...続きを読む" />

マズローの欲求5段階の理論を使う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

マズローの欲求5段階の理論を使う

 マズローの欲求5段階の理論は、コーチングや様々な能力向上システムに取り入れられています。自分の内面にある、「満たされていない欲求」を、低いレベルから順番に満たしていく。それを行うと、人生でアップダウンをしなくなる。

 「満たされていない欲求」を、低いレベルから順番に満たしていく。この方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。

意識は、現実です。

 ラマナ・マハルシは、真我探求をすすめています。私が見ている (感じている) 世界は、心が創りだしたイリュージョンです。

 私は、身体 (肉体) ではありません。私は、心 (マインド) ではありません。私は、感情ではありません。私は、考え (思考) ではありません。私は、記憶ではありません。と、自分に問いかけていきます。

 マズローの欲求5段階の理論も、マズローが晩年に、第6段階の階層を発表しました。 「自己超越」という段階です。エゴがなく、自我を忘れて目的のみに没頭して、社会に貢献したい、欲求が生まれてきます。

 

第1段階から第6段階の階層

 第1段階の階層

 「生理的欲求 」という段階です。

 「生理的欲求」は、本能的に生きていくための基本的・本能的な欲求で、食べたい、飲みたい、寝たい、子孫を残す、などの根本的な欲求です。

 この「生理的欲求」が満たされると、第2段階の欲求が生まれてきます。

 第2段階の階層

 「安全欲求 」という段階です。

 「生理的欲求」が満たされると、危機を回避したい、安全・安心な暮らしがしたいので、雨風をしのぐ建物・健康、などの欲求が生まれてきます。

 この「生理的欲求」が満たされると、第3段階の欲求が生まれてきます。

 第3段階の階層

 「社会的欲求 (帰属欲求) 」という段階です。

 「安全欲求」が満たされると、集団に属したり、仲間が欲しくなったり、などの欲求が生まれてきます。この欲求が満たされない時に、孤独感や社会的不安を感じやすくなると言われています。

 第3段階の階層までの欲求は、外的に満たされたいという思いから出てくる欲求で、低次の欲求になります。

 そして、これ以降は、内的な心を満たしたいという欲求で、高次の欲求に変わります。

 この「社会的欲求」が満たされると、第4段階の欲求が生まれてきます。

 第4段階の階層

 「尊厳欲求 (承認欲求) 」という段階です。

 「社会的欲求」が満たされると、他者から認められたい、尊敬されたい、などの欲求が生まれてきます。

 この「尊厳欲求」が満たされると、第5段階の欲求が生まれてきます。

 第5段階の階層

 「自己実現欲求」という段階です。

 これは、「尊厳欲求」が満たされると、自分の能力を引き出して、創作的活動や創造的活動がしたい、などの欲求が生まれてきます。

 この「自己実現欲求」が満たされると、第6段階の欲求が生まれてきます。

 第6段階の階層

 「自己超越」という段階です。(マズローが晩年発表した段階です。)

 これは、「自己実現欲求」が満たされると、エゴがなく、自我を忘れて目的のみに没頭して、社会に貢献したい、欲求が生まれてきます。それを実践している状態です。

 この段階では、「目的の遂行・達成のみ、を純粋に求めます。」

 

「意識です。」

 第6段階の階層に入ると、「意識」にフォーカスがいきます。

 意識が在り、心が生まれ、身体が生まれました。そして、心の中だけに時間や空間があります。身体が亡くなると、同時に、心も無くなります。意識は、そのまま在ります。

 この、意識が現実です。意識には、時間や空間はありません。永遠の今です。


商品の説明

内容紹介

◎ 『 ザ・シークレット』『ザ・パワー』の著者、ロンダ•バーンが偉大なる教師と呼び、ジョセフ・マーフィーやウエイン・W・ダイアーにも多大な影響を与えた、ネヴィル・ゴダードのすべてが詰まった処女作『At Your Command』が、ついにここによみがえる!

◎ あなたが決意することはすべて成就します ーー あらゆることが可能な次元にあなたをお連れしましょう!

◎ あなたが意識することはあなたの人生に必ず出現します ーー 今のあなたの状況はまるのまんま、あなたの意識の結果なのです!

◎ あなたは「道」である ーー この存在の認識が扉となって開く時、あなたが人生において決意したことはすべて形となって、この現実世界に姿を現すのです!

◎ 『想定の「超」法則』に続く、ネヴィル・ゴダードの第2弾である本書は、数百ページにもなる内容を超シンプルに短くまとめた「願望実現の法則」についての真髄をお伝えする本です!

内容(「BOOK」データベースより)

 『想定の「超」法則』に続くネヴィル・ゴダードの第2弾である本書は、数百ページにもなる内容を超シンプルにまとめた「願望実現の法則」についての真髄をお伝えする本です!

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ネヴィル・ゴダード (1905‐1972年)

 アメリカのニューソートの歴史において、戦後、講演活動で最も有名になった人物。

 カリブ海・バルバドスの商家の四男に生まれ、17歳で演劇を学ぶために渡米。エレベーターボーイ、港湾労働者などのバイトをして苦学生として自活する傍ら、ニューソートの研究にいそしむ。

 20代で友人のジョセフ・マーフィーとともに、ユダヤ教のラビ“アブドル”から想像力を使いこなす古代の秘法「想定の法則」を授かり、当時破産した実家を立て直し、90年後の現代に多国籍企業にまで成長させた。

林 陽

 千葉県生まれ。獨協大学外国語学部で英米文学を専攻

新間 潤子

 日本女子大学文学部社会福祉学科卒。英国留学の後、(財)日本国際協力センターに所属し、技術研修のための通訳を務める。

 2011年より翻訳家として活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »