「私は在る」という感覚 – 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク






「私は在る」という感覚 – 2

I Am That ニサルガダッタ・マハラジ28 すべての苦しみは欲望から生まれる

 ラマナ・マハルシから教えを受けた人が、ニサルガダッタ・マハラジと対話しています。

     「シュリ・ラマナ・マハルシの教えが、私を導いてくれたのです。そして、ラグダス・ハーディングという人が、どのように私は誰かに働きかけるかを教え、助けてくれたのです」

 このような方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。

「私は在る」という感覚

 「私は在る」という感覚を、どのようにして獲得したのか?

 ラマナ・マハルシから教えを受けた人の話が、参考になります。

 

「すべての苦しみは欲望から生まれる」

 ラマナ・マハルシから教えを受けた人が、ニサルガダッタ・マハラジと対話しています。

    (04:08~04:16) マハラジ:「あなたは、どうやって現在の状態に行き着いたのだろうか?」

    (04:17~04:35) 質問者:「シュリ・ラマナ・マハルシの教えが、私を導いてくれたのです。そして、ラグダス・ハーディングという人が、どのように私は誰かに働きかけるかを教え、助けてくれたのです」。

    (04:36~04:42) マハラジ:「それは、突然だったのだろうか?あるいは、段階的だったのだろうか?」

    (04:43~04:59) 質問者:「それは、まったく突然でした。何かまったく忘れ去ってしまったことが、記憶に戻ってきたように。あるいは、突然の閃 (ひらめ) きの理解のようでした」。

    (05:00~05:22) 「何とシンプルだろう。と私は言ったのです。何とシンプルだろう。私は、私が考えていたものではなかった。私は、知覚されるものでも、知覚するものでもない。私は、ただ知覚することなのだと」。

    (05:23~05:33) マハラジ:「知覚することでさえない。だが、それらすべてを可能にするものだ」。

Youtube の動画です。

I Am That ニサルガダッタ・マハラジ28 すべての苦しみは欲望から生まれる – YouTube

https://youtu.be/_47sPYV53vo

artmnet0
 (https://www.youtube.com/channel/UCWcmOzVGya4x1jTd3rGrIAg)
Published on Nov 27, 2015 (15:14)
Descrizione Talks with Sri Nisargadatta Maharaj
初見で流し読み。
参考図書:アイ・アム・ザット 私は在る―ニサルガダッタ・マハラジとの対話: スダカール・S. ディクシット, Sudhakar S. Dikshit, Maurice Frydman, モーリス フリードマン, 福間 巌


ラグダス・ハーディング

 ラグダス・ハーディングの動画です。

真の完全さ – YouTube

https://youtu.be/pIow_CFJlug

FacelessJapanFilms
Published on Aug 5, 2016 (02:07)
 私が思うに、私たちのほとんどが、人間としての自分を改善することに、
かなりはまっています。 自分自身を、何からの形に完成させるために、がんばる、というわけです。

True Perfection


すでに完全な存在である。ということです。
(00:12~01:18) 「私が思うに、私たちのほとんどが、人間としての自分を改善することに、かなりはまっています」。
(00:19~00:24) 「自分自身を、何らかの形に完成させるために、がんばる、というわけです」。
(00:25~00:29) 「私たちはそのために努力するわけですが、それは私たちを、どこへ導くでしょうか?」
(00:30~00:33) 「最後には、老年と死へ、私たちを導くのでは、ありませんか?」
(00:34~00:40) 「ですから、それは最後には崩壊します-人間の完成というこの理想は」。
(00:41~00:43) 「それでもまあ、思うには、私たちはそれを、試しにやってみるべきです」。
(00:44~00:49) 「それから、それが実際は、その理想を与えてくれないと気づく、と思います…」。
(00:51~00:56) 「-20年か30年やってみれば、この理想から、ますます離れていることを、感じるでしょう」。
(00:57~01:05) 「事実はと言えば、もちろん、(紙袋の実験の) 紙袋の自分側にいる、」
(01:06~01:07) 「本当の本当の私たちは、今ここで、」
(01:08~01:11) 「完全です。事実、神の完全さです」
(01:12~01:19) 「イエス・キリストは、誰かに『よい先生』と言われたとき、『私のことを、よいと言ってはいけない!ただ神だけがよいのだ』と、答えました」。
(01:20~01:22) 「ですから、私たちがすでに、もっているよさと、」
(01:23~01:26) 「私たちがすでに、もっている完全さは、改善されえないのです」
(01:27~01:29) 「それはすでに、そこにあります。私たちがそれを楽しみ、それから生きるとき、」
(01:30~01:38) 「おそらく、そのほのかな香りが、私たちが鏡で見るあの小さいやつを、磨くことでしょう」。
(01:39~01:42) 「まあ、ほんの少しです。私はそれさえ、確信できませんけど」。

● マハラジ – 記事一覧 ●

http://add-spot.com/wordpress/tag/マハラジ

  • 潜在意識 – 6 – アファメーション

    2017年9月24日
    潜在意識 – 6 – ...
  • 現実は夢 (仮想現実) という話です。

    2018年4月21日
    現実は夢 (仮想現実) という話です。 マハラジの言葉から  心 (マインド・想念) ...
  • 心 (マインド・想念) を静かにします。

    2018年4月21日
    心 (マインド・想念) を静かにします。 私は在るという感覚  心 (マインド・想念) ...
  • 「毎日、続けられるか?」ということについて

    2018年4月21日
    「毎日、続けられるか?」ということについて 習慣を変えるには?  「習慣を変えるには?」どうするか。  「気づき」が、本質です。「アンカーとトリガー」というテクニックがあります。良い状態を「アンカー」として、記憶しておきます。そして、それを引き出す「トリガー」を記憶して、「アンカー」と関連付けます。  必要なときに、「トリガー」から、「アンカー」を引き出します。ルーティーンワーク (習慣的な作業) も、これになります。「アンカーとトリガー」で、常に最高の状態を引き出せるようにします。  ルー・タイスのセルフコーチングでは、エフィカシーを引き上げるために、あるトレーニングをします。それは、過去のうまく行った良い体験を思い出して、その詳細をノートに書きます。  この方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) ...
  • 「私は在る」という感覚

    2018年4月24日
    「私は在る」という感覚 I Am That – ...
  • ラグダス・ハーディングの「私は誰か?」

    2018年4月29日
    ラグダス・ハーディングの「私は誰か?」 リチャード・ラングの解説  シュリ・ラマナ・マハルシの教えを受けた人が、マハラジの問に対して、答えています。  質問者:「シュリ・ラマナ・マハルシの教えが、私を導いてくれたのです。そして、ラグダス・ハーディングという人が、どのように私は誰かに働きかけるかを教え、助けてくれたのです」。  ラグダス・ハーディングは、哲学者です。「どのように『私は誰か?』に働きかけるか」をリチャード・ラングは、理解ができるように説明してくれます。  1970年に、リチャード・ラングは、この実験的アプローチの創始者である哲学者のダグラス・ハーディングに出会いました。そのとき以来彼は、「自分とは本当に何か」に目覚め、このヴィジョンをできるだけ幅広く分かち合うことに、自分の人生を捧げてきました。  この方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。 「すべての苦しみは欲望から生まれる」より ...
  • 1 – 幸せになるには?

    2018年5月30日
    1 – 幸せになるには? ニサルガダッタ・マハラジに学ぶ  「幸せになるには?」の問に対して、ニサルガダッタ・マハラジに学びます。  ニサルガダッタ・マハラジは、「私は在る!」に、常に意識を払いました。そして、本来の自己 (真我) ...
  • 理由も原因もなく、物事は起きる

    2018年7月12日
    理由も原因もなく、物事は起きる 宇宙はあるがままに在る  個人の自我は、記憶と観念の集合体です。「宇宙はあるがままに在る」のですが、それを知覚するとき、記憶と観念の反応が起きます。  個人の自我が、知覚する世界は、とても小さなものです。それは、私的な世界です。記憶に基づいて制限されて、想像された夢の世界です。無意識の記憶が、馴染み深さをだしています。  「物事は、理由も原因もなく起きる」のですが、記憶は、それが、何かと関連があると想像します。そして、心は、次々と関連付けをして、理由をつけます。それは、心の働きです。  それを、止めて心を静かにします。今に集中することで、「宇宙はあるがままに在る」のを、知覚します。  この方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。 聖者と個人の知覚の違い ...
  • 執着と険悪を手放す

    2018年7月13日
    執着と険悪を手放す 自由になるために  「自分自身を知ることで、自分自身を超えていく」。そのためには、自分ではないものを否定していきます。「私は身体ではない」。「私は心ではない」「私は思考ではない」など。  「自分の知りうる限り、自分ではないものを否定します」。そうすると、本質の自分に気づくようになります。  この方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。 「人を盲目にさせるもの」 ...
  • 本当の自分に気づく

    2018年7月15日
    本当の自分に気づく 「私は在る」の思いは、鏡を磨く布である  聖者は、「眠りの状態」「目覚めの状態」「夢見の状態」という、3つの精神状態を含む、しかも超越した一つの存在状態が在るだけだ。  一般の人は、各々の状態の中で、他の2つの状態を忘れている。「眠りの状態」とは、無意識を意味しています。「目覚めの状態」とは、意識を意味しています。「夢見の状態」とは、周囲の状況ではなく、マインドを意識している。という事を意味しています。  意識を超えて、気づきの中に入るためには、自分の意識の流れに興味を抱くこと自体が、あなたを気づきへ導く。「物事を想像を通して見るのではなく、ただ在るがままにみること」を、学びなさい。  この方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。 聖者と一般の人との違い ...


スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »