T.N.T. It Rocks The Earth 1932-15page

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク






T.N.T. It Rocks The Earth 1932-15page

C・M・ブリストル (Claude M. Bristol)

 C・M・ブリストル (Claude M. Bristol) の、T.N.T. It Rocks The Earth 1932-15page です。

     「パワーへの信仰。それを信じる人の運命を支配するもの – そして、あなたが、その信仰を得ることができる場合は、あなたの、否定的な側面を放散します。

     この世界では、何もあなたが望むものを得るのを、止めることはできません。」

 このような方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。

C.Mブリストル (1891~1951)

 C.Mブリストル (1891~1951) は、アメリカの実業家で投資銀行顧問でした。

 C.Mブリストル (1891~1951) は、大恐慌のさなかで、危機に陥った会社を立て直そうと暗中模索する中、その後無数の人生を変えることになる「大悟」を得て、どん底の人生を成功に変える秘密」を握った。

     その結果が『TNT―It Rocks the Earth』(T.N.T. It Rocks The Earth 1932 Claude M. Bristol) である。

 「T. N. T.に金銭的価値を置くことはできません。あなたの手の中に本を置くことは、爆発を感じることです。
 何度も何度もそれを読んで、それから最も価値のあるものとして人生を賞賛してください」

 

T.N.T. – It Rocks The Earth

T.N.T. – それは地球を揺るがす

T.N.T. – It Rocks The Earth

“A man’s true greatness lies in the consciousness of an honest purpose in life, founded on a just estimate of himself and everything else, on frequent self-examinations, and a steady obedience to the rule which he knows to be right, without troubling himself about what others may think or say, or whether they do or do not do that which he thinks and says and does.”

— MARCUS AURBLIUS ANTONINUS.

    「人間の真の偉大さは、人生における正直な目的の意識にあります。
     彼自身と他のすべてのことをちょうど見積もりに基づいて、頻繁に自己検診で、彼が正しいことを知っている、ルールへの安定した服従と、他人が思うか話すことについて、自分自身を悩ますことなく、または、彼らが行うかどうか、彼が思っていることを言ったり、してやってはいけない」

    – マルクス・アウレリウス・アントニヌス (Marcus Aurelius Antoninus).

    注:
     マルクス・アウレリウス・アントニヌス (古典ラテン語:Marcus Aurelius Antoninus – 180年3月17日) は、第16代ローマ皇帝 (在位:161年 – 180年)。ネルウァ=アントニヌス朝では、第五代皇帝です。

There are thousands, yes, millions of people seeking the secret—the key to health, riches, happiness, contentment and a solution of their problems.

     健康、富、幸福、満足感、問題解決の鍵となる秘密を求める人々は数千人、はい、何百万人もあります。

Through the ages many men and women had the secret, used the Power and I am positive you can acquire it too if you’ll think as you read, accept and apply the ideas contained herein.

     古くから多くの男性と女性は秘密を持っていました。パワーを使いました。そして、私は肯定的です。あなたもそれを取得することができます。もし、あなたが読んでいると思うなら、ここに含まれているアイデアを受け入れ、適用します。

What do you want? Where are you going?

    あなたは何をしたいですか? あなたはどこに行くの?

 

An Old, Old Story

古い、昔の話

An Old, Old Story

I repeat an old story:

    私は昔の物語を繰り返します。

Down on a levee in Mississippi, two men were dozing — one of them yawned, stretched his arms and sighed:

“Gee, I wish I had a million watermelons.”

    ミシシッピ川の堤防を下って、二人の男が居眠りしていた –
    そのうちの一人は、あくびをした。彼の腕を伸ばして、ため息をつきました。

    「うわあ、私は百万個のスイカを持っていればいいと思う」

The other man said:

    他の人は言いました:

“Rastus, if you had a million watermelons, would you give me half of them?”

“No, sir!”

“Would you give me a quarter of them?”

“No, I wouldn’t give you a quarter of them.”

“Rastus, if you had a million watermelons wouldn’t you give me even ten of them?”

“No, sir! I wouldn’t give you ten of them.”

    「ラスター、もし、あなたが百万個のスイカを持っていた場合には、あなたは私にそれらの半分を与えるだろう?」

    「いいえ、先生!」

    「あなたは、私にそれらの四分の一を与えるだろう?」

    「いいえ、私はあなたに四分の一を与えることはありません」

    「ラスター、もしあなたが百万個のスイカを持っていれば、私にも10個も与えられないでしょう?」

    「いいえ、先生!私はあなたにそれらの10個を与えないだろう。」

— 15 —

“Well, wouldn’t you give me one lousy watermelon?”

“Say, Sam, I wouldn’t give you even a bite of one if I had a million watermelons.”

“Why not, Rastus?”

“Because you’re too lazy to wish for yourself.”

There’s much to be gleaned from that story. You’ll understand as I proceed.

    「まあ、あなたは私に、1個のお粗末なスイカを与えないでしょう?」

    「サムは言います。もし、私は百万個のスイカを持っていた場合、1つの噛み付きも、私はあなたに与えることはありません」

    「なぜ、ラスター?」

    「なぜなら、あなたは自分自身のために怠けている。(あなたは自分のために希望するのが面倒だから)」

    その話から収集されるべき多くがあります。 あなたは、私が進むにつれて理解するでしょう。

 

Scoffers Do Not Succeed

嘲笑者は、成功しません

Scoffers Do Not Succeed

I am fully cognizant that some will scoff — there have always been scoffers, but scoffers never succeed. They never get any place in life — simply become envious, while the doer or the person who is moving forward has to jump over or go around them. They have nothing but a nuisance value in life. Some of you may dismiss all of this as you have done before — as you always will — but for those of you who are interested, are still willing to learn, I promise you can learn and make progress for yourself.

     私は、一部の人が嘲笑することを十分に認識しています – 常に批判家 (嘲笑者) がいましたが、しかし、批判者 (嘲笑者) は決して成功しません。

     彼らは決して人生の中で居場所を取ることはありません – 単に嫉妬深くなる。行為者やまたは、前進している人は、飛び越えなければならない。またはそれらの周りを移動します。彼らは人生の中で、迷惑な価値しか持っていません。

     あなたが以前にしたように、皆さんの中には、このすべてを却下するかもしれません – あなたはいつものようになります – 興味のある方、まだ喜んで学んでいる方のために、私はあなたが自分で学び、進歩を遂げることができると約束します。

I take it there isn’t an intelligent man or woman who isn’t really interested in getting ahead, but I have often wondered if there isn’t a negative quality in most of us which precludes us from really starting.

     私は、それを取る知的な男性や女性ではないが、誰が先に進むことに本当に関心がないのか、しかし、私たちが本当に始めることを妨げている、ほとんどの人に否定的な質がないか、私はよく疑問に思っています。

 

If You Believe It – It’s So

あなたはそれを信じている場合 – それはそうです

If You Believe It – It’s So

There’s a saying I thoroughly believe in: “If you believe it, it’s so.” Simply a cryptic statement or digest of what I give you. All the great teachers, Buddha, Confucius, Mohammed, Jesus and many philosophers taught a great fundamental idea. It is found in all religions, cults, creeds and sects.
Everywhere runs the same general theme — the gist of which in my words is — “If you believe it, it’s so.”

     私は、徹底的に信じているという諺があります:
    「あなたがそれを信じるならば、それはそうです。」
    単に私があなたに与えるものの、秘密の声明またはダイジェストです。

     すべての偉大な教師 (先生)、仏、孔子、モハメッド、イエスと多くの哲学者は、偉大な基本的な考え方を教えてくれました。それはすべての宗教、カルト、信条や宗派に発見されました。

     どこでも同じ一般的なテーマを実行します – 私の言葉の要点は –
    「あなたがそれを信じるならば、それはそうです。」

I quote from the Bible: “As a man thinketh in his heart — so is he.” “As a man thinketh in his heart — so is he” — if you believe it, it’s so. Note the similarity? Reduce the whole thing to one word “faith.” I have heard many, many people say the day of miracles is past, but never in my life have I heard a thinker, a student or a believer make such a declaration. Surely, the days of Aladdin and his lamp are gone — perhaps they never existed — so with the magic wand, the magic carpet, and all of those things of fairy tale and legend.

     私は聖書から引用します:
    「人がハートの中で考えるように – 彼はあります」
    「人がハートの中で考えているように – 彼はあります」 – もしあなたがそれを信じているなら、それはそうです。類似性に注意してください?全部を「信仰」という言葉に減らしてください。

     私は多くのことを聞いたことがあります。多くの人々が、奇跡の日が過去であると言うのを聞いたことがあります (多くの人が奇跡の日が過ぎ去ったと言います) が、私の人生で決して思想家、学生、または信者が、そのような宣言をしたことはありませんでした。

     確かに、アラジンの時代、そして彼のランプは消え去ってしまった – おそらく、彼らは存在しなかったかもしれません – 魔法の杖を持つ、魔法のじゅうたん、そしておとぎ話や伝説のそれらのもののすべてがあります。

— 16 —

 

Believe In Yourself

あなた自身を信じる

Believe In Yourself

When I refer to miracles, I mean those things which can be accomplished through faith. Faith in your belief; Faith in Yourself; Faith in the persons with whom you are associated.

     私が奇跡を参照するとき、私は信仰によって達成できるものを意味します。
     あなたの信念の信仰; 自分自身の信仰; あなたが関連している人たちの信仰。

Faith in a Power. Faith in That Something which controls the destinies of everyone — and, if you can get that Faith and dissipate the negative side, nothing in this world can stop you from acquiring what you desire.

     パワーへの信仰。それを信じる人の運命を支配するもの – そして、あなたが、その信仰を得ることができる場合は、あなたの、否定的な側面を放散します。

     この世界では、何もあなたが望むものを得るのを、止めることはできません。

While this may sound facetious, there is nothing you can not have if you want it.

     これは冗談に聞こえるかもしれないが、あなたはそれをしたい場合は、あなたが持つことができないものは何もありません。

 

Why The Alibis?

なぜアリバイ?

Why The Alibis?

All of us are prone to calculate and weigh things, permitting the negative side to creep to the fore, and our thoughts evidence themselves in such remarks as “It can’t be done;” “I’m afraid;” “What will happen if I do it?” “People won’t understand;” “It isn’t worth the effort;” “I haven’t the time” and similar verbal alibis. If you haven’t expressed these thoughts to yourself, then others have to you, and, through the power of suggestion, you have accepted them as your own conclusions.

     私たちのすべては、物事を計算し、比較検討しやすいです。そして、否定的な側面が前面に忍び寄ることを許します。

     そして私たちの考えは、このような発言で自分自身を証明している。
    「それは行うことはできません」
    「私は恐れている」
    「私はそれを行うとどうなりますか?」
    「人々は理解できないだろう。」
    「それは努力する価値はありません。」
    「私は時間がありません」
    そして、同様の言葉のアリバイ。

     あなたが、あなた自身にこれらの考えを表明していない場合は、他の人はあなたに持っています。そして、助言の力によって、あなたは、あなた自身の結論として、それらを受け入れています。

This same message has been written and delivered thousands of times. It runs through the Bible; you find it in the great fraternal orders; it led the three wise men; the crusaders carried it; every outstanding character of history has used it; Moses, Alexander the Great, Napoleon, Shakespeare, Washington, Lincoln, Roosevelt, Wilson, Benjamin Franklin, Edison, Dr. Steinmetz, Barnum, and thousands of others had a grasp of that something.

     これと同じメッセージは、何千回も書かれています。そして、お届けされました。これは、聖書を通して実行されます。

     あなたは偉大な兄弟の命令で、それを見つけます。それは、3人の賢者を導きました。十字軍はそれを運びました。歴史の優れた人物は、すべてそれを使用しています。

     モーゼ、アレキサンダー大王、ナポレオン、シェイクスピア、ワシントン、リンカーン、ルーズベルト、ウィルソン、ベンジャミン・フランクリン、エジソン、シュタインメッツ博士、バーナム、その他、何千人もの人が、そのことを把握していました。

 

The Wise Men Knew

賢者たちは知っていました

The Wise Men Knew

The wise men of all ages, the “medicine men,” religious leaders, great teachers, the yogis, the “healers,” the miracle men — all of them knew this secret. Some worked it one way — some another.

     すべての年齢の賢者、「医者」、宗教指導者、偉大な教師、ヨギ、「ヒーラー (癒しの人)」、奇跡の人など – それらのすべてが、この秘密を知っていました。

     いくつかの人はそれを一方向に – いくつかの別の方法で働いた。

They were just human beings. If they knew and could achieve, so can you.

     彼らは、真の人・存在でした。もし、彼らが知っていたならば、そして、達成できます。そうすることができます。

— 17 —

Halt! Think! Ponder! What made Mussolini?

    停止します! 考えてみて! 熟考! 何がムッソリーニを作ったのですか?

What is it that Aimee has? Gypsy Smith? Billy Sunday? Belief, Faith — only that, and the ability of a staunch believer to pass it on to the other fellow.
It’s the very keynote of all great religions.

     それは、エイミーが持っていることは何ですか? ジプシー・スミス? ビリー・サンデー?
     信念、信仰 – だけではなく、および他の仲間にそれを伝えるために忠実な信者の能力。それは、すべての偉大な宗教のまさにその主要な点です。

All big things are started by one person, one believer. It makes no difference where they got the idea originally. All great inventions are the outgrowth of the whole scheme — Faith, Faith — belief in yourself, your ideas. All super-salesmen know this — they use the Power — that’s why they are super-salesmen.

     すべての大きなことは1人、1人の信者によって開始されています。それはどこにも違いはありません。彼らはもともと考えを持っていました。

     すべての偉大な発明は、全体の計画の成果です – 信仰、信念 – 自分自身の信念、あなたの考え。

     すべてのスーパーセールスマンは、このことを知っています – 彼らは、パワーを使用します – それが、彼らがスーパーセールスマンである理由です。

Every community drive, every forward movement, everything worthwhile succeeds because some one person has Faith and is able to pass it on and on and on. Think about that — then think about it some more, and think of it again. Meditate over it, and you’ll realize that every word is true.

     すべてのコミュニティ主導、すべての前方への移動、すべての価値ある成功は、何人かの人が信仰を持ち、それを繰り返して渡すことができるからです。

     それについて考えてみてください – その後、いくつかのより多くのそれについて考え、そして再び、それについて考えます。その上で瞑想 (黙想) すると、あなたはすべての言葉が、真実であることを理解するでしょう (それを黙想すると、すべての言葉が真実であることが分かります)。

 

Don’t Envy: Do

嫉妬しないでください:行う

Don’t Envy: Do

Many envy the man or woman getting ahead, who appears to be a financial success, a power, an influence. Did you ever seek the explanation?
Everything that anyone has ever done constructively has been done from within himself.

     多くの人が前進している人を、羨 (うらや) ましく思います。誰が経済的な成功、権力、影響力があるように思われます。あなたはこれまで、説明を求めたことがありますか?

     誰もが今まで建設的に行ってきたことは、すべて自分自身の中から行われてきました。

Every one of us, if put on the right track, can accomplish what he or she is after by keeping before him or her my own expression: “If you believe, it’s so,” and adopting the old adage: “Where there’s a will there’s a way” In other words, get that will power — that Faith — that Belief working every minute of the day — 24 hours of the day — 7 days a week—365 days a year.

     私たち一人一人は、正しい道に乗っていれば、彼または彼女は、私の自身の表現を保つことによって、後のことを (自分が何をしているのかを) 達成することができます:
    「あなたが信じているなら、それはそうだ」

     古い格言を採用する:
    「そこには意志がある」と言い換えれば、それがパワーになる – その信仰 – その信念は、毎日働いている – 24時間の1日 – 週7日、年365日。

And I promise you if it’s done you will leave people around you in the progress you make as rapidly as high frequency electrical discharges oscillate through the ether.

     そして、それが完了すれば、あなたは、高周波放電がエーテルを介して振動するのと同じくらい、急速に進歩していくことになります。

 

Stop! Think! Meditate!

やめる! 考えてみて! 黙想する!

Stop! Think! Meditate!

Pause and think for a moment. What is organized propaganda?

    一時停止し、しばらく考えてください。 組織的な宣伝とは何ですか?

Nothing more, nothing less than a well developed plan to make you believe. You saw it work in the war days and if you’re wide awake to what is going on around you, you know that it’s being worked in every line of human endeavor today — just as it was worked thousands of years ago and as it always works.

     これ以上何もない、あなたを信じさせるための、十分に開発された計画以上はありません。あなたは、それが戦争の日に働くのを見た。

     あなたの周りで起こっていることに、あなたが広く目覚めているならば、あなたはそれが、今日の人間の努力のすべてのラインで働いていることを知っています – 何千年も前に働いていたのと同じように、いつもうまくいっています。

— 18 —

If you’re reading the newspaper, listening to the radio and will keep in mind my theme, you will realize that all these speeches of our leaders, our great men coming to us with clock-like regularity are being given with a purpose — to make us believe. Those men know it works.

     あなたが、新聞を読んでラジオを聞いて、私のテーマを心に留めているなら、あなたは、私たちの指導者たちのすべての、これらの演説の意図を理解するであろう。

     私たちに来る偉大な人たちは、時計のような規則性が目的で与えられている – 私たちを信じさせるため。それらの人は、それが働くことを知っている。

 

The Voice Speaks

声が語ります

The Voice Speaks

Mahatma Gandhi upon arriving in England to seek a solution of India’s problems said: “I’m doing this because a voice within me speaks.”

     インドの問題の解決策を模索するために、イギリスに到着した時にマハトマ・ガンジーは言いました:「私の中の声が話すので、私はこれをやっています。」

Gandhi referred to “something” from within. Call it a Power, call it something supernatural, call it anything you wish. Some refer to it as the subjective mind. Others call it the subconscious mind. Some instinct. Still others to the impulses coming from within as hunches. Divine messages.
Spiritualists refer to it as a voice from beyond. No matter what it is, it gets results, and now I show you how to acquire it.

     ガンジーは内部から「何か」を参照しました。 それをパワーと呼んで、超自然的なものと呼んで、あなたが望むものと呼んでください。いくつかはそれを主観的な心と呼んでいます。他の人はそれを潜在意識と呼んでいます。ある本能。 また、勘のように内からくる衝動には、他のものがあります。神のメッセージ。

     スピリチュアリズムは、それを向こうからの声と呼んでいます。 それが何であっても、それは結果を得て、今はそれをどのように取得するかを示します。

— 19 —

END

● T_N_T – 記事一覧 ●

T.N.T. It Rocks The Earth 1932 について

 C.Mブリストル (1891~1951) は、アメリカの実業家で投資銀行顧問でした。C.Mブリストル (1891~1951) は、大恐慌のさなかで、危機に陥った会社を立て直そうと暗中模索する中、その後、無数の人生を変えることになる「大悟」を得て、どん底の人生を成功に変える秘密」を握った。

     その結果が『TNT―It Rocks the Earth』(T.N.T. It Rocks The Earth 1932 Claude M. Bristol) である。「T.N.T. それは地球を揺るがす1932」- 邦訳の題名は、「信念の奇跡」です。

 「T. N. T.に金銭的価値を置くことはできません。あなたの手の中に本を置くことは、爆発を感じることです。何度も何度もそれを読んで、それから最も価値のあるものとして、人生を賞賛してください」。

http://add-spot.com/wordpress/tag/T_N_T


C.Mブリストル著 「T.N.T. It Rocks The Earth 1932」の邦訳です。
信念の奇跡 単行本 – 2008/12/15

内容(「BOOK」データベースより)

 運命は変えられる! 学び行動する人間だけが成し得ることとは―。名著『信念の魔術』の著者が贈る、成功と幸福と満足をもたらす人生論。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

C.M.ブリストル (1891~1951)

 アメリカの実業家で投資銀行顧問。第1次大戦でフランスとドイツに従軍後、米軍放送「スターズ・アンド・ストライプ」に勤務。司法と宗教等の堅い分野を扱うジャーナリストとして、大手新聞社で活躍後、大投資ブームの20年代後半に、パシフィックコースト投資銀行家グループ「スミス・キャンプ・アンド・ライリー」に入社、重役になる。

 大恐慌のさなかで、危機に陥った会社を立て直そうと暗中模索する中、その後無数の人生を変えることになる「大悟」を得て、どん底の人生を成功に変える「大秘密」を握った。その結果が『TNT―It Rocks the Earth』である。1948年、『信念の魔術』を著して、その名前を不朽のものにした

林 陽

 千葉県生まれ。獨協大学外国語学部で英米文学を専攻
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

単行本: 124ページ
出版社: かんき出版 (2008/12/15)
言語: 日本語
ISBN-10: 4761265744
ISBN-13: 978-4761265748
発売日: 2008/12/15
梱包サイズ: 19 x 12.8 x 1.4 cm


スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »