9-記憶を解放する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


9-記憶を解放する

識別する習慣を身につける-9

 フナ (HUNA) とジニャーニの知識を理解します。

    マントラは、最初のエネルギーを与える。
    真我は、それを具現化する。
    ・マントラは主に、作用における最初のエネルギーです。
    ・それはあなたに作用し、あなたの周囲の環境に作用します。

    「フナの7原則」
    1. Ike (イケ) – 世界はあなたが思うとおりになる –
    2. kala (カラ) – 限りというものはない –
    3. Makia (マキア) – エネルギーは意識が向かう方向に流れる –
    4. Manawa (マナワ) – 今が力の時 –
    5. Aloha (アロハ) – 愛するとは共に幸せで在ること –
    6. Mana (マナ) – 全ての力は内から出る –
    7. Pono (ポノ) – 効力が真実の尺度 –

 この「フナの7原則」を理解するのに、ジニャーニの知識が役にたちます。

 このような方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。

フナ (HUNA) とジニャーニの知識

 ハワイには、フナ (HUNA) という古来のシャーマンの教えがあります。
ハワイに伝わる古代の叡智です。

 このフナの教えには、「フナの7原則」と呼ばれる7つの原則があります。
ハワイに伝わる古来の叡智を学んでください。

    「フナの7原則」
    1. Ike (イケ) – 世界はあなたが思うとおりになる –
    2. kala (カラ) – 限りというものはない –
    3. Makia (マキア) – エネルギーは意識が向かう方向に流れる –
    4. Manawa (マナワ) – 今が力の時 –
    5. Aloha (アロハ) – 愛するとは共に幸せで在ること –
    6. Mana (マナ) – 全ての力は内から出る –
    7. Pono (ポノ) – 効力が真実の尺度 –

 この「フナの7原則」を理解するのに、ジニャーニの知識が役にたちます。
 以下は、ニサルガダッタ・マハラジの I_Am_That_22 より抜粋です。

 

22. Life is Love and Love is Life

Talks with Sri Nisargadatta Maharaj より

    22. Life is Love and Love is Life
    22. 生命は愛、愛は生命


 

Questioner: (注) マントラの効果について訪ねています。

Q: The mantra is traditional. Must it be so?

    質問者:マントラは、伝統的です。 それはそうでなければなりませんか?

M: Since time immemorial a link was created between certain words and corresponding energies and reinforced by numberless repetitions.
It is just like a road to walk on. It is an easy way — only faith is needed. You trust the road to take you to your destination.

    マハラジ:太古の昔から、特定の言葉 (単語) とそれに対応するエネルギーの間にリンク (ある関連) が作成され、無数の繰り返しによって強化されてきました。

     それは、歩く道 (歩いて行く道) のようなものです。 それは簡単な方法です — 信仰 (信心) だけが必要です。 あなたは、あなたの目的地にあなたを連れて行くために、その道を信頼します。


 

Questioner: マントラはどんな役に立つのですか?

Q: In Europe there is no tradition of a mantra, except in some contemplative orders. Of what use is it to a modern young Westerner?

    質問者:ヨーロッパでは、いくつかの瞑想的な儀式を除いては、マントラの伝統はありません。 現代の若い西洋人にとってそれはどんな役にたつのですか?

M: None, unless he is very much attracted. For him the right procedure is to adhere to the thought that he is the ground of all knowledge, the immutable and perennial awareness of all that happens to the senses and the mind.

    マハラジ:彼が非常に魅了されていない限り、なんの役にもたたない。 彼にとって正しい手順 (ふさわしい道) は、彼がすべての知識の根底 (根拠) であり、すべての感覚と心 (マインド) に起こる不変のそして永遠 (永久不変) の気づき (awareness) であるという考えを固守することです。

If he keeps it in mind all the time, aware and alert, he is bound to break the bounds of non-awareness and emerge into pure life, light and love. The idea — ‘I am the witness only’ will purify the body and the mind and open the eye of wisdom. Then man goes beyond illusion and his heart is free of all desires.

     彼がそれをいつも心に留めておき、気づき、警戒しているならば、彼は不注意 (無意識) の範囲を壊して純粋な生活、光と愛に現れることになっています。「私は観照者にすぎない」という考えは、身体と心 (マインド) を浄化し、知恵の目を開きます。それから人は幻想を超えて行き、彼のハート (heart) はあらゆる欲望から解放されています。

Just like ice turns to water and water to vapour, and vapour dissolves in air and disappears in space, so does the body dissolve into pure awareness (chidakash), then into pure being (paramakash), which is beyond all existence and non-existence.

     氷が溶けて水になり、水が蒸気に変わり、蒸気が空気中に溶けて空間に消えるのと同じように、身体は純粋な気づき (チッダカーシュ:chidakash) の中に溶け、そして全ての存在と非存在を超えた純粋な存在 (パラマカーシュ:paramakash) になる 。

 

解放する前提となるジニャーニの知識

Talks with Sri Nisargadatta Maharaj:I_Am_That_13 より概要です。

    13. The Supreme, the Mind and the Body
    13. 至高なるもの、マインド、身体


    ・個人というものは存在しません。あるのは、記憶と習慣の脈絡だけです。
    ・真我を実現した瞬間、個人は消え去る。個人は、観照者のマインド (心) に写った「私は在る」という感覚であり、存在の一つの様式です。
    ・ジニャーニ (真我を実現した存在) は、至高なるものです。そして、普遍的観照者でもあります。
     
    ・究極なるものだけが存在する。
    実在は、名前も形もない純粋な生命のエネルギーと意識の光だと理解した時、あなたは実在の深い静寂に浸り平和の内にあることだろう。

● memory – 記事一覧 ●

http://add-spot.com/wordpress/tag/memory

  • 天才や新発見とサンスカーラ

    2018年2月10日
    ラマナ・マハルシ:天才や新発見とサンスカーラ ラマナ・マハルシとの対話より  「ラマナ・マハルシとの対話」より、「天才や新発見とサンスカーラ」についてです。サンスカーラ (潜在的印象・精神的傾向) は、過去世で得られた知識が蓄積されたものです。  人の、良い精神的傾向と悪い精神的傾向は、共存しています。天才と呼ばれる人は、現世において、今取り組んでいるテーマに対して、心に溶けいるまで集中します。その静寂の中で、蓄積されたサンスカーラがアイデアとして現れます。  現世で得られた知識は、サンスカーラ (潜在的印象・精神的傾向) ...
  • 理由も原因もなく、物事は起きる

    2018年7月12日
    理由も原因もなく、物事は起きる 宇宙はあるがままに在る  個人の自我は、記憶と観念の集合体です。「宇宙はあるがままに在る」のですが、それを知覚するとき、記憶と観念の反応が起きます。  個人の自我が、知覚する世界は、とても小さなものです。それは、私的な世界です。記憶に基づいて制限されて、想像された夢の世界です。無意識の記憶が、馴染み深さをだしています。  「物事は、理由も原因もなく起きる」のですが、記憶は、それが、何かと関連があると想像します。そして、心は、次々と関連付けをして、理由をつけます。それは、心の働きです。  それを、止めて心を静かにします。今に集中することで、「宇宙はあるがままに在る」のを、知覚します。  この方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。 聖者と個人の知覚の違い ...
  • 3-実在に焦点を合わせる

    2019年6月8日
    3-実在に焦点を合わせる 意識を意識する-3  レスター・レヴェンソンの「7番目のステップ」では、実在に焦点を合わせて生きます。  実在 (私は在る:I am. I ...
  • 5-実在に焦点を合わせる

    2019年6月12日
    5-実在に焦点を合わせる 意識を意識する-5  実在性は、今の中で与えられています。ですから、「実在に焦点を合わせる」ことを、常に意識します。今の中で、「過去の記憶が再生されている」ことを認識します。 The Hooponopono process is ...
  • 1-記憶を解放する

    2019年6月27日
    1-記憶を解放する 識別する習慣を身につける-1  真我から届いた光が、心 (マインド) というスクリーンの中に、記憶というフィルムに記録された印象の世界を投影しています。  あなたに必要なことは、  「実在への真剣な熱望だけです。」愛と愛に感化された意志なしには、何一つなされない。「観察者 (内なる高次の自己) ...
  • 2-記憶を解放する

    2019年6月27日
    2-記憶を解放する 識別する習慣を身につける-2  真我から届いた光が、心 (マインド) というスクリーンの中に、記憶というフィルムに記録された印象の世界を投影しています。  あなたに必要なことは、  「実在への真剣な熱望だけです。」愛と愛に感化された意志なしには、何一つなされない。「観察者 (内なる高次の自己) ...
  • 3-記憶を解放する

    2019年6月30日
    3-記憶を解放する 識別する習慣を身につける-3  真我から届いた光が、心 (マインド) というスクリーンの中に、記憶というフィルムに記録された印象の世界を投影しています。  あなたに必要なことは、  「実在への真剣な熱望だけです。」愛と愛に感化された意志なしには、何一つなされない。「観察者 (内なる高次の自己) ...
  • 4-記憶を解放する

    2019年7月1日
    4-記憶を解放する 識別する習慣を身につける-4  真我から届いた光が、心 (マインド) というスクリーンの中に、記憶というフィルムに記録された印象の世界を投影しています。  あなたに必要なことは、  「実在への真剣な熱望だけです。」愛と愛に感化された意志なしには、何一つなされない。「観察者 (内なる高次の自己) ...
  • 5-記憶を解放する

    2019年7月2日
    5-記憶を解放する 識別する習慣を身につける-5  真我から届いた光が、心 (マインド) というスクリーンの中に、記憶というフィルムに記録された印象の世界を投影しています。  あなたに必要なことは、  「実在への真剣な熱望だけです。」愛と愛に感化された意志なしには、何一つなされない。「観察者 (内なる高次の自己) ...
  • 6-記憶を解放する

    2019年7月4日
    6-記憶を解放する 識別する習慣を身につける-6  なぜ記憶を手放すのか?記憶は、無知の現れです。  「私は誰か?」を問いかけます。  「私は在る」という感覚に焦点を合わせます。 一度 (ひとたび) 何であれ、あなたの前に現れたものは、 自分自身ではありえず、「私は在る」と言うことはできないと認識すれば、 あなたは全ての個人たちと彼らの要求から自由になる。 「私は在る」という感覚は、あなた自身のものです。 それを手放すことはできない。 意識の源は、意識の中の対象物ではありえない。 源を知るということは、源として在るということです。 あなたが、個人ではなく純粋で静かなる観照者であり、 恐れのない気づきが真の存在だと悟った時、あなたは実在となる。 それが、源であり無尽蔵の可能性です。 源は、意識に誕生を与える。 それ以外の全ては、意識の中にある。 意識が、全てを包括している。意識の中では、全てが可能です。 根本的な原因は、一つ「私は在る」です。 至高なるものは、全てを機知にしながらそれ自身は未知として留まる。 至高なるものは、最も到達しやすいものです。 考えることをやめ、至高なるもの以外は求めないこと。 全ての欲望は、真我からやってくる。 それらは全て、「私は在る」という感覚に依存している。 全ての欲望は幸福を目指している。 至高なるものは、全てを超えている。 動機が愛と善意と慈悲によって生まれた欲望だけが、主体にも対象にも有益であり十分満たされる。 全宇宙が、慈悲から生まれた欲望を満たそうと努力している。 ジニャーニは、マインドの中に欲望も恐れも湧いてこない。 欲望も恐れも入ってこないため、完全な静寂の平和の中に在る。  このような方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) ...


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »