T.N.T. It Rocks The Earth 1932-Tap No. 1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク






T.N.T. It Rocks The Earth 1932-Tap No. 1

C・M・ブリストル (Claude M. Bristol)

 C・M・ブリストル (Claude M. Bristol) の、T.N.T. It Rocks The Earth 1932-Tap No. 1 です。

     「あなたが繰り返し (反復)、または繰り返しのこのプロセスを使用して、あなたの意識の心の中で明確な詳細な画像を取得し、潜在意識のクリックを作ることができれば、あなたはあなたのコマンドで驚くべきパワーを得ます。」

 このような方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。

C.Mブリストル (1891~1951)

 C.Mブリストル (1891~1951) は、アメリカの実業家で投資銀行顧問でした。

 C.Mブリストル (1891~1951) は、大恐慌のさなかで、危機に陥った会社を立て直そうと暗中模索する中、その後無数の人生を変えることになる「大悟」を得て、どん底の人生を成功に変える秘密」を握った。

     その結果が『TNT―It Rocks the Earth』(T.N.T. It Rocks The Earth 1932 Claude M. Bristol) である。

 「T. N. T.に金銭的価値を置くことはできません。あなたの手の中に本を置くことは、爆発を感じることです。
 何度も何度もそれを読んで、それから最も価値のあるものとして人生を賞賛してください」

 

Tap No. 1

1番タップ

Tap No. 1

First, however, permit me to set the stage by calling attention to the effect of repetition or reiteration. For example, take a pneumatic chisel — you have seen one used in breaking up solid concrete or piercing holes through steel. It’s the tap, tap, tap, tap of that chisel with a terrific force behind which causes disintegration of the particles and makes a dent or hole in the object on which it is used.

     まず、しかし、繰り返しまたは繰り返しの影響に注意を呼び出すことで、ステージを設定するために私を許可します。

     例えば、空気圧のノミを取る – 鋼を使って頑丈なコンクリートや穴をあけるために使われているのを見たことがあります。 これは、粒子の崩壊を引き起こし、それが使用されているオブジェクトに、凹み又は穴を作る。その背後に素晴らしい力で、その鑿 (ノミ) のタップ(トントン)、タップ(トントン)、タップ(トントン)、タップ(トントン)です。

All of us have heard of the old torture system of dripping water on the forehead. Perhaps you are familiar with Kipling’s “Boots.” It’s the tramp, tramp of boots, boots, that makes men mad. It’s the constant never-ending repetition that penetrates.

     私たちのすべては、額に水を滴下する、古い拷問システムを聞いたことがあります。
    おそらくあなたはキプリングの「ブーツ」に精通しているでしょう。

     それは、不定期です。ブーツ (キック) の不定期、ブーツ (キック) 、それは男性を怒らせる。それは浸透する、絶え間ない決して終わることのない繰り返しです。

You are familiar with the first part of the picture and how repetition works on material things, but some of you may not thoroughly understand the second part, but here, too, it’s the repetition that ultimately makes its impression upon the human mind.

     あなたは写真の最初の部分と、繰り返しが物質的なものにどのように作用するのか、あなたの中には、第二の部分を完全に理解できない人もいるかもしれませんが、ここでもまた、人間の心にその印象を与えるのは繰り返しです。

The fundamental of advertising is its repetition, its appeal by reiteration — “It floats;” “There’s a reason;” “I’d walk a mile;” “They’re kind to your throat.” A hundred others all impressed on your mind by constant repetition — tap, tap, tap. Today our leaders are saying the same thing to us though perhaps in a different way. “Have faith;” “Have courage;” “Move forward;” “Business is coming back” etc. Repetition, reiteration — again and again.

     広告の基本はその繰り返しです。反復によるその魅力 – 「それは浮動;」「理由はある」「私はマイルを歩くだろう」「彼らはあなたの喉に親切です」。

     何百もの人が、何度も何度もあなたの気持ちに感銘を受けました – タップ(トントン)、タップ(トントン)、タップ(トントン、こつこつとたたく)。

     今日、私たちの指導者たちは、おそらく異なる方法で私たちに同じことを言っています。「信仰を持っている;」「勇気がある」 「前へ進む」 「ビジネスは戻っている」など。反復、繰り返し – 何度も繰り返します。

— 19 —

Tap, tap, tap.

    タップ(トントン)、タップ(トントン)、タップ(トントン)。

The connection between the conscious and the subconscious or subjective mind is close. Every student of the subject knows what may be accomplished by definitely contacting the subconscious. If you can get a definite detailed picture in your conscious mind by using this process of reiteration or repetition and make the subconscious mind click, you have at your command a Power that astounds.

     意識と潜在意識または主観的な心のつながりは近いです。 被験者のすべての生徒は、潜在意識に確実に接触することによって、何が達成されるかを知っています。

     あなたが繰り返し (反復)、または繰り返しのこのプロセスを使用して、あなたの意識の心の中で明確な詳細な画像を取得し、潜在意識のクリックを作ることができれば、あなたはあなたのコマンドで驚くべきパワーを得ます。

 

The Science Of Suggestion

提案の科学

The Science Of Suggestion

We hear much about the power of suggestion. We know how easy it is to make a person ill by constantly suggesting to him that he doesn’t look well, etc. It’s the constant mental review of his crime that suggestion makes a lawbreaker confess. As a newspaper man I have been in on many “third degree” sessions.

     私たちは、提案の力について多くを聞きます。 私たちは、彼に常に示唆することによって、人を病気にさせることがいかに簡単であるかを知っています。彼はよく見えない、など。

     これは、提案が犯罪者の告白を作る、彼の犯罪の一定の精神的なレビューです。新聞人として、私は多くの「拷問」の立ち会いに参加しています。

I have seen detectives and prosecutors corner a single individual and shoot questions at that individual until his face was bathed in perspiration. It is the deadly repetition, the reiteration, the tap, tap, tap, through the power of suggestion which brings confession.

     私は探偵や検察官が一人の人を隅々まで見て、顔が汗をかくまでその人に質問をしました。 それは致命的な繰り返し、繰り返し、タップ、タップ、タップ、告白をもたらす提案の力によってです。

Skilled prosecutors, clever defenders appeal to the emotions of jurors, never to the conscious reason. And how do they do it?

     熟練した検察官は、巧妙な守備は決して意識的理由に、陪審員の感情に訴えます。 そして、彼らはそれをどのように行うのですか?

Simply by a process of repeating and emphasizing time after time the points they wish to stress. They do it with usage of words and variations of argument. Behind all there is that tap, tap, tap, tap — tapping — the subconscious — making the jurors believe.

     単にストレスをかけるポイントを時間の経過とともに繰り返し強調するプロセスによって。 彼らは言葉や議論のバリエーションを使ってそれを行います。

     すべての背後には、そのタップ、タップ、タップ、タップ – タップ – 潜在意識 – は、陪審員が信じるようにしています。

If you will keep this idea of repetition in mind you will understand why the Jewish people are so successful in business.

    この繰り返しの考え方を念頭に置くなら、ユダヤ人がなぜ成功したのかを理解するでしょう。

When families are gathered together, the subject of conversation is business, business. They talk their problems over — they keep before them constantly the idea of making money and making progress and never for a moment are they permitted to forget. And they stick together.

     家族が一緒に集まるとき、会話の対象はビジネス、ビジネスです (家族が集まっている場合には、会話の主題は、ビジネス、ビジネスです)。 彼らは彼らの問題を話しています。彼らは常にお金を稼ぎ、進歩を遂げるというアイデアを常に前に置いています。決して忘れることは許されません。 そして、彼らは一緒に固執します。

The idea there was born of necessity, just like a machine or an article is born of necessity. We are all familiar with the old adage, “Necessity is the mother of invention” — and it is true of all human impulses and endeavors.

     必然的に生まれたという考えは、機械や必需品のように必然的に生まれる。 我々は、すべての古い格言に精通している、「必要は発明の母である」 – そしてそれはすべての人間の衝動と努力の事実です。

— 20 —

A drowning man grabs at a straw, a starving man at a crust of bread.

    溺れた人はわらをつかみ、パンの皮のところにいる飢えた人。

The impulses come when you get up against it. You who have been there know what you had to rely on in times of acute pressure, and whether or not you heard a little voice from within.

     あなたはそれに対して立ち上がったときに勢いが来ます。
     そこにいたあなたは、急激な圧力の時に、あなたが頼りにしなければならなかったこと、そしてあなたがその中から少しの声を聞いたかどうかを知っています。

 

Where Are You Going?

あなたはどこに行くの?

Where Are You Going?

There can be no gainsaying that once you have made up your mind to do a thing it will be done, but the trouble with most of us is that we sidestep, vacillate, and seldom make up our minds to what we want or determine clearly the road on which we wish to travel. All daydreams and wishes would become realities if we kept them constantly before us — put fear behind — shoved away all reservations, ifs, ands and buts. Again, a lot of us think we know what we want when, as a matter of fact, we don’t. This sounds paradoxical but, if each of us knew what he wanted, he would get it, provided he had the will-power, the stamina, the dynamic force, the fight to go after it.

     あなたが物事をするために、あなたの心を作ったなら、それが行われます (あなたは、何かをするためにあなたの心を作った後は、否定することはありえません)。しかし、私たちのほとんどの問題は、私たちが回避し (擦り替える)、動揺させる (よろめく) ということです。私たちが望むものに、私たちの心を補うことはめったになく、私たちが旅行したい道をはっきりと決めることはほとんどありません。

     私たちは、常に私たちの前にそれらを保っていれば、すべての空想と願いが現実になります – 恐れを払って、すべての気兼ねを離れて、もしも、条件と言い訳を一掃しました。

     繰り返しますが、私たちの多くは、実際にはそうではない時に、私たちが望むものを知っていると思います。これは逆説的に聞こえますが、私たちのそれぞれが望むものが分かっていれば、意志力、体力、力強い力、それを追いかける戦いを持っていれば、彼はそれを得るでしょう。

    注:
    ifs:もしも, たとえ
    ifs and buts:条件と異議
    No ifs, ands or buts!:言い訳は無用

Therefore, the first thing to do is get that spirit of determination. That may be obtained by constantly saying to yourself — “I will” “I will” “I will” and “I will” and believe it. Then before you know it you will have developed a willpower which, coupled with these other things I am about to explain, will change your whole scheme of things and get You on the road to success. If you haven’t the desire to improve your own individual position in life, then you had better stop reading right now and burn this. However, if you have the desire, you are on your way to make progress.

    したがって、最初に行うべきことは、その決定の精神を得ることです。

    それはあなた自身に絶えず言い続けることによって得られるかもしれません –
    「私は意志 (します)」
    「私は意志 (します)」
    「私は意志 (します)」
    そして
    「私は意志 (します)」
    そしてそれを信じます。

     あなたがそれを知る前に、あなたは私が説明しようとしているこれらの他のものと相まって、あなたの全体の計画を変え、あなたを成功の道に導く意志を育てるでしょう。

     あなたが人生における自分の立場を向上させたいという欲求を持っていなければ、今読んでいることをやめてこれを燃やすのがよいでしょう。 しかし、あなたが望みを持っているなら、あなたは進歩を遂げています。

 

What Do You Want?

あなたは何をしたいですか?

What Do You Want?

No matter whether you be a salesman, an executive, a mechanic, a writer or what, or whether you are after money, love, improvement in social position, in the legal profession or medical profession, it makes absolutely no difference. You can utilize this power and acquire every single thing you want — whether it be a pair of shoes or a mansion.

     あなたがセールスマン、エグゼクティブ、メカニック、作家、あるいは何者であろうと、あなたがお金、愛、社会的地位の向上、法律専門職または医療職業の後であっても、それは全く違いがありません。

     あなたはこの力を利用して、靴のペアであろうと大邸宅であろうと、あなたが望むあらゆるものを手に入れることができます。

— 21 —

END

● T_N_T – 記事一覧 ●

T.N.T. It Rocks The Earth 1932 について

 C.Mブリストル (1891~1951) は、アメリカの実業家で投資銀行顧問でした。C.Mブリストル (1891~1951) は、大恐慌のさなかで、危機に陥った会社を立て直そうと暗中模索する中、その後、無数の人生を変えることになる「大悟」を得て、どん底の人生を成功に変える秘密」を握った。

     その結果が『TNT―It Rocks the Earth』(T.N.T. It Rocks The Earth 1932 Claude M. Bristol) である。「T.N.T. それは地球を揺るがす1932」- 邦訳の題名は、「信念の奇跡」です。

 「T. N. T.に金銭的価値を置くことはできません。あなたの手の中に本を置くことは、爆発を感じることです。何度も何度もそれを読んで、それから最も価値のあるものとして、人生を賞賛してください」。

http://add-spot.com/wordpress/tag/T_N_T


C.Mブリストル著 「T.N.T. It Rocks The Earth 1932」の邦訳です。
信念の奇跡 単行本 – 2008/12/15

内容(「BOOK」データベースより)

 運命は変えられる! 学び行動する人間だけが成し得ることとは―。名著『信念の魔術』の著者が贈る、成功と幸福と満足をもたらす人生論。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

C.M.ブリストル (1891~1951)

 アメリカの実業家で投資銀行顧問。第1次大戦でフランスとドイツに従軍後、米軍放送「スターズ・アンド・ストライプ」に勤務。司法と宗教等の堅い分野を扱うジャーナリストとして、大手新聞社で活躍後、大投資ブームの20年代後半に、パシフィックコースト投資銀行家グループ「スミス・キャンプ・アンド・ライリー」に入社、重役になる。

 大恐慌のさなかで、危機に陥った会社を立て直そうと暗中模索する中、その後無数の人生を変えることになる「大悟」を得て、どん底の人生を成功に変える「大秘密」を握った。その結果が『TNT―It Rocks the Earth』である。1948年、『信念の魔術』を著して、その名前を不朽のものにした

林 陽

 千葉県生まれ。獨協大学外国語学部で英米文学を専攻
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

単行本: 124ページ
出版社: かんき出版 (2008/12/15)
言語: 日本語
ISBN-10: 4761265744
ISBN-13: 978-4761265748
発売日: 2008/12/15
梱包サイズ: 19 x 12.8 x 1.4 cm


スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »