潜在意識を純粋にする-3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


潜在意識を純粋にする-3

潜在意識の働きを知る-3

 すべての根源である「無」があります。一つの生命、光、愛、「沈黙、不動、永遠 (時間、空間がない今)」です。根源は、「I am that I am:私は、『それ』と呼ばれているところの者、それである」です。

 「それ」の理解を深めるために、ニサルガダッタ・マハラジの話より抜粋です。

    「あなたは、記憶の創造物だ。少なくともあなたは、そう想像している。
    私は、全く想像されないものだ。私は、私だ。
    いかなる、身体的あるいは、精神的状態とも同一化不可能なのだ。」

    「私に世界は必要ない。私は、その中にいない。
    あなたが考えている世界は、あなたのマインドの中にあるのだ。
    私にはそれを、あなたの眼とマインドを通して見ることができる。
    だが私は、それが記憶の投影であることに完全に気づいている。
    それはただ、今という、気づきの点においてのみ、実在によって触れられるのだ。

 ジニャーニ (真我を実現した存在) と一般の人との違いです。

 このような方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。

ニサルガダッタ・マハラジの話より抜粋

Talks with Sri Nisargadatta Maharaj
I_Am_That-101 より

 ジニャーニ (真我を実現した存在) と一般の人との違いです。

 

101. Jnani does not Grasp, nor Hold

    101. Jnani does not Grasp, nor Hold
    101. ジニャーニは理解も把握もしない
      (Jnaniは合点《納得》しないし、保持しない)

Questioner: How does the jnani proceed when he needs something to be done?

    質問者:ジニャーニ (jnani) が何かをする必要があるとき、ジニャーニ (jnani) はどのように進行しますか?

    マハラジ:ジニャーニ (jnani) は状況を完全に理解していて、すぐに必要なことを知っています。 それがすべてです。

Questioner: How does the jnani proceed when he needs something to be done?
Does he make plans, decide about details and execute them?

    Q:ジニャーニ (jnani) が何かをする必要があるとき、ジニャーニ (jnani) はどのように進行しますか?

     彼は計画を立て、細部について決定し、そしてそれらを実行しますか?

Maharaj: Jnani understands a situation fully and knows at once what needs be done. That is all.
The rest happens by itself, and to a large extent unconsciously.

    マハラジ:ジニャーニ (jnani) は状況を完全に理解していて、すぐに必要なことを知っています。 それがすべてです。

     残りはそれ自体で (ひとりでに)、そして大部分は無意識のうちに起こります。

The jnani’s identity with all that is, is so complete, that as he responds to the universe, so does the universe respond to him. He is supremely confident that once a situation has been cognised, events will move in adequate response.

     ジニャーニ (jnani) のアイデンティティと全ての存在 (在るもの) との同一性は、それが完全なものであり、彼が宇宙に反応するにつれて、宇宙もまた彼に反応するのです。 彼は、状況が認識されれば、出来事は適切に対応して動くと確信しています。

The ordinary man is personally concerned, he counts his risks and chances, while the jnani remains aloof, sure that all will happen as it must; and it does not matter much what happens, for ultimately the return to balance and harmony is inevitable.

The heart of things is at peace.

     普通の人は個人的に心配しています、彼は彼の危険性と可能性を数えます、ジニャーニ (jnani) は離れたままで、すべてがそれがしなければならないと確信します。 何が起こっても大した問題ではありません。結局、均衡 (バランス) と調和への回帰は避けられないからです。

     物事の中心 (確信) には平和があります。

 

記事のまとめ

 ジニャーニ (真我を実現した存在) と一般の人との違いです。

 ジニャーニ (jnani) は、状況を完全に理解している。
 そして、すぐに必要なことを知っています。それがすべてです。

 それ自体で (ひとりでに)、そして大部分は無意識のうちに起こります。

     ジニャーニ (jnani) と、全ての存在 (在るもの) との同一性は、完全なものである。
     ジニャーニが宇宙に反応する (答える) と、宇宙もまた彼に反応する (答える) のです。
     ジニャーニは、状況が認識されれば、出来事は適切に対応して動くと確信しています。


続きます。
潜在意識を純粋にする-4


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »