天才や新発見とサンスカーラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

ラマナ・マハルシ:天才や新発見とサンスカーラ

ラマナ・マハルシとの対話より

 「ラマナ・マハルシとの対話」より、「天才や新発見とサンスカーラ」についてです。サンスカーラ (潜在的印象・精神的傾向) は、過去世で得られた知識が蓄積されたものです。

 人の、良い精神的傾向と悪い精神的傾向は、共存しています。天才と呼ばれる人は、現世において、今取り組んでいるテーマに対して、心に溶けいるまで集中します。その静寂の中で、蓄積されたサンスカーラがアイデアとして現れます。

 現世で得られた知識は、サンスカーラ (潜在的印象・精神的傾向) や、ヴァーサナー (心の潜在的傾向・性癖) となり、種子として蓄積されます。

 この方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。

サンスカーラ (潜在的印象・精神的傾向) とは?

 現世で得られた知識は、サンスカーラ (潜在的印象・精神的傾向) となり、微細な種子として蓄積されます。サンスカーラ (潜在的印象・精神的傾向) には、良い精神的傾向と悪い精神的傾向があり、共存しています。これは、片方だけでは、存在できません。

     「良い精神的傾向」と「悪い精神的傾向」の一方だけが、優先的になることがあります。良い精神的傾向を持った人は、持っていない人よりも理解が早くなります。

 サンスカーラ [samskara] は、次の生 (来世) へと「輪廻 (サンサーラ [saṃsāra])」します。サンスカーラ [samskara] は、思考 (考え・思い・想念) です。

     この想念 (考え・思い・雑念) が出て来たら、すぐに手放せば、サンスカーラ [samskara] は、たちどころに消え去ります。それが、消え去ると、安らぎ [viśrānti]・平安 [śānti] になります。

 しかし、この想念が常在していて、「私の 考え事」によって、覆い隠しています。

 

ラマナ・マハルシ:天才や新発見とサンスカーラ

 YouTube の動画です。
 「ラマナ・マハルシ:天才や新発見とサンスカーラ」の朗読です。

 [playkist 87]
 ラマナ・マハルシ:天才や新発見とサンスカーラ
 1937年04月05日の対話より (03:18) Talk 384. です。

ラマナ・マハルシ:天才や新発見とサンスカーラ – YouTube
https://youtu.be/xWBfXgEghHQ

artmnet0
https://www.youtube.com/channel/UCWcmOzVGya4x1jTd3rGrIAg
Published on Sep 13, 2013 (3:18)
『ラマナ・マハルシとの対話』より抜粋朗読。
dialogs with Sri Ramana Maharshi from “Talks”

Talks with Sri Ramana Maharshi

『ラマナ・マハルシとの対話』から
 1937年04月05日の対話より「Talk 384.」

 

Talk 384. 英語全文

 対話 (Talk) 384. の英語全文です。

Talk 384.

The conversation turned on vasanas. Sri Bhagavan said that good tendencies and bad ones (suvasana and kuvasana) are concomitant – the one cannot exist without the other. Maybe that the one class predominates. Good tendencies (suvasana) are cultivated and they must also be finally destroyed by jnana.

A young prodigy was mentioned. Sri Bhagavan remarked that latent impressions of previous births (purva janma samskara) were strong in him.

D.: How does it manifest as the ability to cite well-known saints? Is it vasana in the form of a seed only?

M.: Yes. Predisposition (samskara) is acquired knowledge and kept in stock. It manifests under favourable circumstances. One with strong samskara understands the thing when presented to him much quicker than another with no samskara or weak samskara.

D.: Does it hold good with inventors also?

M.: “There is nothing new under the sun.” What we call inventions or discoveries are merely rediscoveries by competent men with strong samskara in the directions under consideration.

D.: Is it so with Newton, Einstein, etc.?

M.: Yes. Certainly. But the samskaras, however strong, will not manifest unless in a calm and still mind. It is within the experience of everyone that his attempts to rake up his memory fail, whereas something flashes in the mind when he is calm and quiet. Mental quiet is necessary even for remembrance of forgotten things.
The so-called genius is one who worked hard in his past births and acquired knowledge and kept it in store as samskaras. He now concentrates his mind until it merges in the subject. In that stillness the submerged ideas flash out. That requires favourable conditions also.

— 365 —

The End

Talks with Sri Ramana Maharshi

6th April, 1937
Talk 385.


スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »