4-真我実現は、究極の欲望です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


4-真我実現は、究極の欲望です

夢を見ていると、常に自覚する-4

 レスター・レヴェンソンのリリーシングでは、ターゲット (目標・ゴール) を最高のもの・完全なものにしています。学習する人の指針となる「6つのステップ」と「7番目のステップ」が、あります。

    真我は、生命であり愛です。一つであり分割や分断は、ありません。完全で完璧です。

    個我は、私ではありません。夢を見ている人格です。

     レスターのオリジナルの方法を伝えている、スティーブ・セレタンは、上達するための秘訣として「生徒は、毎日「6つのステップ」を読むか、ノートに書く。」ことを、推奨しています。

 このような方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。

学習する人の指針となる「6つのステップ」

 

レスター・レヴェンソンの「6つのステップ」

     レスターのオリジナルの方法を伝えている、スティーブ・セレタンは、上達するための秘訣として「生徒は、毎日「6つのステップ」を読むか、ノートに書く。」ことを、推奨しています。

The Six Steps
6つのステップ

1. You must want imperturbability more than you want approval, control and security.
1. あなたは、承認、制御、安全の欲求よりも、不動心 (不変性) を求めています。

 注記:「6つのステップ」の1番目は、4つの基本的な欲求 (承認の欲求、制御の欲求、安全 / 生存の欲求、分離 / 一体の欲求) を満たしたい (充足させたい) 欲求以上に、完全な自由・不動心を求める欲求が強いことを知り認めます。

2. Decide you can do the Method and be imperturbable.
2. あなたが方法を行うこと (手放すこと) ができると決めます。そして、動じないことです。

 注記:「6つのステップ」の2番目は、今できると決めます。そして、それは、変わりません (不動・不変です)。今の中だけで、実在性が与えられます。「今手放した。そして、ゴール (結果) を得た。そして、充足 (満足) している」と決定します。想像をして確信があることは、実現します。自分を承認して決定をする (決める) ことは、重要です。

3. See all your feelings culminate in three wants – the want of approval, control and security/survival. See that immediately and immediately let go of the want of security/survival.
3. 3つの欲求 (- 承認、制御および安全 / 生存の欲求) で、あなたの気持ち (感情) がすべて最高になるのを見る (良い感情になるのを見てください)。すぐにそれを見てください。そしてすぐに、安全 / 生存の欲求を手放します。

 注記:「6つのステップ」の3番目は、感情の下にある欲求が何かを見ます。そして、その欲求を手放します。残っている感情を見ます。その感情の下にある欲求を手放します。それを繰り返します。良い感情になったら、それから、安全 / 生存の欲求を手放します。
 culminate の意味は、reach a climax or point of highest development. (クライマックスまたは最高の開発のポイントに達する) です。

4. Make releasing constant.
4. 継続して手放します (継続して解放してください)。

 注記:「6つのステップ」の4番目は、いつでもどこでも手放すことを続けます。一人でいる時も、仲間といる時も、常に手放すようにします。一日の空いた時間 (自由に使える時間) は、手放すようにします。そして手放すことを、習慣にします。

5. If you are stuck, let go of wanting to control the stuckness.
5. もしあなたが動けなくなったら、立ち往生を制御したい欲求 (〜を変えたい欲求) を手放します。

 注記:「6つのステップ」の5番目は、リリーシングに行き詰まった時には、抵抗を手放します。何かを変えたい欲求は、全て抵抗です。抵抗を手放すと、更に下にある欲求がでてきます。そして、それを手放します。それを、繰り返します。

6. Each time you release you are happier and lighter. If you release continually, you will be continually happier and lighter.
6. あなたが手放す (解放する) たびに、あなたは幸せで軽くなります。 もしあなたが継続的に手放す (解放する) ならば、あなたは継続的に幸せで軽くなります。

 注記:「6つのステップ」の6番目は、不幸 (悪い感情) を一つ減らすとその分、幸せが増して心も身体も軽くなります。リリーシングでは、良い感情も悪い感情も手放します。良い感情 (快楽) は、執着になります。執着する感情と険悪する感情を手放した分、幸せが増していきます。それを、感じます。

参考:
Lester’s Six Steps to Freedom | 道 (way)・アドオンスポット
http://way.add-spot.com/wordpress/lester-1

 レスター・レヴェンソンの「Fast Steps To Freedom – 完全な自由を得る速いステップ」です。

     レスターから学んだ、ラリー・クレインの言葉です。
     
    “The goal of releasing is the elimination of the very source of all suffering and pain.” Larry Crane
    「解放の目標は、すべての苦痛と苦痛の根源をなくすことです。」Larry Crane

 レスター・レヴェンソンの「6つのステップ」は、「すべての苦痛と苦痛の根源をなくします」。

 

今、完全であることを認めます

    質問者:あなたにとって非常に幻想的である (実体のない) 個人 (人格) が、私たちには本物 (現実) のように見えるのはどうしてですか?

    マハラジ:自己、すべての存在の根源である意識 (consciousness) と喜び (歓喜) であるあなたは、あなたが感じる (知覚する) ものすべてに、あなたの実在性 (reality) を与えます。

     この実在性 (reality) を与えることは、常に今の中では起こります。決して他の時間では起こりません。なぜなら、過去と未来は、ただマインド (頭) の中にあるからです。
     「在ること (Being)」は、今だけに適用されます。

参考:
潜在意識を純粋にする-4 | 雑学・アドオンスポット
http://add-spot.com/wordpress/pure_mind-4

 過去と未来は実在ではない。過去は、記憶の中にあり、未来は、想像 (妄想) の中にある。「過去と未来はない」という、知識を入れます。

 実在は、今の中にある。今の中に永遠がある。過去と未来は、心 (マインド) の中にある。心の働きは、想像をすることで、常に過去と未来の中を動いている。今にいることはない。

 ニサルガダッタ・マハラジは、心 (マインド) をひっくり返して、不動のものにしなさい。と言っています。「今、無意識の中で想起と想像 (妄想) していることで、実在化している。」ことに気づいて、今に留まるようにします。

 「今、〜 を想起していた。これは、私ではない。私は誰か?」と、自問します。「今、過去の記憶を想起していた。これは、私ではない。私は誰か?」「今、未来の出来事を想像していた。これは、私ではない。私は誰か?」心 (マインド) の働きをを静かにしていきます。

 このような方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。

● true_realization – 記事一覧 ●

http://add-spot.com/wordpress/tag/true_realization

  • 1-真我実現は、究極の欲望です

    2019年4月27日
    1-真我実現は、究極の欲望です 夢を見ていると、常に自覚する  「欲望と恐れ」、「快楽と苦痛」がこの心 (マインド) の世界を維持しています。人は、「幸福や健康」、「豊かさや繁栄」、「成功や承認」を求めて活動しています。  パラマハンサ・ヨガナンダは、「まず神を求めなさい。そうすると他の願望は全て実現する。」と言っています。  パラマハンサ・ヨガナンダは、毎日、目が覚めるとすぐに瞑想をして、神と繋がるようにしました。神の意識を自分の意識にするように、日々実践しました。  その結果として、願望を実現しました。  真我実現は、究極の欲望です。まず、この欲望を実現します。そうすると、他のものは全て満たされます。  この感覚で知覚している、心 (マインド) ...
  • 2-真我実現は、究極の欲望です

    2019年5月2日
    2-真我実現は、究極の欲望です 夢を見ていると、常に自覚する-2  パラマハンサ・ヨガナンダは、カリフォルニア州ロサンゼルス、1937年12月23日の講話で、  「人の最初の集中は、神との一致にあるべきです。  あなたが様々な地上の状況を経験 (体験) するにつれて、毎日、神との一体性を心から実践してください。」  「しかしほとんどの人は、それを練習する忍耐力を持っていません。 私は忍耐力がありました。」と話しています。  このような方法で、無意識にある前提や思い込み ...
  • 3-真我実現は、究極の欲望です

    2019年5月5日
    3-真我実現は、究極の欲望です 夢を見ていると、常に自覚する-3  「マントラを唱えると何が起きるのか?」について、ニサルガダッタ・マハラジが話しています。  I_Am_That_22. Talks with Sri ...
  • 5-真我実現は、究極の欲望です

    2019年5月8日
    5-真我実現は、究極の欲望です 夢を見ていると、常に自覚する-5  人が知覚している世界は、実在 (不動・不変) ではありません。夢の中の世界 (心の中) ...
  • 6-真我実現は、究極の欲望です

    2019年5月13日
    6-真我実現は、究極の欲望です 夢を見ていると、常に自覚する-6  「夢を見ていると、常に自覚する」ことで、夢から覚めることができます。目を閉じて、意識を感じます。意識は、頭の中の脳に固執しています。  多くの人は、脳の中に意識を感じます。目を閉じた状態で、沈黙を感じます。沈黙の中に入っていきます。  多くの人は、頭の中の雑音 (想念)、頭の中のヤジ (ささやき)、などの思考や感情や想像が湧いてきます。これらは、心の表層で起きています。そこから離れて、心の中へ深く入ります。 I ...
  • 7-真我実現は、究極の欲望です

    2019年5月18日
    7-真我実現は、究極の欲望です 夢を見ていると、常に自覚する-7  Talks with Sri Nisargadatta ...
  • 8-真我実現は、究極の欲望です

    2019年5月29日
    8-真我実現は、究極の欲望です 夢を見ていると、常に自覚する-8  真我を実現した存在 (ジニャーニ) は、実在に焦点が合っています。  「それはすべて焦点の問題です。 あなたの心 ...
  • 9-真我実現は、究極の欲望です

    2019年5月30日
    9-真我実現は、究極の欲望です 夢を見ていると、常に自覚する-9  心 (マインド、潜在意識) という、記憶と習慣の脈絡を断ち切るには、信念 (前提となる強い考え) ...
  • 10-真我実現は、究極の欲望です

    2019年6月6日
    10-真我実現は、究極の欲望です 夢を見ていると、常に自覚する-10  夢から覚めるには、常に意識して唯一の実在に焦点を合わせます。 実在に焦点を合わせためには、「執着と険悪」を手放します (無執着になる)。 「執着と険悪 (私ではないもの)」は、記憶と習慣の脈絡 (みゃくらく) ...
  • 8-実在に焦点を合わせる

    2019年6月15日
    8-実在に焦点を合わせる 意識を意識する-8  療法士は、Dr. Ihaleakala Hew Lenでした。 ...


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »