5-実在に焦点を合わせる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


5-実在に焦点を合わせる

意識を意識する-5

 実在性は、今の中で与えられています。ですから、「実在に焦点を合わせる」ことを、常に意識します。今の中で、「過去の記憶が再生されている」ことを認識します。

    The Hooponopono process is knowing WHO YOU ARE.
    This knowledge is the Key that opens the door to the process of Creation. I H H L

    「わたしは一体何者なのか」このことを知ることが、ホ・オポノポノのプロセスです。
    智慧はあらゆる創造の扉を開く鍵となります。I H H L

    ニサルガダッタ・マハラジ「I_Am_That_15. The Jnani (15. ジニャーニ)」より
     「個人は存在しない。それはマインドの影、記憶の総計にすぎない。」
     「純粋な存在は、心 (マインド) の鏡の中に知るという状態として映る。」
     「知られたものは、記憶と習慣を根底にして、個人としての形をとる。」
     「それは、心 (マインド) のスクリーンの上に映し出された、知るものの反映、ただの影にすぎない。」

     至高なるものは、生命です。それは、意識と無意識の両方を含み、その両方を超えています。人は記憶が中断する時、それを無意識だといいますが、実際には、意識だけが存在する。全ての生命は、意識しており、全ての意識は生きている。

 このような方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。

「わたしは一体何者なのか」

ニサルガダッタ・マハラジ「I_Am_That_15. The Jnani (15. ジニャーニ)」より
 「個人は存在しない。それはマインドの影、記憶の総計にすぎない。」
 「純粋な存在は、心 (マインド) の鏡の中に知るという状態として映る。」
 「知られたものは、記憶と習慣を根底にして、個人としての形をとる。」
 「それは、心 (マインド) のスクリーンの上に映し出された、知るものの反映、ただの影にすぎない。」

 

「セルフアイデンティティ」を探求する

 以下の動画の内容は、導入部分のみです。

「セルフアイデンティティ」を探求するSITHホ・オポノポノアジア公式チャンネル – YouTube
https://youtu.be/WOZnA03YEsc

SITH ホ・オポノポノ アジア
(https://www.youtube.com/channel/UCmEI3waQzjbucd2QKZR6vNQ)
Published on Mar 29, 2018 – (01:23)

ハワイ発祥のストレスマネージメント法。
1982年にハワイ州宝に認定された故モーナ・シメオナ女史によって、
ネイティブハワイアンだけではなく人種や老若男女の壁を超えて、
誰でも実践できる問題解決法として、国連をはじめ、世界各国で親しまれている。

問題の本当の原因は、潜在意識(インナーチャイルド、ウニヒピリ)に溜め込まれた、
宇宙が始まってからのあらゆる記憶が再生しているためであり、その記憶を消去することを、
ホ・オポノポノでは、「クリーニング」と呼んでいる。


以下は、この動画の字幕 (1分23秒) の全内容です。

今日わたしがみなさんにお話したいこと、
それは、「人生の目的」についてです。

「真の目的」
そして「課題」について
お話させていただきます。

人生とは何か、私達は何をするために
この世に生まれてきたのでしょうか。

もっと重要な人生の目的について
お話をさせていただきます。

そして、アイディンティティーについて
お話をさせていただきます。

ソクラテスがかつて尋ねた質問をします。
「わたしとは一体何者なのか」

そう、自分とは一体何者なのかを
知ることはとても重要なのです。

しかし、ほとんどの人は自分が
一体誰なのかを知りません。

ですから、わたしはこれからアイディンティティー、
「わたし達は一体誰なのか」についてお話します。

そして、次に「問題とは一体何なのか」
についてもお話します。

問題とは何なのか、
その問題はどこにあるのか、
そして、問題の解決方法についてお話します。

    The Hooponopono process is knowing WHO YOU ARE.
    This knowledge is the Key that opens the door to the process of Creation. I H H L

    「わたしは一体何者なのか」このことを知ることが、ホ・オポノポノのプロセスです。
    智慧はあらゆる創造の扉を開く鍵となります。I H H L

 

解放する前提となるジニャーニの知識

Talks with Sri Nisargadatta Maharaj:I_Am_That_13 より概要です。

    13. The Supreme, the Mind and the Body
    13. 至高なるもの、マインド、身体


    ・個人というものは存在しません。あるのは、記憶と習慣の脈絡だけです。
    ・真我を実現した瞬間、個人は消え去る。個人は、観照者のマインド (心) に写った「私は在る」という感覚であり、存在の一つの様式です。
    ・ジニャーニ (真我を実現した存在) は、至高なるものです。そして、普遍的観照者でもあります。
     
    ・究極なるものだけが存在する。
    ・実在は、名前も形もない純粋な生命のエネルギーと意識の光だと理解した時、あなたは実在の深い静寂に浸り平和の内にあることだろう。

I_Am_That_15 より抜粋

Talks with Sri Nisargadatta Maharaj より

    15. The Jnani
    15. ジニャーニ

 

ジニャーニ (jnani:賢者、真我を実現した存在) とは誰ですか?

Questioner: Who is the jnani? The witness or the supreme?

Q: Who is the jnani? The witness or the supreme?

    質問者:ジニャーニ (jnani:賢者、真我を実現した存在) とは誰ですか? 観照者ですか、それとも至高なるものですか?

M: The jnani is the supreme and also the witness. He is both being and awareness. In relation to consciousness he is awareness. In relation to the universe he is pure being.

    マハラジ:ジニャーニ (jnani) は至高なるもの (supreme) であり、また観照者 (witness) でもあります。 彼は存在 (being) であると同時に気づき (awareness) でもあります。 意識との関わりでは、彼は気づき (awareness) です。 宇宙との関わりでは、彼は純粋な存在 (pure being) です。

 

最初に現れるのは、個人ですか知るもの (knower) ですか

Questioner: And what about the person? What comes first, the person or the knower.

Q: And what about the person? What comes first, the person or the knower.

    質問者:そしてその個人 (person) ではどうですか? 最初に現れるのは、個人ですか知るもの (knower) ですか。

M: The person is a very small thing. Actually it is a composite, it cannot be said to exist by itself.

    マハラジ:その個人とはとても小さいものです。 実はそれは複合体であり、それ自体では存在しているとは言えません。

Unperceived, it is just not there. It is but the shadow of the mind, the sum total of memories. Pure being is reflected in the mirror of the mind, as knowing. What is known takes the shape of a person, based on memory and habit. It is but a shadow, or a projection of the knower onto the screen of the mind.

     それは知覚されない、それはただそこにはありません (存在しない)。 それは (個人は) ただ心 (マインド) の影、記憶の総計です。知るという状態として、純粋な存在は心の鏡の中に映っています。 知られているものは、記憶と習慣に基づいて個人としての形をとります。 それはただの影、あるいは心 (マインド) のスクリーンへの知るもの (knower) の投影 (反映) です。

 

至高なるものは、太陽です

Questioner: The mirror is there, the reflection is there. But where is the sun?

Q: The mirror is there, the reflection is there. But where is the sun?

    質問者:鏡があり、反射がある。 しかし、太陽はどこにありますか?

M: The supreme is the sun.

    マハラジ:至高なるものは、太陽です。

Questioner: It must be conscious.

Q: It must be conscious.

    質問者:それは意識 (的) していなければなりません (意識しているはずです)。

M: It is neither conscious nor unconscious. Don’t think of it in terms of consciousness or unconsciousness. It is the life, which contains both and is beyond both.

    マハラジ:それは意識 (的) でも無意識 (的) でもありません。 意識や無意識の観点 (言葉) から考えてはいけません。それは生命であり、それは両方を含み、両方を超えています。

 

すべての意識は生きています

Questioner: Life is so intelligent. How can it be unconscious?

Q: Life is so intelligent. How can it be unconscious?

    質問者:生命はとても知的です。 それはどのようにして無意識になりますか?

M: You talk of the unconscious when there is a lapse in memory. In reality there is only consciousness. All life is conscious, all consciousness — alive.

    マハラジ:記憶に中断 (失効) があるとき、あなたはそれを無意識だと話します。 現実 (reality) には意識しかありません。すべての生命は意識 (的) していて、すべての意識は生きています。

● supreme – 記事一覧 ●

http://add-spot.com/wordpress/tag/supreme

  • T.N.T. It Rocks The Earth 1932-Tap No. 2

    2018年6月11日
    T.N.T. It Rocks The ...
  • 「ジャパは必要不可欠です」

    2018年7月20日
    「ジャパは必要不可欠です」 世界から自由になる マハラジ (I Am That ...
  • 2-ジュヌビエーブ・ベーレン女史

    2018年10月25日
    2-ジュヌビエーブ・ベーレン女史 ニューソート (New Thought)  トーマス・トロワード博士 (DR. ...
  • 潜在意識を純粋にする-3

    2019年3月6日
    潜在意識を純粋にする-3 潜在意識の働きを知る-3  すべての根源である「無」があります。一つの生命、光、愛、「沈黙、不動、永遠 (時間、空間がない今)」です。根源は、「I am that ...
  • 潜在意識を純粋にする-8

    2019年3月15日
    潜在意識を純粋にする-8 潜在意識の働きを知る-8  I AM (私は在る) は、純粋な意識です。これが、本来の自己です。本来の自己は、完全で完璧です。全てが在ります。  欲望と恐れは、ありません。未来と過去もありません。純粋な意識が、自然の状態です。この純粋な意識 ...
  • ニサルガ ヨガ (Nisarga Yoga)-6

    2019年3月26日
    ニサルガ ヨガ (Nisarga Yoga)-6 純粋な心-3. ...
  • 7-真我実現は、究極の欲望です

    2019年5月18日
    7-真我実現は、究極の欲望です 夢を見ていると、常に自覚する-7  Talks with Sri Nisargadatta ...
  • 1-実在に焦点を合わせる

    2019年6月6日
    1-実在に焦点を合わせる 意識を意識する-1  心 (潜在意識) は、記憶と習慣の脈絡 (みゃくらく) ...
  • 2-実在に焦点を合わせる

    2019年6月7日
    2-実在に焦点を合わせる 意識を意識する-2  実在に焦点を合わせるには、自分の内面に深く入っていきます。「私は在る」の方向へ入っていきます。  個人は、意識の大海の泡のようなものです。自分の内面に深く入ると、唯一の実在「私は在る」以外は消えます。全体で一つの生命のみが在ります。分離と分断はありません。  個人は、細胞のようなものです。一つの生命の個々の細胞、全体の一部を構成しています。  至高なるものの身体が、意識です。心 (マインド) の身体が、宇宙です。  至高なるものは、心 (マインド) ...
  • 3-実在に焦点を合わせる

    2019年6月8日
    3-実在に焦点を合わせる 意識を意識する-3  レスター・レヴェンソンの「7番目のステップ」では、実在に焦点を合わせて生きます。  実在 (私は在る:I am. I ...


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »