7-真我実現は、究極の欲望です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


7-真我実現は、究極の欲望です

夢を見ていると、常に自覚する-7

 Talks with Sri Nisargadatta Maharaj. I_Am_That_13 より抜粋です。

    マハラジ:宇宙は心 (mind) の身体で、意識は至高なるものの身体です。それは意識的ではありません (意識しない) が、意識を生じ (発現) させます。

     至高なるもの (完全な静寂と沈黙) は、意識の中心でありながら、意識を超えています。開かれたもの。空 (くう) です。至高なるものは、心 (マインド) に存在を与えます。心 (マインド) は、身体に存在を与えます。

 このような方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) を、書き換えます。この方法では、小さな成功体験を繰り返すことで、自信になり確信を持つようになります。

I_Am_That_13 より抜粋

Talks with Sri Nisargadatta Maharaj

    13. The Supreme, the Mind and the Body
    13. 至高なるもの、マインド、身体

 

真我を実現の瞬間に、その個人は消えます

Questioner: But he remains a person?

Q: But he remains a person?

    質問者:しかし、彼は個人のまま (個人としてもあるの) ですか?

M: When you believe yourself to be a person, you see persons everywhere. In reality there are no persons, only threads of memories and habits.

    マハラジ:あなたが、自分が個人であると自分が信じるとき、あなたはいたるところに個人を見ます。 実際には、個人はおらず (存在せず)、記憶と習慣の糸 (脈絡) だけがあります。

At the moment of realisation the person ceases.Identity remains, but identity is not a person, it is inherent in the reality itself.
The person has no being in itself; it is a reflection in the mind of the witness, the ‘I am’, which again is a mode of being.

    マハラジ:真我を実現の瞬間に、その個人はやめます (消え去る)。アイデンティティ (実体) は残りますが、アイデンティティは個人ではなく、それは実在そのものに内在しています。

     その個人はそれ自体には存在しません。 それは観照者の心 (マインド) の中に映っている「私は在る」という感覚であり、これもまた存在の一つの様式です。

 

宇宙は心 (mind) の身体です

Questioner: But does one remain conscious?

Q: But does one remain conscious?

    質問者:しかし、人は意識に残っていますか (とどまりますか)?

M: As the universe is the body of the mind, so is consciousness the body of the supreme. It is not conscious, but it gives rise to consciousness.

    マハラジ:宇宙は心 (mind) の身体で、意識は至高なるものの身体です。それは意識的ではありませんが、意識を生じ (発現) させます。

 

生命なしに意識はありえない

Questioner: Can there be life without consciousness?

Q: Can there be life without consciousness?

    質問者:意識なしに生命はあるのでしょうか。

M: No, nor consciousness without life. They are both one. But in reality only the Ultimate is. The rest is a matter of name and form. And as long as you cling to the idea that only what has name and shape exists, the Supreme will appear to you non-existing.

    マハラジ:いや、生命なしに意識はありえない。 どちらも1つです。 しかし、実際には究極なるものだけです。 残りは名前と形 (形式) の問題です。 そして、あなたが名前と形を持つものだけが、存在するという考えに固執する限り、至高なるものはあなたに、存在しない (非存在の) ように見えるでしょう。

When you understand that names and shapes are hollow shells without any content whatsoever, and what is real is nameless and formless, pure energy of life and light of consciousness, you will be at peace — immersed in the deep silence of reality.

    マハラジ:名前や形が何の内容 (実態) もなく空虚な空 (から) であり、至高のもの (実在) が名前のない、形のない、純粋な生命のエネルギーと意識の光であることを理解すると、平和の内にある、実在の深い沈黙 (静寂) に浸ることができます。

● true_realization – 記事一覧 ●

http://add-spot.com/wordpress/tag/true_realization

  • 1-真我実現は、究極の欲望です

    2019年4月27日
    1-真我実現は、究極の欲望です 夢を見ていると、常に自覚する  「欲望と恐れ」、「快楽と苦痛」がこの心 (マインド) の世界を維持しています。人は、「幸福や健康」、「豊かさや繁栄」、「成功や承認」を求めて活動しています。  パラマハンサ・ヨガナンダは、「まず神を求めなさい。そうすると他の願望は全て実現する。」と言っています。  パラマハンサ・ヨガナンダは、毎日、目が覚めるとすぐに瞑想をして、神と繋がるようにしました。神の意識を自分の意識にするように、日々実践しました。  その結果として、願望を実現しました。  真我実現は、究極の欲望です。まず、この欲望を実現します。そうすると、他のものは全て満たされます。  この感覚で知覚している、心 (マインド) ...
  • 2-真我実現は、究極の欲望です

    2019年5月2日
    2-真我実現は、究極の欲望です 夢を見ていると、常に自覚する-2  パラマハンサ・ヨガナンダは、カリフォルニア州ロサンゼルス、1937年12月23日の講話で、  「人の最初の集中は、神との一致にあるべきです。  あなたが様々な地上の状況を経験 (体験) するにつれて、毎日、神との一体性を心から実践してください。」  「しかしほとんどの人は、それを練習する忍耐力を持っていません。 私は忍耐力がありました。」と話しています。  このような方法で、無意識にある前提や思い込み ...
  • 3-真我実現は、究極の欲望です

    2019年5月5日
    3-真我実現は、究極の欲望です 夢を見ていると、常に自覚する-3  「マントラを唱えると何が起きるのか?」について、ニサルガダッタ・マハラジが話しています。  I_Am_That_22. Talks with Sri ...
  • 4-真我実現は、究極の欲望です

    2019年5月6日
    4-真我実現は、究極の欲望です 夢を見ていると、常に自覚する-4  レスター・レヴェンソンのリリーシングでは、ターゲット (目標・ゴール) を最高のもの・完全なものにしています。学習する人の指針となる「6つのステップ」と「7番目のステップ」が、あります。 真我は、生命であり愛です。一つであり分割や分断は、ありません。完全で完璧です。 個我は、私ではありません。夢を見ている人格です。  レスターのオリジナルの方法を伝えている、スティーブ・セレタンは、上達するための秘訣として「生徒は、毎日「6つのステップ」を読むか、ノートに書く。」ことを、推奨しています。  このような方法で、無意識にある前提や思い込み (執着や険悪の感情や考え) ...
  • 5-真我実現は、究極の欲望です

    2019年5月8日
    5-真我実現は、究極の欲望です 夢を見ていると、常に自覚する-5  人が知覚している世界は、実在 (不動・不変) ではありません。夢の中の世界 (心の中) ...
  • 6-真我実現は、究極の欲望です

    2019年5月13日
    6-真我実現は、究極の欲望です 夢を見ていると、常に自覚する-6  「夢を見ていると、常に自覚する」ことで、夢から覚めることができます。目を閉じて、意識を感じます。意識は、頭の中の脳に固執しています。  多くの人は、脳の中に意識を感じます。目を閉じた状態で、沈黙を感じます。沈黙の中に入っていきます。  多くの人は、頭の中の雑音 (想念)、頭の中のヤジ (ささやき)、などの思考や感情や想像が湧いてきます。これらは、心の表層で起きています。そこから離れて、心の中へ深く入ります。 I ...
  • 8-真我実現は、究極の欲望です

    2019年5月29日
    8-真我実現は、究極の欲望です 夢を見ていると、常に自覚する-8  真我を実現した存在 (ジニャーニ) は、実在に焦点が合っています。  「それはすべて焦点の問題です。 あなたの心 ...
  • 9-真我実現は、究極の欲望です

    2019年5月30日
    9-真我実現は、究極の欲望です 夢を見ていると、常に自覚する-9  心 (マインド、潜在意識) という、記憶と習慣の脈絡を断ち切るには、信念 (前提となる強い考え) ...
  • 10-真我実現は、究極の欲望です

    2019年6月6日
    10-真我実現は、究極の欲望です 夢を見ていると、常に自覚する-10  夢から覚めるには、常に意識して唯一の実在に焦点を合わせます。 実在に焦点を合わせためには、「執着と険悪」を手放します (無執着になる)。 「執着と険悪 (私ではないもの)」は、記憶と習慣の脈絡 (みゃくらく) ...
  • 8-実在に焦点を合わせる

    2019年6月15日
    8-実在に焦点を合わせる 意識を意識する-8  療法士は、Dr. Ihaleakala Hew Lenでした。 ...


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »