5-真我実現は、究極の欲望です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


5-真我実現は、究極の欲望です

夢を見ていると、常に自覚する-5

 人が知覚している世界は、実在 (不動・不変) ではありません。夢の中の世界 (心の中) です。
 願望を実現する方法は、夢の中 (非実在・諸行無常) で成功する方法です。

 夢の中の世界では、「願望と恐怖」は一体であり、「快楽と苦痛」も一体です。心の中にあります。
 「生命 (至高なるもの) は、常に今実在しています。」が、心の曇 (無知) が隠しています。

    願望実現の方法は、心 (潜在意識) を活用します。ここで得たものは、常住不変ではない。
    「生滅する存在であるにもかかわらず、それを常住なものであると観るから苦が生じるのである。」

    真我実現の方法は、心 (潜在意識) を超えるものです。生命 (至高なるもの) の源へと導きます。

    Self Realization is the real meditation state where you experience the thoughtless awareness and peace within you.
    真我 (自己) 実現 (Self Realization) は、あなたがあなたの中で思慮のない気づき (awareness:意識) と平和 (peace) を経験する本当の瞑想状態 (real meditation) です。

 諸行無常とは、この世の現実存在 (森羅万象) はすべて、すがたも本質も常に流動変化するものであり、一瞬といえども存在は同一性を保持することができないことをいう。「諸行」とは因縁によって起こるこの世の現象 (サンカーラ) を指し、「無常」とは一切は常に変化し、不変のものはない (アニッチャ) という意味である。

 このような方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。

マントラを唱える

 マントラを唱える方法は、心 (潜在意識) の曇 (くもり:無知)を払います。マントラの音は、執着の感情と険悪の感情を払い去ります。

     マントラの音は、真我 (Self:自己) を体現する形を作り出します。真我は、あらゆる形を具体化 (具現化) することができます – そしてそれを通して動作します。

 注記:
 マントラの音は、声に出して唱えても声に出さないで唱えてもかまいません。誤嚥性肺炎の予防には、音読するのが最適です。

     マントラは主に、行動中の (作用における) エネルギーです。それはあなたに作用し、それはあなたの周囲 (の環境) に作用します。

 注記:マントラの音は、内面に形を作り出します。それはあなたに作用し、それはあなたの周囲 (の環境) に作用します。真我は、内面にできたあらゆる形を具体化 (具現化) することができます 。

 潜在意識は、記憶の貯蔵庫で様々な過去の命令を無意識に実行しています。今の中で記憶に実在性を与えています。記憶に支配されている。
 真我は、マントラの音で、内面にできたあらゆる形を具体化 (具現化) することができます 。記憶を使うことはあっても、記憶に支配されていない。

参考:
3-真我実現は、究極の欲望です
http://add-spot.com/wordpress/true_realization-3

マハラジ:太古の昔から、特定の言葉 (単語) とそれに対応するエネルギーの間にリンク (関連) が作成され、無数の繰り返しによって強化されてきました。それは、歩く道 (歩いて行く道) のようなものです。 それは簡単な方法です – 信仰 (信心) だけが必要です。あなたは、あなたの目的地にあなたを連れて行くために、その道を信頼します。

 

在るものが現れるマントラ

     私 (I AM) は、それであるものである (I am that I am)。
     本質の私 (I AM) は、分離・分断がない、一つの在るです。反対はあっても、対立はない存るです。
     本質の私 (I AM) は、無であり、完全で完璧です。不足・欠乏はなく、足りて満ちている在るです。

 無として在ることで、私は、全てであり、全ては私のものです。
 私は、名前と形に固執しない。

 マントラの音は、「私は在る」から、在るものが現れる形を作り出します。

     あなたは、幸運のためのマントラを、信仰 (信心) と献身 (帰依心) で繰り返すなら、あなたの不運は変わる (去る) ことになっています。

 

ローム大霊

 ローム大霊は、BC7世紀、ネパール王国の首都カトマンズ、北方百キロのニアク地方に生まれた聖者です。ヒマラヤ山中で苦行を重ね、宗教改革を志して宗敵と戦い、馬上で槍に刺されて亡くなったと伝えられている。

1. 老無太霊の真言

    キクウ・ムコウ・シンキ・リキゾン

    炁空無光眞奇力存 (きくうむこうしんきりきぞん)

    注記:漢訳経典の真言、真我の愛 (心の中に愛を体現する形を作り出します。)
    マントラの音は、真我 (Self:自己) を体現する形を作り出します。
    この言葉を唱えると、呪縛 (自分や他人からの制限) から解き放たれる。
    無 (空・くう) に触れると全てが無になる。全ての抵抗が消える。

    意味は、「人間は無になりきれば、真に不思議な力が出てくる」です。

炁空無光真氣力存=南無妙法蓮華経≒空即是色=闇に真を育てる妙な力がある

 「色即是空 空即是色」の対で「空 (くう)」の概念を表す。
 「般若心経」等 にある言葉で、仏教の根本教理である。「色」は、宇宙に存在するすべての形ある物質や現象を意味し、「空」は、恒常な実体がないという意味である。

 色即是空 (しきそくぜくう) は、漢文の読み下し文では「色すなわち、これ空なり」となり、「この世の全て (物質) が、空 (実体がない) である」となる。「どんな物質であっても、常に変化し続けていたり、見る人によって解釈が異なってしまうので、一つのものにとどまることがないという物理現象である。」

 空即是色 (くうそくぜくう) は、漢文の読み下し文では「空すなわち、これ色なり」となり、「空 (実体がない) は、すなわち物質 (この世の全て) である」となる。ます。「常に変化する、移ろいゆくものであっても、その瞬間は、その人にとっては、一つにとどまっている物質である。」

参考:『延命十句観音経』 – Scripture | 情報 (info)・アドオンスポット
http://info.add-spot.com/wp/scripture-1

 繰り返し唱えると、記憶力をよくする。『延命十句観音経』と『老無太霊眞言』です。(注:縦書の表示ですが、ブラウザにより、表示されない場合があります。)
 「般若心経や延命十句観音経の暗唱は、記憶力をよくするのに役立つだけではありません。難病も癒やしてしまう効験があります。」と伝えられています。
 「毎日、100回唱える」ことを続けると、不思議なことがいっぱい起こります。そのように、繰り返し繰り返し唱えると、頭の質が変わってしまうので、記憶がものすごく簡単になります。

     スーフィーの神秘家、ジャバールは、「あなたのマ インド (心) は、ジベリッシュ (意味のない音声) 以外の何物でもない。それを脇に置くことだ、そうすればあな たは、自身の存在を味わうだろう。」と言っています。

 ジベリッシュとは、意味のない音声をさして言います。意味のない音声「ジベリッシュ」を話し始めなさい。15分~30分 ジベリッシュ (注:マントラを使います。) のなかに、全面的にはいり込みなさい。

 マインドは、いつでも言葉で思考する。ジベリッシュ (意味のない音声) は、マインド (心) のこの絶えざる言語化のパターン (注:頭の中の会話とかヤジと呼ばれる無意識の会話を指す。潜在意識は、意味のない音声と記憶の集合体) を粉砕するのに役立つ (これをを無くする方法である)。

 「ジベリッシュ」という言葉は、スーフィーの神秘家、ジャバールからきている。ジベリッシュを使いなさい。意味のある言葉を話さないこと、あなたの知っている 言語を話してはいけない。

 

マハーガウリー神

 マハーガウリー神は、シヴァ神の妻、パールヴァティ神の苦行の象徴です。神の純粋性、清らかな女性性、精神性、慈悲、美、純潔、平安をあらわす。苦行を乗り越えると伝えられている。

2. マハーガウリー神の真言

    オーム・ニティヤ・ブッダヤ・ナマ

    Om Nitya Buddhaya Namah (オーム・ニティヤ・ブッダヤ・ナマ)

    注記:サンスクリット語の真言、真我の純粋性 (心の中に純粋性を体現する形を作り出します。)
    マントラの音は、真我 (Self:自己) を体現する形を作り出します。

    意味は、「ブッダに常に (永久に・永遠に) 従います」です。

参考:南無妙法蓮華経をサンスクリットで発音する | 雑学・アドオンスポット
http://add-spot.com/wordpress/mantra-10

 「南無妙法蓮華経」をサンスクリットで発音すると、ジャパをしていることになります。ジャパは、神聖な音を繰り返し唱えます。アファメーションは、文章や言葉に特定の意味がありますが、神聖な音は、ヒビキになります。神聖な音を繰り返し唱え、そのヒビキと同期していきます。思考や感情から、離れていきます。

 この方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。

 

歓喜天・聖天

 聖天 (歓喜天) 様のお姿は、頭がゾウで体は人間です。原型は、インドのガネーシャ神と言われています。「一度信仰すれば、いかに宿縁の薄い因縁の悪い人でも、皆ことごとく願望を満たし、抜苦与楽・転貧与福の大利益をこうむる。」祈願の最終的な結果を、「結果的に良し」にしてくれる神様です。

3. 歓喜天・聖天の真言

    オーン・フリーヒ・ガハ・フーン・スヴァハー

    Om hrih gah hum svaha (オーン・フリーヒ・ガハ・フーン・スヴァーハー)

    注記:サンスクリット語の真言、真我の平和 (心の中に平和を体現する形を作り出します。)
    マントラの音は、真我 (Self:自己) を体現する形を作り出します。

    意味は、「フリーヒ:11面観世音菩薩の種字」「ガハ:歓喜天の種字」「フーン:軍茶利明王の種字」です。

参考:神様の名前を唱える方法 | 精神 (mind)・アドオンスポット
http://mind.add-spot.com/wp/mantra-3

 心 (頭の中) では、意識していない思考や感情が常に活動しています。これは、記憶に基づいています。過去に決定したことが、無意識化では実行されています。

 心の中では、好きと嫌いが綱引きをしています。原因は、どこにあるかではなく、印象のみが残っています。この印象 (思考の種) は、欲望として生から生へと受け継がれていきます。

 生から生へと転生する、印象 (思考の種) は、習慣を作り出し口癖を定着させます。この「口癖を変える」のは、意識して行います。それは、無意識に定着した習慣 (思い・感情) が、常に影響しているからです。

 ラマナ・マハルシは、これを「潜在的印象 (サンスカーラ・ヴァーサナー)」と言いました。そして、この想念・思考 (潜在的印象) は、肉体がなくなった後も情報として、次の誕生に受け継がれると言いました。

 この、「潜在的印象 (サンスカーラ・ヴァーサナー)」を弱くするために、神様の名前を唱える方法があります。これが、真言 (マントラ) を続けるジャパという方法です。

 この方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。

 聖天 (歓喜天) 様のお姿は、頭がゾウで体は人間です。原型は、インドのガネーシャ神と言われています。

4. 歓喜天・聖天の真言

    オン・キリク・ギャク・ウン・ソワカ

    注記:漢訳経典の真言、真我の平和 (心の中に平和を体現する形を作り出します。)
    マントラの音は、真我 (Self:自己) を体現する形を作り出します。

参考:マントラを唱える – 大聖歓喜天 (聖天) – 太陽神経叢 | 精神 (mind)・アドオンスポット
http://mind.add-spot.com/wp/mantra-2

 大聖歓喜天 (聖天) 様は、ヒンズー教では、ガネーシャと呼ばれています。商売繁盛、財運、智恵と学問の神です。大自在天 (ヒンズー教のシバ神) 様の長子です。

 聖天 (しょうでん) 様は、歓喜天 (かんぎてん) ・歓喜自在天 (ナンディケーシュヴァラ:Nandikeśvara) と呼ばれ、正式には、大聖歓喜双身天王 (だいしょうかんぎそうじんてんのう) といいます。十一面観音様との合体仏です。

 この方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。

参考:マントラを調べた。 | 雑学・アドオンスポット
http://add-spot.com/wordpress/japanese_culture-2

 「困った時の神頼み」と言いますが、天気のことは、人智を超えています。気温も上がり、天気が良いのですが、また、荒れそうなので、その前に調べてみました。

 「オン キリク ギャクウン ソワカ」。このマントラを調べました。 歓喜天様の真言だった。「オン・キリク・ギャクウン・ソワカ・大聖歓喜天」と唱える。歓喜天様とは?で、調べました。

 「古代インドでは、もともとは障碍 (しょうげ・しょうがい) を司る神だったが、やがて障碍 (しょうげ・しょうがい) を除いて財福をもたらす神として広く信仰された。欲望を抑えきれない類の衆生に対して、まずは願望を成就させてあげることで心を静めさせて仏法へ心を向かわせる。

 このような方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。

 

宇賀弁財天 (うがべんざいてん)-貧転咒 (ヒンデンジュ)

5. ヒンデンジュの真言

    ナム・ビャクジャ・ギョウ・ウガヤ・ジャヤ・ギャラベイ・シンダマニ・ヒンデン・ウン・ソワカ

    南無白蛇形 宇賀耶 惹耶蘗陛 施多摩尼 貧転吽 娑婆訶
    (ナムビャクジャギョウ・ウガヤ・ジャヤギャラベイ・シンダマニ・ヒンデンウン・ソワカ)

    注記:真我の豊かさ (心の中に豊かさを体現する形を作り出します。)
    マントラの音は、真我 (Self:自己) を体現する形を作り出します。

    意味は、「白蛇形の宇賀神に帰依します。勝れたる蛇神の胎内にある如意宝珠よ、○○○○の貧を転じて福を得さしめたまえ。」です。○○○○の部分に祈願者の名前を入れる。
    南無白蛇形 宇賀耶 惹耶蘗陛 施多摩尼 ○○○○貧転吽 娑婆訶

参考:宇賀弁財天 (うがべんざいてん) | 精神 (mind)・アドオンスポット
http://mind.add-spot.com/wp/mantra-1

 宇賀神は、蛇の身体に人間の頭を持った風貌を持ちます。この宇賀神と習合した、手が八本の弁財天である「宇賀弁財天 (うがべんざいてん)」は、金運と武運を司る神様です。

 宇賀神は、宇賀弁財天の頭頂に付いています。手が二本の弁財天 (天女尊) は、学問・芸術を司る神様です。

 貧転咒 (ヒンデンジュ) マントラは、「佛説即身貧転福徳円満宇賀神将菩薩白蛇示現三日成就経」にでている、マントラ (真言・しんごん) です。このマントラを、1万回唱えると誰もが貧転じて福となる (「一誦神咒術 一時成福人 神咒一万遍 三日即貧転」)と、書かれています。

 この方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。


続きます。
6-真我実現は、究極の欲望です
http://add-spot.com/wordpress/true_realization-6

● true_realization – 記事一覧 ●

http://add-spot.com/wordpress/tag/true_realization

  • 1-真我実現は、究極の欲望です

    2019年4月27日
    1-真我実現は、究極の欲望です 夢を見ていると、常に自覚する  「欲望と恐れ」、「快楽と苦痛」がこの心 (マインド) の世界を維持しています。人は、「幸福や健康」、「豊かさや繁栄」、「成功や承認」を求めて活動しています。  パラマハンサ・ヨガナンダは、「まず神を求めなさい。そうすると他の願望は全て実現する。」と言っています。  パラマハンサ・ヨガナンダは、毎日、目が覚めるとすぐに瞑想をして、神と繋がるようにしました。神の意識を自分の意識にするように、日々実践しました。  その結果として、願望を実現しました。  真我実現は、究極の欲望です。まず、この欲望を実現します。そうすると、他のものは全て満たされます。  この感覚で知覚している、心 (マインド) ...
  • 2-真我実現は、究極の欲望です

    2019年5月2日
    2-真我実現は、究極の欲望です 夢を見ていると、常に自覚する-2  パラマハンサ・ヨガナンダは、カリフォルニア州ロサンゼルス、1937年12月23日の講話で、  「人の最初の集中は、神との一致にあるべきです。  あなたが様々な地上の状況を経験 (体験) するにつれて、毎日、神との一体性を心から実践してください。」  「しかしほとんどの人は、それを練習する忍耐力を持っていません。 私は忍耐力がありました。」と話しています。  このような方法で、無意識にある前提や思い込み ...
  • 3-真我実現は、究極の欲望です

    2019年5月5日
    3-真我実現は、究極の欲望です 夢を見ていると、常に自覚する-3  「マントラを唱えると何が起きるのか?」について、ニサルガダッタ・マハラジが話しています。  I_Am_That_22. Talks with Sri ...
  • 4-真我実現は、究極の欲望です

    2019年5月6日
    4-真我実現は、究極の欲望です 夢を見ていると、常に自覚する-4  レスター・レヴェンソンのリリーシングでは、ターゲット (目標・ゴール) を最高のもの・完全なものにしています。学習する人の指針となる「6つのステップ」と「7番目のステップ」が、あります。 真我は、生命であり愛です。一つであり分割や分断は、ありません。完全で完璧です。 個我は、私ではありません。夢を見ている人格です。  レスターのオリジナルの方法を伝えている、スティーブ・セレタンは、上達するための秘訣として「生徒は、毎日「6つのステップ」を読むか、ノートに書く。」ことを、推奨しています。  このような方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) ...
  • 6-真我実現は、究極の欲望です

    2019年5月13日
    6-真我実現は、究極の欲望です 夢を見ていると、常に自覚する-6  「夢を見ていると、常に自覚する」ことで、夢から覚めることができます。目を閉じて、意識を感じます。意識は、頭の中の脳に固執しています。  多くの人は、脳の中に意識を感じます。目を閉じた状態で、沈黙を感じます。沈黙の中に入っていきます。  多くの人は、頭の中の雑音 (想念)、頭の中のヤジ (ささやき)、などの思考や感情や想像が湧いてきます。これらは、心の表層で起きています。そこから離れて、心の中へ深く入ります。 I ...
  • 7-真我実現は、究極の欲望です

    2019年5月18日
    7-真我実現は、究極の欲望です 夢を見ていると、常に自覚する-7  Talks with Sri Nisargadatta ...


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »