10-真我実現は、究極の欲望です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


10-真我実現は、究極の欲望です

夢を見ていると、常に自覚する-10

 夢から覚めるには、常に意識して唯一の実在に焦点を合わせます。

    実在に焦点を合わせためには、「執着と険悪」を手放します (無執着になる)。
    「執着と険悪 (私ではないもの)」は、記憶と習慣の脈絡 (みゃくらく) です。
    毎日、無執着 (欲望と恐怖、快楽と苦痛を手放す) に近づく修練をします。
    四つの意識状態について、ジニャーニの知識を得ます。

     私の意識には、「起きている状態」と「眠っている状態」の、2つの意識状態がある。
    ・「目覚めの状態 (起きている状態)」 をジャグルティ (Jagruti) 、

    ・「夢を見ている状態」をスワプナ (Swapna) 、
    ・「深く眠った状態」をスシュプティ (Sushupti) という。

    この3つの意識を超えた「高次の意識」が、トゥリヤの意識状態です。
    ・トゥリヤ (Turiya) は、「第4の意識」という意味です。

 このような方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。

執着と険悪を手放す

瞑想の熟練者

 ウェイン・ダイアー博士の「ああ瞑想」では、「脊椎の基底部にあるルート・チャクラ」から、「眉間のチャクラ (第3の眼) 」までの、導管 (経絡のようなもの、肉眼では視えない) を掃除します。

 エネルギーの通りを良くするためです。「脊椎の基底部にあるルート・チャクラ」から、「眉間のチャクラ (第3の眼) 」まで、エネルギーを引き上げて、第3の眼から外に出します。

 「ahh (あー)」という音を、「脊椎の基底部にあるルート・チャクラ」から、響いていると感じます。そして、「眉間のチャクラ (第3の眼) 」まで、上げていきます。

    パラマハンサ・ヨガナンダの言葉

    「曲がった脊椎は覚醒の敵です。
    瞑想においては、いつも脊椎を真っ直ぐに保ってください。
    それは生命力が邪魔されることなく流れるようにするためです。

    次に、眉間にあるキリスト意識の中枢に注意を集中してください。
    そのポイントに深く集中すればするほど、ますます、
    あなたのエゴが超意識のなかに融けて消えていくのが分かります。」

       — パラマハンサ・ヨガナンダ —


参考サイト:
「ああ瞑想」”ahh meditation” – 参考資料 | 精神 (mind)・アドオンスポット
http://mind.add-spot.com/wp/ahh-meditation

 この、「ああ瞑想」「ahh meditation」の、「ahh」は、創造の音と言われています。古来から伝わる瞑想です。

 この瞑想は、ウェイン・ダイアー博士が、すすめています。「サドゥグルのIshaクリヤ」でも、この「ああ瞑想」「ahh meditation」をすすめています。

 サドゥグルの「Isha」とは、創造の源を意味します。「クリヤ」とは「内側の鍛錬」です。Ishaクリヤは、一人一人が存在の源と繋がり、人生を思い通りに創造していけることを目的としています。ウェイン・ダイアー博士と細かい方法は、少し違いますが、存在の源と繋がり、人生を思い通りに創造していくための瞑想です。

 この方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。

 

四つの意識状態について

     四つの意識状態について、ラマナ・マハルシは、話しています。

     「人は、常に眠りの中だけにいるのです。現在の目覚めの状態は、夢以外の何者でもありません。夢は、眠りの中でしか起こりません。眠りは、これら3つの状態の根底にあります。これら3つの状態の現れもまた夢であり、その夢もまた、もうひとつの眠りなのです。」

 多くの人は、日中活動し夜間に睡眠をとります。私の意識には、「起きている状態」と「眠っている状態」の、2つの意識状態があります。

 「目覚めの状態 (起きている状態)」 をジャグルティ (Jagruti) といい、眠った状態をさらに、2つに分けています。

 「夢を見ている状態」をスワプナ (Swapna) といい、「深く眠った状態」をスシュプティ (Sushupti) といいます。

 この3種類の意識は、普段活動する中で、日常的に体験する事の多い意識の状態です。

 この3つの意識を超えた「高次の意識」が、トゥリヤの意識状態です。トゥリヤ (Turiya) は、「第4の意識」という意味です。

 トゥリヤの意識状態で、人は初めて「本当の現実・リアリティを知る」、といわれます。雑念がなく、意識が清明で、かつ注意深くある状態です。

 ニルヴィカラ・サマーディ (Nirvichara Samadhi) とも言われるこの状態では、深いメディテーションの中、人はこのような意識状態にあることができます。


参考サイト:
サハジャ (sahaja) – 自然な状態 | 精神 (mind)・アドオンスポット
http://mind.add-spot.com/wp/sahaja-1

 サマーディのなかに永久的にとどまっていることが、サハジャ (自然な状態) である。サハジャ (sahaja) とは、自然な状態。本来の状態・真我の状態です。

 ラマナ・マハルシは、「サマーディ [ samadhi ]」、「トゥリーヤ [ turiya ] (第四の意識状態)」、「ニルヴィカルパ [ nirvikalpa ]」は、みな同じ意味を示している。それは真我の自覚である。と言っています。

 このような方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。

 

分離した私という概念を捨てます。

 私の内面に、深く入っていきます。

 個人は、意識の大海の泡のようなものです。実在ではありません。多数の泡が現れては、消えていきます。泡の中に私の宇宙 (私の世界) が現れては、消えていきます。

 意識の大海に分離した私という個人は、ありません。

    「私は在る (I am. I am that I am.)」の方向に、深く入っていきます。
    私は、無である。無は、何も恐れない。
    無に触れると、全てが無になる。そのために他のものは、無を恐れる。

    私の内面 (心の奥深く) に入っていくと、分離はなくなる。
    ジニャーニと私は、一つである。全てのジニャーニの体験は、私の体験である。

    無として在ることで、全てである。私は、世界である。
    名前と形に固執することで、恐れがでてくる。

    あなたが、すべてと考えるとき、神もすべてと考える。

    私は、特定の個人でもあり、宇宙全体でもある。

    ジニャーニがなくなるとき、意識の大海と一つになる。

● true_realization – 記事一覧 ●

http://add-spot.com/wordpress/tag/true_realization

  • 1-真我実現は、究極の欲望です

    2019年4月27日
    1-真我実現は、究極の欲望です 夢を見ていると、常に自覚する  「欲望と恐れ」、「快楽と苦痛」がこの心 (マインド) の世界を維持しています。人は、「幸福や健康」、「豊かさや繁栄」、「成功や承認」を求めて活動しています。  パラマハンサ・ヨガナンダは、「まず神を求めなさい。そうすると他の願望は全て実現する。」と言っています。  パラマハンサ・ヨガナンダは、毎日、目が覚めるとすぐに瞑想をして、神と繋がるようにしました。神の意識を自分の意識にするように、日々実践しました。  その結果として、願望を実現しました。  真我実現は、究極の欲望です。まず、この欲望を実現します。そうすると、他のものは全て満たされます。  この感覚で知覚している、心 (マインド) ...
  • 2-真我実現は、究極の欲望です

    2019年5月2日
    2-真我実現は、究極の欲望です 夢を見ていると、常に自覚する-2  パラマハンサ・ヨガナンダは、カリフォルニア州ロサンゼルス、1937年12月23日の講話で、  「人の最初の集中は、神との一致にあるべきです。  あなたが様々な地上の状況を経験 (体験) するにつれて、毎日、神との一体性を心から実践してください。」  「しかしほとんどの人は、それを練習する忍耐力を持っていません。 私は忍耐力がありました。」と話しています。  このような方法で、無意識にある前提や思い込み ...
  • 3-真我実現は、究極の欲望です

    2019年5月5日
    3-真我実現は、究極の欲望です 夢を見ていると、常に自覚する-3  「マントラを唱えると何が起きるのか?」について、ニサルガダッタ・マハラジが話しています。  I_Am_That_22. Talks with Sri ...
  • 4-真我実現は、究極の欲望です

    2019年5月6日
    4-真我実現は、究極の欲望です 夢を見ていると、常に自覚する-4  レスター・レヴェンソンのリリーシングでは、ターゲット (目標・ゴール) を最高のもの・完全なものにしています。学習する人の指針となる「6つのステップ」と「7番目のステップ」が、あります。 真我は、生命であり愛です。一つであり分割や分断は、ありません。完全で完璧です。 個我は、私ではありません。夢を見ている人格です。  レスターのオリジナルの方法を伝えている、スティーブ・セレタンは、上達するための秘訣として「生徒は、毎日「6つのステップ」を読むか、ノートに書く。」ことを、推奨しています。  このような方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) ...
  • 5-真我実現は、究極の欲望です

    2019年5月8日
    5-真我実現は、究極の欲望です 夢を見ていると、常に自覚する-5  人が知覚している世界は、実在 (不動・不変) ではありません。夢の中の世界 (心の中) ...
  • 6-真我実現は、究極の欲望です

    2019年5月13日
    6-真我実現は、究極の欲望です 夢を見ていると、常に自覚する-6  「夢を見ていると、常に自覚する」ことで、夢から覚めることができます。目を閉じて、意識を感じます。意識は、頭の中の脳に固執しています。  多くの人は、脳の中に意識を感じます。目を閉じた状態で、沈黙を感じます。沈黙の中に入っていきます。  多くの人は、頭の中の雑音 (想念)、頭の中のヤジ (ささやき)、などの思考や感情や想像が湧いてきます。これらは、心の表層で起きています。そこから離れて、心の中へ深く入ります。 I ...
  • 7-真我実現は、究極の欲望です

    2019年5月18日
    7-真我実現は、究極の欲望です 夢を見ていると、常に自覚する-7  Talks with Sri Nisargadatta ...
  • 8-真我実現は、究極の欲望です

    2019年5月29日
    8-真我実現は、究極の欲望です 夢を見ていると、常に自覚する-8  真我を実現した存在 (ジニャーニ) は、実在に焦点が合っています。  「それはすべて焦点の問題です。 あなたの心 ...
  • 9-真我実現は、究極の欲望です

    2019年5月30日
    9-真我実現は、究極の欲望です 夢を見ていると、常に自覚する-9  心 (マインド、潜在意識) という、記憶と習慣の脈絡を断ち切るには、信念 (前提となる強い考え) ...
  • 8-実在に焦点を合わせる

    2019年6月15日
    8-実在に焦点を合わせる 意識を意識する-8  療法士は、Dr. Ihaleakala Hew Lenでした。 ...


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »