識的な手放しが、無意識より強いとき、それを手放します。

     これらの習慣は、非常に強いです。 それらに対する無意識の願いは、非常に強いものです。

     意識的な願いは、それを上書きするため (乗り越えるため) に、強くなければなりません。

Q: Then if you have a conscious wish and you’re trying to accomplish something and you can’t do it,
it’s because you have a subconscious habit that is blocking you.

Well, how do you get rid of that subconscious wish that I s blocking you?

 Q:それからあなたが意識的な願いを持っていて、あなたが何かを達成しようとしていて、あなたがそれをすることができないのなら、
 あなたがあなたをブロックしている、潜在意識の習慣を持っているためです。

 さて、どのように私はあなたを阻止する、その潜在意識の願いを取り除くのですか?

Lester: By making the conscious wish stronger. Or, by pulling up the unconscious wish to the contrary and looking at it.

When you see it, you automatically let go of it; you won’t hold it down there any more.

    レスター:意識的な願いを、より強くすることによって。あるいは、反対に、無意識の欲求を引き上げて (注:意識に上げて)、それを見ることによって。

     あなたが、それを見たとき、あなたは自動的にそれを手放します。あなたは、もうそれをそこに抑えることはありません。

Q: I want to meditate well and I can It seem to.
Q:私はよく瞑想したいです。そして私はそれができるようです。

Lester: How many hours a day do you practice medi­tation?

    レスター:一日何時間、あなたは瞑想を練習していますか?

Q: Three-quarters of an hour in the morning because when I’m working I can’t do any more.
Q:朝に、1時間の4分の3。仕事をしていると、それ以上できないからです。

Lester: How many hours a day do you do the opposite?

    レスター:一日何時間、あなたは反対をしますか?

Q: An awful lot of hours.
Q:時間の非常に多く。

Lester: That’s why it’s difficult.

Now, out of a six­teen-hour day if you spent eight hours trying to meditate and eight hours in the world, you’d have an even push for and against it in your daily doing.

Meditating is quieting the mind. Activity in the world is doing the opposite.

    レスター:だからこそ、難しいのです。

     今、16時間のうち、あなたが瞑想を試みるのに8時間、そして世界で8時間を費やしたならば、あなたはあなたの毎日のやり方 (行動) で、それに対して賛成と反対をさらに強いられるでしょう。

     瞑想は、心を静めています。 世界での活動は、反対のことをやっています。

Q: But even when during the day you try to think of God you can’t.
Q:でも日中でも、あなたは神を考えようとしますが、できません。

Lester: Because you’re mental habit is so strongly on things of the world and every day you develop that habit further.

So when you take some short time off and try to do the opposite, you don’t find it easy.

You’ve got to take more and more time off for meditating until you succeed.

    レスター:なぜなら、あなたの精神的習慣が、世界のものに非常に強く依存しているからです。そして毎日あなたは、その習慣をさらに発展させていきます。

     ですから、少し時間を取って反対のことをしようとすると、あなたはそれが簡単だとは思わない。

     あなたは、あなたが成功するまで、瞑想のために、より多くの時間を取るようになってきました (ますます時間を取らなければなりません)。

    注:あなたは、精神的な習慣だからです。

Q: You mean by increasing the desire for meditation, the opportunity will present itself?
Q:あなたは瞑想に対する欲求を高めることによって、機会 (チャンス) は、それ自体を提示するでしょうか?

Lester: Yes, and therefore you will succeed.

If your desire for meditation were intense, you I d be meditating rather than doing other things.

Then you would become able to keep your mind on God while in the world.

    レスター:はい、それであなたは成功するでしょう。

     あなたの瞑想に対する欲求が強かったら、あなたは、私が他のことをするよりもむしろ瞑想しているのです。

     そうすれば、あなたはこの世界にいる間、あなたの心を、神に向けることができるようになるでしょう。

Q: When you once reach Oneness in meditation, do you regress back into your separateness?
Q:一度瞑想でワンネス (一如、合一) に到達したとき、あなたはあなたの分離性に後退しますか?

Lester: Yes, when you first see it, it’s a tremendous experience that you’ll never forget.

But the mind has not been un­done and therefore reemerges.

But seeing it scorches a good part of the mind each time you see it.

    レスター:はい、あなたが最初にそれを見たとき、それはあなたが決して忘れないという素晴らしい経験です。

     しかし、心は元に戻されていないため、再び出現します。

     しかし、それを見ることは、あなたがそれを見るたびに、心の良い部分が焦げ付きます。

Q: The more you see it then­
Q:もっと見る。

Lester: The more you scorch the mind, until the mind is totally undone. Then you’re in the steady state. You regress no more.

It’s possible to see all the way, see the Oneness, by momentarily submerging the mind.

But as long as that mind is not undone it will re-emerge.

But you’ll never let go once you drop into that state of Oneness. You’ll go into it again and again until it becomes permanent.

    レスター:心は完全に取り消されるまで (心が完全に元に戻されるまで)、あなたは心を焦がします。その後、あなたは、変わらない状態にあります。あなたは、これ以上退行 (退歩) しません。

     それは、一瞬心を沈めることによって、ワンネスを参照してください。すべての方法を確認することが可能です。

     しかし、その心が元に戻らない限り、それは再び現れるでしょう。

     しかし、あなたがワンネスのその状態に落ち込んだら、あなたは決して手放さないでしょう。あなたはそれが、恒久的 (永久) になるまで、何度も何度もそれに入るでしょう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »