ニサルガ ヨガ (Nisarga Yoga)-2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


ニサルガ ヨガ (Nisarga Yoga)-2

純粋な心

 ラマナ・マハルシは、「神の恩寵 (the Master’s grace) は、悟りには最も重要であり、そして必要不可欠な原因なのです。」と言っています。

     「……私はグル (師) を信頼しました。 彼が私にするように言ったことを、私はしました。 彼は 『私は在る』に集中するように私に言った – 私はしました。 彼は私が、すべての知覚可能な考えられるものを、超えていると私に言いました – 私は信じました。

     私は彼に私の心と魂、私の全体の注意と私の余暇の全体を与えました (私は私の家族を生かし続けるために、働かなければなりませんでした)。信仰と真剣な鍛錬の結果、私は3年以内に私の自己 (スワルパ) を実現しました。」

    – ニサルガダッタ・マハラジ

 恩寵を得るには、師を信頼することが大事です。

 このような方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。

右胸に『内在する神』

 ラマナ・マハルシは、「アルナーチャラ山の精霊であるシバ神の恩寵 (おんちょう) により、自分は目覚めることが出来た。右胸に『内在する神』が、自己を解放してくれた。」と言っています。

 

ニサルガダッタ・マハラジ

 バガヴァッド・ギーター (Bhagavad Gita) とウパニシャッド (Upanishads) と同様に、ニック (Nic) の人生に最も大きな影響を与えた本は、Adisita (非二元性) の偉大な教師であるニサルガダッタ・マハラジ (Nisargadatta Maharaj) による ‘I Am That’ (私は在る) です。

 シュリ・ニサルガダッタ (Sri Nisargadatta) の「Nisarga Yoga」(自然な団結) は、シンプルでありながら強力な瞑想的自己探求のプロセスで あり、彼がカウンセラーとして働く方法に大きな影響を与えます。

 身体的なポーズもアサナもない、この「簡単で、シンプルで、自然な」非デュアルヨガの詳細については、ニック (Nic) が設立したウェブサイト nisargayoga.com をご覧ください。

注記:nisargayoga.com のURLは、nisargayoga.org へ転送されます。

What is Nisarga Yoga of Nisargadatta Maharaj? – Nisarga Yoga
https://nisargayoga.org/
Find out about the Nisarga Yoga of Nisargadatta Maharaj as described in the classic spiritual book ‘I Am That’. Nisargadatta’s approach to advaita (non-duality) is a combination of consciousness meditation and self-inquiry aimed at reconnecting with the true Self (Awareness).

     古典的な精神的な本「私は在る (I Am That)」で説明されているように、ニサルガダッタ・マハラジ (Nisargadatta Maharaj) のニサルガ ヨガ (Nisarga Yoga) について調べてください。

     ニサルガダッタ (Nisargadatta) の advaita (非二元性:non-duality) へのアプローチは、真の自己 (気づき:Awareness) と再接続することを目的とした、意識瞑想と自己探求の組み合わせです。

 「あなた自身の自己に会いなさい。あなた自身の自己と一緒にいて、それを聞き、それを守り、それを大切にし、それを心に留め続けなさい。他にガイドは必要ありません。

 あなたの真実への欲求があなたの日常生活に影響を与える限り、すべてはあなたと共にあります。誰も傷つけずにあなたの人生を生きます。

 無害はヨガの最も強力な形であり、それはあなたを素早くあなたの目標に導きます。これが私が、ニサルガ ヨガ (nisarga yoga)、ナチュラルヨガと呼んでいるものです。」

 - ニサルガダッタ・マハラジ

 

ニック・ヒガム

 「非二元性のメッセージについて私が常に気づいているのは、それが最終的に自分自身を否定するということです。

 メッセージ、そしてそれが導く瞑想的な問い合わせプロセスは手段であり、目的ではありません。二元的でない知識を持つ、二元的でない人を作ることは目的ではありません。

 分離と分離の終わりは、特別な哲学や行動の結果として培われたものではありません。 生きることしかできません。」

 - ニック・ヒガム

     ニック (Nic) の執筆は「教義のない知恵:霊的革命の端からの声」に掲載されました。 彼は、「メンタルヘルスプラクティス」、Royal College of Nursing 誌、および「British Journal of Healthcare Assistants」にさまざまな記事を掲載しています。

     資格のあるカウンセラーであるだけでなく、ニック (Nic) は認定されたライフコーチであり、そして神経言語プログラミングとエリクソン催眠術の実務家です。 彼はまたグループ分析、および他の治療法を研究しています。 ニック (Nic) の仕事は、英国カウンセリング協会と心理療法の倫理規定に準拠しています。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »